日枝神社日本橋摂社

日枝神社日本橋摂社(ひえじんじゃにほんばしせっしゃ)は、東京都中央区神社千代田区永田町日枝神社の境外摂社である。

日枝神社日本橋摂社
所在地 東京都中央区日本橋茅場町1-6-16
主祭神 日枝大神(大山咋神国常立神伊弉冉神足仲彦尊
創建 天正18年(1590年
別名 日本橋日枝神社、山王御旅所

歴史

天正18年(1590年)、徳川家康の江戸入府に伴い、日枝神社の神輿が当地に安置されたのが起源である。安置された場所のことを「御旅所(おたびしょ)」という。現在でも隔年で開催される山王祭では、本社と当社間を神輿や山車が巡幸している[1][2]

江戸時代は、智泉院が当社の別当寺であったが、明治時代神仏分離により、当社から切り離された。そして本社日枝神社の社格上昇に伴い、当社も整備されていった[1]

交通アクセス

脚注

  1. 御由緒・御祭神日枝神社日本橋摂社
  2. 金山正好、金山るみ 著『中央区史跡散歩(東京史跡ガイド2)』学生社、1993年、63p

参考文献

  • 金山正好、金山るみ 著『中央区史跡散歩(東京史跡ガイド2)』学生社、1993年

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.