日本芸術院

日本芸術院(にほんげいじゅついん、旧字体:日本藝術院英語:The Japan Art Academy)は、美術文芸音楽演劇など芸術のさまざまな分野において優れた功績のある芸術家を優遇し顕彰するために置かれた国の栄誉機関で、文化庁特別の機関である。

日本行政機関
日本芸術院
にほん げいじゅつ いん
The Japan Art Academy
日本芸術院会館
役職
院長 高階秀爾
組織
上部組織 文化庁
内部部局 第一部 美術
第二部 文芸
第三部 音楽、演劇、舞踏
概要
所在地 110-0007
東京都台東区上野公園1番30号
北緯35度42分48.3秒
東経139度46分29.3秒
定員 院長1人及び会員120人以内
年間予算 3億3,522万6,000円(一般会計、2007年度年度)
設置 1937年昭和12年):帝国芸術院官制制定
1947年(昭和22年):文部省設置法施行
前身 1. 美術審査委員会(1907年6月)
2. 帝国美術院(1919年9月)
3. 帝国芸術院(1937年6月)
4. 日本芸術院(1947年12月)
5. 日本芸術院(1949年5月)
 文化庁の「特別の機関」
ウェブサイト
日本芸術院

概要

日本芸術院は、芸術上の功績顕著な芸術家を優遇するための栄誉機関である(日本芸術院令1条)。会員は定員120人以内(2条)で、終身制である(4条)。死亡により欠員が生じた分科ごとに各部分科会員の投票により毎年12月に新会員が選定される(常に全欠員が補充されるわけではない)。文化功労者より低い年金(250万円)が授与されるが、これは特別職の非常勤国家公務員としての給与名目で支給されており課税対象になる。

東京都台東区上野公園にある日本芸術院会館に所在。同会館は会員の懇談や会議に使われるほか、展示室では時折日本芸術院が所蔵する美術作品の一般公開が行われる。毎年6月に天皇皇后が臨席して挙行される日本芸術院賞恩賜賞の授賞式もここで行われる。

帝国芸術院官制に基づき設置された帝国芸術院の改称により設立された。現在は、文部科学省設置法に基づき設置されており、文化庁の特別の機関である。

沿革

  • 1907年(明治40年)6月 - 文部省美術展覧会(文展)の審査を目的とした美術審査委員会(びじゅつ しんさ いいんかい)が設置された。以後、文展を毎年主宰し、出品物の審査を行う。これが母体となった。
  • 1919年(大正8年) - 9月5日、帝国美術院規程制定(勅令)(美術審査委員会官制は廃止)。9月8日、院長森鴎外、会員に鞆音、玉堂、栖鳳、春挙、鉄斎、景年、楓湖、光雲、新海、黒田、岡田、和田、不折を任命。大観、観山は固辞した。美術審査委員會を発展させた帝国美術院(ていこく びじゅつ いん)を創設(帝國美術院官制施行)[1]
  • 1937年(昭和12年)6月 - 美術のほかに文芸・音楽・演劇・舞踊の分野を加えた帝国芸術院(ていこく げいじゅつ いん)に改組(帝国芸術院官制施行)。6月24日帝国芸術院官制公布(勅令)、会員72名を任命(日本画18、洋画13、彫刻9、工芸6、文芸16、音楽4、能楽2、建築2、書道2)。
  • 1944年(昭和19年)7月15日-7月31日 - 日本芸術院会員による陸軍献納美術展(表慶館)[2]
  • 1947年(昭和22年)12月2日 - 新憲法施行にともない、名称を日本芸術院(にほん げいじゅつ いん)に変更(政令)。
  • 1968年(昭和43年)6月 - 文化庁の発足にともない、同庁の特別の機関となる。

会員の構成

  • 第1部 美術
    • 第1分科 日本画
    • 第2分科 洋画
    • 第3分科 彫塑
    • 第4分科 工芸
    • 第5分科 書
    • 第6分科 建築
  • 第2部 文芸
    • 第7分科 小説・戯曲
    • 第8分科 詩歌
    • 第9分科 評論・翻訳
  • 第3部 音楽・演劇・舞踊
    • 第10分科 能楽
    • 第11分科 歌舞伎
    • 第12分科 文楽
    • 第13分科 邦楽
    • 第14分科 洋楽
    • 第15分科 舞踊
    • 第16分科 演劇

