日本色彩学会

一般社団法人日本色彩学会(にほんしきさいがっかい、: The Color Science Association of Japan:略称CSAJ)とは、色彩学に関する学会一般社団法人)である[1]。国際色彩学会(Association Internationale de la Coleur:略称AIC)の構成員である[1]

一般社団法人日本色彩学会
正式名称 一般社団法人日本色彩学会
英語名称 The Color Science Association of Japan
略称 CSAJ
組織形態 一般社団法人
事務局所在地 日本
〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南一丁目16番9号
平野ビル3階
法人番号 2011105006771
代表理事会長 髙橋晋也
目的 色彩学に関する学理及びその応用についての研究発表、知識の交換、会員相互及び内外の関連学会との連携協力等を行うことにより、色彩学の進歩普及を図り、もってわが国の学術発展に寄与すること。
設立年月日 1948年(日本色彩科学協会として)
前身 日本色彩科学協会
ウェブサイト https://color-science.jp/

事業 [1]

  1. 学会誌その他の刊行物の発行
  2. 色彩に関する研究及び調査
  3. 色彩に関する研究の奨励及び研究業績の表彰
  4. 色彩に関する教育・普及
  5. 色彩に関する標準・規格の作成
  6. 関連学術団体との連絡及び協力
  7. 国際的な研究協力の推進
  8. その他目的を達成するために必要な事業

全国大会・研究会大会[2]

  • 毎年度、全国大会と研究会大会を1 回ずつ開催。
  • 全国大会では、研究発表・作品発表、特別講演、チュートリアル講演、シンポジウム、講習会、見学会、企業展示会、交流会などを実施する。
  • 研究会大会では、各研究会が企画するテーマ別の研究発表・作品発表(organized session等)、講演、シンポジウム、講習会、見学会などを実施する。

沿革

1948年(昭和23年)に設立された「日本色彩科学協会」を前身とする。その後1970年(昭和45年)に「日本色彩学会」と改称し、2015年(平成27年)4月1日に一般社団法人となる[3]

支部

  • 関東支部
  • 東海支部
  • 関西支部

研究会

  • 美しい日本の色彩環境を創る研究会
  • 画像色彩研究会
  • カラーデザイン研究会
  • 環境色彩研究会
  • くらしの色彩研究会
  • コスメティクスと肌・顔研究会
  • 視覚情報基礎研究会
  • 色覚研究会
  • 色彩教材研究会
  • 測色研究会
  • 白色度研究会
  • パーソナルカラー研究会

脚注

注釈

    出典

    1. 一般社団法人日本色彩学会 定款(2015年4月1日制定)”. 日本色彩学会. 2017年2月3日閲覧。
    2. 一般社団法人日本色彩学会 全国大会・研究会大会規程(2015年4月1日制定)”. 日本色彩学会. 2017年2月3日閲覧。
    3. 髙橋晋也. 会長挨拶”. 日本色彩学会. 2017年2月3日閲覧。

    関連事項

    外部リンク

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.