日本農業経済学会

日本農業経済学会(にほんのうぎょうけいざいがっかい、英語: The Agricultural Economics Society of Japan )は、農業経済に関する研究を通じて農業経済学農業農村の発展に寄与することを目的とした日本の学会1924年に創設された。

にほんのうぎょうけいざいがっかい
日本農業経済学会
英語名称 The Agricultural Economics Society of Japan
略称 AESJ
専門分野 農学
設立 1924年11月19日
会長 草苅仁
事務局 日本
〒104-0033
東京都中央区新川2-22-4新共立ビル2F
会員数 約1600人
刊行物 『農業経済研究』など
ウェブサイト www.aesjapan.or.jp

沿革

  • 1924年 - 神田の学士会館に発起人が集まり創設される[1]
  • 1925年 - 学会誌『農業経済研究』を刊行

活動内容

刊行物

  • 『農業経済研究』
  • 『日本農業経済学会論文集』
  • 『The Japanese Journal of Agricultural Economics』

大会

年1回以上大会を開催することとしており、大会ではシンポジウム、個別報告などを実施している。近年では3月下旬ごろに開催されている。

脚注

  1. 学会紹介/日本農業経済学会”. 日本農業経済学会. 2019年4月13日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.