歴代院長

  名前 在任期間
帝国美術院長
1 森鴎外 1919年 - 1922年没
2 黒田清輝 1922年 - 1924年没
3 福原鐐二郎 1924年 - 1931年
4 正木直彦 1931年 - 1935年
5 清水澄 1935年 - 1937年
帝国芸術院長
清水澄 1937年 - 1947年没
日本芸術院長
1 高橋誠一郎 1948年 - 1979年
2 有光次郎 1979年 - 1990年
3 犬丸直 1990年 - 2004年
4 三浦朱門 2004年 - 2014年
5 黒井千次 2014年 - 2020年
6 高階秀爾 2020年 - 現職

会員一覧

第一部 美術

名前 年齢[3] 就任年 退任年[4] 備考
川合玉堂 641937年1957年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
竹内栖鳳 731937年1942年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
菊池契月 581937年1955年帝国美術院会員より継続。
荒木十畝 651937年1944年帝国美術院会員より継続。
小室翠雲 631937年1945年帝国美術院会員より継続。
結城素明 621937年1957年帝国美術院会員より継続。
西山翠嶂 581937年1958年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
鏑木清方 581937年1972年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
松岡映丘 561937年1938年帝国美術院会員より継続。
川村曼舟 571937年1942年帝国美術院会員より継続。
松林桂月 611937年1963年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
西村五雲 601937年1938年帝国美術院会員より継続。
橋本関雪 541937年1945年帝国美術院会員より継続。
川端龍子 521937年1941年辞任文化勲章、帝国美術院会員より継続。
横山大観 691937年1956年辞任文化勲章、帝国美術院会員より継続。
富本憲吉 511937年1946年辞任文化勲章、帝国美術院会員より継続。
梅原龍三郎 491937年1957年辞任文化勲章、帝国美術院会員より継続。
安田靫彦 531937年1978年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
前田青邨 521937年1977年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
小林古径 541937年1957年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
岡田三郎助 681937年1939年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
和田英作 631937年1959年第一部長(1953 - 55年)、文化勲章、帝国美術院会員より継続。
中村不折 711937年1943年帝国美術院会員より継続。
藤島武二 701937年1943年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
和田三造 541937年1967年帝国美術院会員より継続。
南薫造 541937年1950年帝国美術院会員より継続。
中沢弘光 631937年1964年帝国美術院会員より継続。
石井柏亭 551937年1958年帝国美術院会員より継続。
山下新太郎 561937年1966年帝国美術院会員より継続。
安井曾太郎 491937年1955年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
小杉放庵 561937年1958年辞任帝国美術院会員より継続。
有島生馬 551937年1974年帝国美術院会員より継続。
建畠大夢 571937年1942年帝国美術院会員より継続。
山崎朝雲 701937年1954年帝国美術院会員より継続。
内藤伸 551937年1967年帝国美術院会員より継続。
朝倉文夫 541937年1964年第一部長(1956年 - 1959年)、文化勲章、帝国美術院会員より継続。
北村西望 531937年1987年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
平櫛田中 651937年1979年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
佐藤玄々 491937年1963年帝国美術院会員より継続。
斎藤素巌 481937年1974年帝国美術院会員より継続。
藤井浩佑 551937年1958年帝国美術院会員より継続。
