日本工業所有権法学会

日本工業所有権法学会(にほんこうぎょうしょゆうけんほうがっかい、英:Japan Association of Industrial Property Law)は、特許実用新案意匠商標サービスマーク商号原産地表示又は原産地名称及び不正競争の防止等に関する法的制度の調査研究を主たる目的として1974年10月に設立された学術組織である[1][2]

概略

毎年、5月下旬から6月上旬に研究会・総会を開催するとともに[3]、毎年、『日本工業所有権法学会年報』を刊行する[4]。事務局の住所は、〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学19号館305 早稲田大学知的財産法制研究所(RCLIP)内[5]

2020年度研究会・総会は、2020年5月23日に予定されていたが、コロナウィルス対策のため延期になった[6]

役員

理事長

常務理事

脚注

  1. 日本工業所有権法学会”. www.jaipl.org. 2020年3月9日閲覧。
  2. 日本工業所有権法学会”. 学会名鑑. 日本学術会議日本学術協力財団科学技術振興機構. 2020年3月9日閲覧。
  3. 日本工業所有権法学会/研究会総会”. www.jaipl.org. 2020年3月9日閲覧。
  4. 日本工業所有権法学会/学会年報”. www.jaipl.org. 2020年3月9日閲覧。
  5. 日本工業所有権法学会/案内”. www.jaipl.org. 2020年3月9日閲覧。
  6. 日本工業所有権法学会”. www.jaipl.org. 2020年4月12日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.