日本鳥学会

1912年明治45年)発足。発起人は、東京帝国大学動物学教室の飯島魁教授。現在の会員数約1,200名。この分野でのほぼ国内唯一の学会である。

日本鳥学会
設立 1912年
会員数
約1,200名
ウェブサイト ornithology.jp

日本鳥学会(にほんちょうがっかい)は、鳥類に関する日本の学術学会である。

会員は、大学研究機関だけでなく一般の個人や団体も加入できる。野生の鳥類の研究は、在野の研究家にも重みがあり、敬意が払われることが、他の分野の学会と異なる特長である[1]

歴代の会長(会頭)

歴代の会長(会頭)[2]

歴代氏名在任期間備考
1飯島魁1912.05-1921.03逝去により一時、空白
2鷹司信輔1922.05-1946.11
3内田清之助1946.11-1947.05
4黒田長禮1947.05-1963.03
5山階芳麿1963.03-1970.04
6黒田長久1970.04-1975.05
7古賀忠道1975.05-1981.06
8黒田長久1981.06-1990.04
9中村司1990.04-1991.09
10森岡弘之1991.09-1993.101992.11までは会頭
11山岸哲1993.10-1997.12
12藤巻裕蔵1998.01-2001.12以降は、選挙によって選出。任期は2年で2期まで。
13樋口広芳2002.01-2005.12
14中村浩志2006.01-2009.12
15江崎保男2010.01-

出版物

  • 逐次刊行物
    • 「鳥」 1915年-1985年(1945年‐1946年は戦争のため休刊)[3]
    • 日本鳥学会誌」 1986年-、「鳥」から改名[4]
    • 「Ornithological Science」 2002年1月、英文のみの論文として、「日本鳥学会誌」から分離[4]
    • 「鳥学ニュース」 1975年-2001年、初めは「鳥学会ニュース」として発行され、後、「日本鳥学会ニュース」と改名。1983年から「鳥学ニュース」として発行されていた[5]
  • 「日本鳥類目録」
    • 初版 - 1922年
    • 改訂版 - 1932年
    • 改訂3版 - 1942年
    • 改訂4版 - 1958年
    • 改訂第5版 - 1974年(第5版のみ学習研究社発行。ほかは日本鳥学会発行)
    • 改訂第6版 - 2000年
    • 改訂第7版 - 2012年

海外関連

GB

USA

AU

その他

脚注

  1. 井田徹治 『鳥学の100年』 平凡社、2012年、258-266頁
  2. 唐沢孝一 「歴代会長の言葉」『日本鳥学会誌』-日本鳥学会100周年特別号-、日本鳥学会、2012年、8-11頁
  3. 鶴見みや古 「日本鳥学会誌の変遷」『日本鳥学会誌』-日本鳥学会100周年特別号-、日本鳥学会、2012年、66頁
  4. 濱尾章二 「学会誌掲載論文の変遷」『日本鳥学会誌』-日本鳥学会100周年特別号-、日本鳥学会、2012年、67-69頁
  5. 唐沢孝一 『「鳥学ニュース」の歴史と果たした役割』、『日本鳥学会誌』-日本鳥学会100周年特別号-、日本鳥学会、2012年、79-81頁

参考文献

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.