板谷波山 651937年1963年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
香取秀真 631937年1954年文化勲章、帝国美術院会員より継続。
清水六和 621937年1959年帝国美術院会員より継続。
清水南山 621937年1948年帝国美術院会員より継続。
津田信夫 621937年1946年帝国美術院会員より継続。
比田井天来 651937年1939年帝国美術院会員より継続。
尾上柴舟 611937年1957年
伊東忠太(紅雲) 701937年1954年文化勲章
塚本靖(准亭) 681937年1937年
上村松園 661941年1949年文化勲章
藤田嗣治 551941年1955年辞任
小林萬吾 731941年1947年
六角紫水 741941年1950年
大熊喜邦 621941年1952年
福田平八郎 551947年1974年文化勲章
野田九浦 681947年1971年
中村岳陵 571947年1969年文化勲章
小野竹喬 581947年1979年文化勲章
奥村土牛 581947年1990年文化勲章
辻永 631947年1974年第一部長(1959年 - 1965年)
須田国太郎 561947年1961年
海野清 631947年1956年
松田権六 511947年1986年文化勲章
豊道春海 691947年1970年
坂本繁二郎 1947年に辞退。文化勲章
川島理一郎 621948年1971年
堂本印象 591950年1975年文化勲章
山口蓬春 571950年1971年文化勲章
中村研一 551950年1967年
石井鶴三 631950年1973年
高村豊周 601950年1972年
二十代目堆朱楊成 701950年1952年
吉田五十八 601954年1974年文化勲章
岩田藤七 611954年1980年
吉田三郎 661955年1962年
村野藤吾 641955年1984年文化勲章
徳岡神泉 611957年1972年文化勲章
金山平三 741957年1964年
長谷川昇 711957年1973年
山鹿清華 721957年1981年
山崎覚太郎 581957年1984年
堅山南風 711958年1980年文化勲章
伊東深水 601958年1972年
金島桂華 671959年1974年
児玉希望 611959年1971年
小絲源太郎 721959年1978年文化勲章
寺内萬治郎 701960年1964年
東郷青児 631960年1978年
小山敬三 631960年1987年文化勲章
鈴木翠軒 711960年1976年
宇田荻邨 651961年1980年
加藤顕清 681962年1966年
川村驥山 801962年1969年
澤田政廣 681962年1988年文化勲章
六代目清水六兵衛 611962年1980年
楠部彌弌 651962年1984年文化勲章
谷口吉郎 581962年1979年文化勲章
鬼頭鍋三郎 641963年1982年
大久保作次郎 731963年1973年
雨宮治郎 751964年1970年
東山魁夷 571965年1999年文化勲章
清水多嘉示 681965年1981年
宮本三郎 611966年1974年
井上良斎 781966年1971年
田崎広助 691967年1984年文化勲章
耳野卯三郎 761967年1974年
古賀忠雄 641967年1979年
松田尚之 701968年1995年
岡鹿之助 711969年1978年文化勲章
鈴木信太郎 741969年1989年
井手宣通 571969年1993年
大内青圃 701969年1981年
西川寧 671969年1989年文化勲章
杉山寧 611970年1993年文化勲章
圓鍔勝三 651970年2003年文化勲章
松本芳翠 781971年1971年
橋本明治 671971年1991年文化勲章
山口華楊 721971年1984年文化勲章
高山辰雄 601972年2007年文化勲章
鈴木千久馬 781972年1979年
郷倉千靱 801972年1975年
安東聖空 791972年1983年
奥田元宋 611973年2003年文化勲章
小堀進 701974年1975年
富永直樹 611974年2006年文化勲章
帖佐美行 591974年2002年文化勲章
森田沙伊 771975年1993年
野口弥太郎 761975年1976年
蓮田脩吾郎 601975年2010年文化勲章
中村順平 881975年1977年
小倉遊亀 811976年2000年文化勲章
池田遥邨 811976年1988年文化勲章
森田茂 691976年2009年文化勲章
吉井淳二 721976年2004年文化勲章
岩田正巳 841977年1988年
新道繁 701977年1981年
木下繁 691977年1988年
日比野五鳳 761977年1985年
高田誠 651978年1992年
森白甫 801978年1980年
今井兼次 831978年1987年
三輪晁勢 781979年1983年
高光一也 701979年1986年
佐藤太清 671980年2004年文化勲章
北村治禧 651980年2001年
西山英雄 691980年1989年
