日本英語学会

日本英語学会(にほんえいごがっかい、: The English Linguistic Society of Japan)は、英語学(English linguistics)の研究、すなわち英語の共時的・通時的研究及び言語理論の進歩・発展に寄与することを目的として1983年に設立された日本学会。 会員数約1,600人。初代会長は東北大学名誉教授安井稔。現会長は東京大学教授の伊藤たかね。

毎年に全国大会が開かれ、2008年からはに国際春季フォーラムが行なわれている。機関誌として、大会プロシーディングズのJELS、 学会ジャーナルのEL (English Linguistics) を発行している。JELSは2014年発行の第31号より電子化されCD-ROMで会員に送付されている。ELは全編英語で執筆され、日本言語学会刊行の「言語研究」とともに日本の言語学界の代表的な研究誌とされている。2008年発行の第25巻まではグリーンを表紙のカラーとして採用していたが、2009年発行の第26巻からブルーを基調としたデザインに変更された。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.