日本電子出版協会

一般社団法人日本電子出版協会(にほんでんししゅっぱんきょうかい、英語: Japan Electronic Publishing Association、略称:JEPA)は、電子出版の立ち上げと発展を目的として、1986年9月12日出版社書店印刷会社コンピュータ会社、ソフトウェア会社などが中心になって設立された業際団体。2010年4月1日に任意団体から一般社団法人に組織替えを行った。

一般社団法人日本電子出版協会
Japan Electronic Publishing Association
団体種類 一般社団法人
設立 2010年4月1日
所在地 東京都千代田区神田三崎町二丁目9番2号
東京歯科大学南棟4階
法人番号 4010005015286
起源 日本電子出版協会(任意団体)
主要人物 金原俊(代表理事会長)(株式会社医学書院代表取締役社長
ウェブサイト https://www.jepa.or.jp/

概要

電子出版市場の立ち上げと発展を目的に活動している。会員社は出版社だけではなく、書店、印刷会社、コンピュータ会社、ソフトウェア会社など業界を越えて構成されている。日本の電子出版関連団体としては現在もっとも古い団体である。

活動は電子出版技術や事例、制度などの研究と啓蒙で、セミナーなどの活動はここ10年だけでも340回を超えている。現在までのおもな成果物としてはCD-ROM仕様策定、Unicodeフォントの普及活動、書籍XML構造の策定(JepaX)、辞書データ形式の標準化、EPUBの日本語化仕様提案などがある。

委員会

現在、以下の8つの委員会が活動中である。

定例会運営委員会
会員に対してJEPAの活動報告と親睦。
広報委員会
電子出版協会の活動を内外に伝える広報活動。JEPA電子出版アワードの開催。
著作権委員会
電子出版に関わる著作権の研究。
ビジネス研究委員会
業界に関連した技術・情報の収集やその交換等を通して、電子出版を実際のビジネスとして成り立たせるための活動を研究。
レファレンス委員会
委員会に、辞書分科会、書籍分科会、標準化分科会を置き、さまざまな形態のレファレンス文献の電子化に関する研究・検討。
電子図書館委員会
電子図書館は図書館の在り方を問い直すもので、公共図書館や学校図書館の地殻変動を伴う。出版業界にとってビジネスになるよう、仕組みや推進方法を議論。
プラットホーム委員会
電子書籍と教育ICTのプラットフォーム整備が目的。EPUB研究会、電子教科書研究会、TTS(テキスト読みあげ)研究会の3つの研究会がある。
電子出版検定準備委員会
項目のみでページが存在しないため活動内容は不明。

歴代会長(調査中)

主な出版物

  • 「電子出版クロニクル」 発行:日本電子出版協会 (2009/1/25) ISBN 978-4-9904404-0-4
    • なお2016年までの情報を追記した増補改訂版のPDFを2018年7月から無料で公開している[2]

脚注

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.