田村一男 761980年1997年
晝間弘 641980年1984年
海老原一郎 751980年1990年
上村松篁 791981年2001年文化勲章
橋節郎 671981年2007年文化勲章
岩橋英遠 781981年1999年文化勲章
牛島憲之 811981年1997年文化勲章
中村琢二 841981年1988年
佐治賢使 671981年1999年文化勲章
片岡球子 771982年2008年文化勲章
淀井敏夫 711982年2005年文化勲章
小磯良平 791982年1988年文化勲章
吉賀大眉 671982年1991年
田村孝之介 801983年1986年
進藤武松 741983年2000年
青山杉雨 711983年1993年文化勲章
伊藤清永 731984年2001年文化勲章
加藤東一 681984年1996年
濱田観 861984年1985年
西山真一 781984年1989年
浅蔵五十吉 711984年1998年文化勲章
大久保婦久子 661985年2000年文化勲章
村上三島 731985年2005年文化勲章
大江宏 721985年1989年
大山忠作 641986年2009年文化勲章
菅野矢一 781986年1991年
三坂耿一郎 781986年1995年
服部正一郎 801987年1995年
香取正彦 881987年1988年
渡辺武夫 721988年2003年
野々村一男 821988年2008年
楢原健三 811988年1999年
芦原義信 701988年2003年文化勲章
浦田正夫 781988年1997年
濵田台児 731989年2010年
藤田喬平 681989年2004年文化勲章
中村晋也 631989年文化勲章
杉岡華邨 761989年2012年文化勲章
池原義郎 621989年2017年
加倉井和夫 681989年1995年
小森邦夫 721989年1993年
大内田茂士 771990年1994年
寺田竹雄 821990年1993年
吉村順三 821990年1997年
鈴木竹柏 731991年2020年
國領經郎 721991年1999年
佐竹徳 941991年1998年
関主税 731992年2002年
青木龍山 661992年2008年文化勲章
小林斗盦 771993年2007年文化勲章
藤本東一良 801993年1998年
福王寺法林 741994年2012年文化勲章
松尾敏男 681994年2016年文化勲章
芝田米三 681994年2006年
鶴岡義雄 771994年2007年
雨宮敬子 631994年2019年
織田広喜 811995年2012年
平松譲 811995年2013年
長江録弥 691995年2005年
奥谷博 621996年文化勲章
橋本堅太郎 661996年2021年
郷倉和子 831997年2016年
白鳥映雪 851997年2007年
中山忠彦 631998年
寺島龍一 801998年2001年
黒川紀章 641998年2007年
奥田小由女 621998年文化勲章
大樋長左衛門 771999年文化勲章
島田章三 661999年2016年
佐藤圀夫 771999年2006年
山岸純 691999年2000年
庄司榮吉 832000年2015年
岩澤重夫 732000年2009年
絹谷幸二 582001年
中路融人 682001年2017年
雨宮淳 642001年2010年
上村淳之 692002年
那波多目功一 692002年
清原啓一 752002年2008年
三谷吾一 832002年2017年
塗師祥一郎 712003年2016年
今井政之 732003年文化勲章
山本貞 702004年
川崎普照 732004年
澄川喜一 732004年文化勲章
岡田新一 762004年2014年
寺坂公雄 722005年
蛭田二郎 722005年
河合誓徳 782005年2010年
岩倉壽 702006年2018年
川崎春彦 772006年2018年
村田省蔵 772006年2018年
能島征二 652006年
古谷蒼韻 822006年2018年
大津英敏 642007年
中里逢庵 842007年2009年
日比野光鳳 802008年
谷口吉生 712008年
清水達三 722008年
藤森兼明 732008年
市村緑郎 722008年
山本眞輔 692008年
中井貞次 762008年
土屋礼一 632009年
福田千恵 632009年
藪野健 662009年
福王寺一彦 552010年
山本文彦 732010年
武腰敏昭 702010年
森野泰明 762010年
伊藤裕司 812011年
山﨑隆夫 722012年
池口史子 692012年
神戸峰男 682012年
井茂圭洞 762012年
佐藤哲 712015年
槇文彦 842015年
磯崎新 862017年
西田俊英 642017年
根岸右司 792017年
馬越陽子 842018年
春山文典 742019年
黒田賢一 722019年
伊藤髟耳 822020年
村居正之 732020年
山田朝彦 772020年
吉野毅 772020年
高木聖雨 712020年

第二部 文芸

名前 年齢[3] 就任年 退任年[4] 備考
国分青崖 801937年1944年
三宅雪嶺 771937年1945年文化勲章
徳富蘇峰 741937年1946年辞任文化勲章
千葉胤明 731937年1953年
井上通泰 711937年1941年
幸田露伴 701937年1947年文化勲章
徳田秋声 661937年1943年
岡本綺堂 651937年1939年
佐佐木信綱 651937年1963年文化勲章
泉鏡花 641937年1939年
高浜虚子 631937年1959年文化勲章
河井酔茗 631937年1965年
斎藤茂吉 551937年1953年文化勲章
武者小路実篤 521937年1976年1946年辞任、1952年再選。文化勲章
谷崎潤一郎 511937年1965年文化勲章
菊池寛 491937年1948年
島崎藤村 辞退
正宗白鳥 辞退
永井荷風 辞退
島崎藤村 681941年1943年
窪田空穂 641941年1967年
正宗白鳥 621941年1962年再度の選任で受ける。文化勲章
志賀直哉 581941年1971年文化勲章
北原白秋 561941年1943年
山本有三 541941年1974年文化勲章
真山青果 641942年1948年
上司小剣 731947年1947年
土井晩翠 761947年1952年文化勲章
蒲原有明 711947年1952年
柳田國男 721947年1962年文化勲章
長谷川如是閑 721947年1969年文化勲章
里見弴 591947年1983年文化勲章
久保田万太郎 581947年1963年第二部長(1950年 - 1963年)。文化勲章
佐藤春夫 561948年1964年文化勲章
小杉天外 831948年1952年
長与善郎 601948年1961年
野上弥生子 631948年1985年文化勲章
室生犀星 591948年1962年
吉井勇 621948年1960年
金子薫園 721948年1951年
太田水穂 721948年1955年
辰野隆 701948年1964年
宇野浩二 581949年1961年
広津和郎 581949年1968年
豊島与志雄 591949年1955年
岡麓 721949年1951年
土屋竹雨 621949年1958年
岸田国士 631953年1954年
高村光太郎 辞退
川端康成 541954年1972年第二部部長(1963年 - 1968年)。文化勲章
小川未明 721954年1961年
永井荷風 751954年1959年文化勲章
松根東洋城 761954年1964年
土岐善麿 691955年1980年
青野季吉 661956年1961年
堀口大學 651957年1981年文化勲章
井伏鱒二 621960年1993年文化勲章
大仏次郎 631960年1973年文化勲章
瀧井孝作 661960年1984年
小林秀雄 581960年1983年文化勲章
西條八十 701962年1970年
土屋文明 721962年1990年文化勲章
西脇順三郎 681962年1982年
川田順 811963年1966年
三好達治 631963年1964年
河竹繁俊 741963年1967年
鈴木信太郎 681963年1970年
矢代幸雄 731963年1975年
河上徹太郎 601963年1980年
獅子文六 711964年1969年文化勲章
井上靖 571964年1991年文化勲章
石川淳 651964年1987年
尾崎一雄 651964年1983年文化勲章
坪田譲治 741964年1982年
福原麟太郎 701964年1981年
吉川幸次郎 601964年1980年
荻原井泉水 811965年1976年
丹羽文雄 611965年2005年第二部長(1968年 - 1988年)。文化勲章
水原秋桜子 731966年1981年
亀井勝一郎 591966年1966年
山内義雄 721966年1973年
中山義秀 671967年1969年
舟橋聖一 631967年1976年
内田百閒 辞退
伊藤整 631968年1969年
網野菊 691969年1978年
永井龍男 641969年1990年文化勲章
上林暁 671969年1980年
山本健吉 621969年1988年文化勲章
芹沢光治良 731970年1993年
円地文子 651970年1986年文化勲章
河盛好蔵 681970年2000年文化勲章
中村光夫 591970年1988年
大岡昇平 辞退
宇野千代 751972年1996年
高橋健二 711973年1998年
富安風生 891974年1979年
草野心平 721975年1988年文化勲章
臼井吉見 701975年1987年
谷川徹三 801975年1989年
武田泰淳 辞退
石川達三 711976年1985年
幸田文 721976年1990年
安岡章太郎 561976年2013年
桑原武夫 731977年1988年文化勲章
庄野潤三 671978年2009年
阿川弘之 591979年2015年第二部長(1988年-1998年)。文化勲章
遠藤周作 581981年1996年文化勲章
司馬遼太郎 581981年1996年文化勲章
田中千禾夫 761981年1995年
福田恆存 691981年1994年
吉行淳之介 571981年1994年
宮柊二 711983年1986年
芝木好子 691983年1991年
竹山道雄 801983年1984年
飯沢匡 741983年1994年
中里恒子 731983年1987年
佐藤佐太郎 741983年1987年
飯田龍太 641984年2007年
木下順二 辞退
加藤楸邨 801985年1993年
三浦朱門 611987年2017年第二部長(1998年 - 2004年)、院長(2004年 - 2014年)
野口冨士男 761987年1993年
三浦哲郎 571988年2010年
水上勉 691988年2004年
佐伯彰一 661988年2016年
小沼丹 711989年1996年
八木義徳 781989年1999年
富士川英郎 801989年2003年
河野多恵子 631989年2015年文化勲章
小島信夫 741989年2006年
前川佐美雄 861989年1990年
阪田寛夫 651990年2005年
新庄嘉章 861990年1997年
大庭みな子 611991年2007年
中村真一郎 731991年1997年
江藤淳 591991年1999年
佐藤朔 861991年1996年
戸板康二 751991年1993年
斎藤史 841993年2002年
曽野綾子 621993年
竹西寛子 651994年
那珂太郎 721994年2014年
大岡信 641995年2017年文化勲章
北杜夫 691996年2011年
高井有一 641996年2016年
陳舜臣 721996年2015年
辻邦生 711996年1999年
清岡卓行 741996年2006年
杉本秀太郎 651996年2015年
石井桃子 891997年2008年
吉村昭 701997年2006年第二部長(2004年 - 2006年)
森澄雄 781997年2010年
秋山駿 671997年2013年
高橋英夫 671997年2019年
大原富枝 861998年2000年
丸谷才一 731998年2012年文化勲章
岡野弘彦 741998年
中村稔 711998年第二部長(2006年 - 2010年)
日野啓三 712000年2002年
加賀乙彦 712000年
黒井千次 682000年第二部長(2010年 - 2014年)、院長(2014年 - 2020年)
伊藤桂一 842001年2016年
津村節子 752003年
馬場あき子 752003年
菅野昭正 732003年第二部長(2014年-現在)
小川国夫 782005年2008年
金子兜太 862005年2018年
前登志夫 792005年2008年
川村二郎 772005年2008年
辻井喬 802007年2013年
三木卓 722007年
坂上弘 722008年
富岡多惠子 732008年
飯島耕一 782008年2013年
入沢康夫 772008年2018年
佐佐木幸綱 702008年
岡井隆 812009年2020年
井上ひさし 752009年2010年
粟津則雄 822010年
山崎正和 772011年2020年文化勲章
池澤夏樹 672012年
三浦雅士 652012年
別役実 762013年2020年
鷹羽狩行 852015年
吉増剛造 842015年
高階秀爾 832015年文化勲章、院長(2020年ー現在)
辻原登 702016年
宇多喜代子 812016年
村田喜代子 722017年
高樹のぶ子 712017年
高橋睦郎 792017年
渡辺保 812017年
芳賀徹 872018年2020年
松浦寿輝 652019年
荒川洋治 702019年
亀山郁夫 702019年
渡邊守章 872020年

第三部 音楽・演劇・舞踊

名前 年齢[3] 就任年 退任年[4] 備考
橘絲重 641937年1939年
幸田延 671937年1946年
多忠龍 721937年1944年
豐時義 641937年1951年
寳生新 671937年1944年
初世梅若萬三郎 691937年1946年
安藤幸 591942年1963年
信時潔 551942年1965年50〜65年 第三部長
山田耕筰 561942年1965年文化勲章
今井慶松 711942年1947年
十四世喜多六平太 731947年1971年文化勲章
豐竹山城少掾 691947年1967年
六代目尾上菊五郎 621947年1949年文化勲章
七代目松本幸四郎 771947年1949年
初代中村吉右衞門 611947年1954年文化勲章
近衞秀麿 501948年1973年
二代目稀音家淨觀 741948年1956年
宮城道雄 541948年1956年
四代目吉住小三郎 721948年1972年文化勲章
富崎春昇 681948年1958年
三代目中村梅玉 731948年1948年没後選出
初代喜多村緑郎 771948年1961年
七代目坂東三津五郎 661948年1961年
吉田灘波掾 801949年1962年
井上正夫 781949年1950年
野口兼資 711950年1953年
二代目清元壽兵衞 611950年1966年
二代目實川延若 731950年1951年
芝祐泰 521950年1982年65〜75年 第三部長
觀世華雪 681952年1959年
川崎九淵 791953年1961年
常磐津文字翁 651953年1960年
梅若實 771955年1959年
初代市川猿翁 671955年1963年認定時は二代目市川猿之助
櫻間弓川 681957年1957年
四代目井上八千代 521957年2004年文化勲章
三代目中村時藏 631958年1959年
山田抄太郎 601959年1970年
三代目市川壽海 741960年1971年
中能島欣一 571961年1984年75年〜 第三部長
豐増昇 501962年1975年
三代目杵屋榮蔵 721962年1967年
寳生九郎重英 621962年1974年
花柳章太郎 681962年1965年
花柳壽応 711962年1970年
橋岡久太郎 791963年1963年
三代目市川左團次 651963年1969年
小津安二郎 601963年1963年
伊藤熹朔 651964年1967年
六代目中村歌右衞門 461964年2001年文化勲章
幸祥光 731965年1977年
川口松太郎 671966年1985年
十四代目杵屋六左衞門 661966年1981年
五十五世梅若六郎 601967年1979年
初代水谷八重子 621967年1979年
六代目藤間勘十郎 671967年1990年文化勲章
八代目竹本綱大夫 651969年1969年
安倍季巌 651969年1986年
十七代目中村勘三郎 601970年1988年文化勲章
野澤喜左衞門 801971年1976年
五代目荻江露友 791971年1993年
宇野信夫 681972年1991年
二代目中村鴈治郎 701972年1983年
柳兼子 801972年1984年
團伊玖磨 491973年2001年
二代目尾上松緑 601973年1989年文化勲章
六世野村萬蔵 761974年1978年
喜多實 751975年1986年
安川加壽子 541976年1996年
近藤乾三 861976年1988年
七代目尾上梅幸 611976年1995年
初代松本白鸚 661976年1982年文化勲章、認定時は八代目松本幸四郎
渡辺暁雄 591978年1990年
清元志壽太夫 801978年1999年
米川文子 841978年1995年
園田高弘 521980年2004年
四代目竹本越路大夫 701984年2002年
二代目芳村五郎治 841985年1993年
武原はん 821985年1998年
藤田大五郎 711986年2008年
宮城喜代子 811986年1991年
吾妻徳穂 771986年1998年
江藤俊哉 601987年2008年
藤間藤子 791987年1998年
初代富山清琴 751988年2008年
七代目中村芝翫 611989年2011年
十七代目市村羽左衞門 751991年2001年
四代目茂山千作 721991年2013年文化勲章
多忠麿 571991年1995年
梅若恭行 751992年2003年
四代目中村雀右衞門 721992年2012年文化勲章
藤間友章 831992年1996年
四代目坂田藤十郎 631994年2020年文化勲章、認定時は三代目中村鴈治郎
常磐津英壽 671994年
若杉弘 591994年2009年
九代目片山九郎右衞門 651995年2015年
伊藤京子 681995年
五代目中村富十郎 671996年2011年
清元榮三郎 731999年2002年
三代目花柳寿輔 641999年2007年
三善晃 661999年2013年
七代目尾上菊五郎 582000年
東儀俊美 712000年
野村萬 712001年文化勲章
寳生閑 682002年2016年
二代目中村吉右衞門 582002年
七代目竹本住大夫 782002年2018年文化勲章
森下洋子 542002年
粟谷菊生 812003年2006年
岩城宏之 712003年2006年
二代目花柳壽楽 852003年2007年
芝祐靖 682003年2019年
二十二世金春惣右衞門 812005年2014年
三代目杵屋五三郎 872005年2013年
十五代目片岡仁左衞門 622006年
五十六世梅若六郎 592007年
山勢松韻 752008年
畑中良輔 862008年2012年
山田洋次 772008年文化勲章
二代目松本白鸚 672009年認定時は九代目松本幸四郎
堤剛 672009年
四代目花柳寿輔 802011年2020年
友枝昭世 712011年
十二代目市川團十郎 662012年2013年
吉田簑助 792012年
四代目中村梅玉 672013年
栗林義信 802013年
五代目井上八千代 572013年
一噌仙幸 742014年2018年
鶴澤清治 692014年
飯守泰次郎 742014年
三代目藤間勘祖 692014年
三代目貴音三郎助 812015年
山本東次郎 802017年
亀井忠雄 782019年
五代目坂東玉三郎 692019年
豊英秋 762020年

脚注

  1. 川路柳虹『現代日本美術界』中央美術社、1925年、P.13。
  2. 日本美術年鑑 美術研究所
  3. 就任時の年齢。
  4. 特記がない場合、逝去年。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.