日本学士院

日本学士院(にっぽんがくしいん、英語The Japan Academy)は、日本学士院法(以下「法」)に基づいて設置されている日本国立アカデミーであり、文部科学省特別の機関である。1879年に初代会長福沢諭吉で東京学士会院として発足し、1906年に帝国学士院に改組された。1947年に日本学士院となり現在に至る。日本学術会議と混同されやすいが、世界のアカデミー連合である国際学士院連合の日本代表はここのみである[4]

日本行政機関
日本学士院
にっぽんがくしいん
Japan Academy
旧日本学士院会館
役職
院長 井村裕夫
幹事 西尾勝
組織
上部組織 文部科学省
内部部局 第一部
第二部
概要
所在地 110-0007
東京都台東区上野公園7番32号
北緯35度42分58秒
東経139度46分38秒
定員 150名[1]
年間予算 6億1922万5000円[2](2020年度)
設置 1947年12月[3]
前身 帝国学士院[3]
ウェブサイト
日本学士院

概要

東京都台東区上野公園上野恩賜公園内に立地する。

文部科学省の特別の機関として位置づけられており、法第1条でその目的を「学術上功績顕著な科学者を優遇するための機関とし、学術の発達に寄与するため必要な事業を行う」と定めている。

学士院会員は終身であり(法第3条第2項)、定員は150名である(法第2条第2項)。死亡により欠員が生じた分科ごとに各部分科会員の投票により毎年12月に新会員が選定される(常に全欠員が補充されるわけではない)。文化功労者より低い年金(250万円)が授与されるが(法9条)、これは特別職の非常勤国家公務員(3条3項)としての給与名目で支給されており課税対象になる。また、検察官適格審査会令1条2項の規定により、日本学士院会員から互選で1名が検察官適格審査会の委員になっている。

外国のアカデミーは研究活動も行っているが、日本学士院では内部に「今更、研究をするのはいかがなものか」という考えが多く、研究機関としての面は他国に比べ薄い「殿堂」的機関と化している[5]。しかしながら、毎月定例の研究会を開催し、そこで研究発表が行われ、また研究成果は『日本学士院紀要』として公刊されている。

また恩賜賞日本学士院賞エジンバラ公賞日本学士院学術奨励賞の授賞も行っている。エジンバラ公は日本学士院の名誉会員である[6]

象徴

日本学士院のシンボルマークは、長鳴鳥桜花を図案化したものである。帝国学士院会員であった坪井正五郎によりデザインされた。なお、坪井は、恩賜賞賞牌や当時の帝国学士院賞の賞牌のデザインも手掛けている。

沿革

日本学士院が所在する上野恩賜公園の航空写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  • 1873年 - 明六社発足
  • 1879年 - 東京学士会院創設(会員定員40名)。
  • 1890年 - 東京学士会院規程公布。
  • 1906年 - 帝国学士院規程公布(会員定員60名)。
  • 1911年 - 恩賜賞創設。
  • 1911年 - 帝国学士院賞創設。
  • 1919年 - 国際学士院連合(UAI)加盟
  • 1925年 - 貴族院に帝国学士院会員議員が設置される(1部・2部から各2名ずつ計4名、任期7年)
  • 1947年 - 日本学士院と改称。貴族院廃止とともに帝国学士院会員議員も廃止される。
  • 1949年 - 日本学術会議の附置機関となる(会員定員150名)。
  • 1956年 - 日本学士院法公布、日本学術会議から独立。
  • 1987年 - エジンバラ公賞創設。
  • 2004年 - 日本学士院学術奨励賞創設[3]

会員の構成

事業(8条)

歴代院長

初代会長/福澤諭吉

東京学士会院(会長)

氏名在任時期所属大学・出身大学専門分野
初代福澤諭吉1879年01月 - 1879年6月慶應義塾
第2代西周1879年06月 - 1880年12月養老館法学哲学
第3代加藤弘之1880年12月 - 1882年6月東京大学政治学
第4代西周1882年06月 - 1886年6月養老館法学哲学
第5代加藤弘之1886年06月 - 1895年12月東京大学政治学
第6代細川潤次郎1895年12月 - 1897年12月文武館(土佐藩藩校)法学
第7代加藤弘之1897年12月 - 1906年6月東京帝国大学政治学

帝国学士院(院長)

氏名在任時期所属大学・出身大学専門分野
第8代加藤弘之1906年07月 - 1909年6月東京帝国大学政治学
第9代菊池大麓1909年07月 - 1917年8月蕃書調所(東京大学)数学
第10代穂積陳重1917年10月 - 1925年10月東京帝国大学法学
第11代岡野敬次郎1925年11月 - 1925年12月東京帝国大学商法
第12代桜井錠二1926年02月 - 1939年1月開成学校(東京大学)化学
第13代長岡半太郎1939年03月 - 1948年6月東京帝国大学物理学

日本学士院(院長)

氏名在任時期所属大学・出身大学専門分野
第14代山田三良1948年06月 - 1961年11月東京大学国際私法
第15代柴田雄次1961年01月 - 1970年11月東京大学無機化学
第16代南原繁1970年11月 - 1974年5月東京大学政治学
第17代和達清夫1974年10月 - 1980年10月東京大学地球物理学
第18代有沢広巳1980年10月 - 1986年10月東京大学経済学統計学
第19代黒川利雄1986年12月 - 1988年2月東北大学内科学
第20代脇村義太郎1988年06月 - 1994年3月東京大学経済学
第21代藤田良雄1994年04月 - 2000年4月東京大学天文学
第22代市古貞次2000年04月 - 2001年10月東京大学日本文学
第23代長倉三郎2001年10月 - 2007年10月東京大学物理化学
第24代久保正彰2007年10月 - 2013年10月東京大学西洋古典学
第25代杉村隆2013年10月 - 2016年10月東京大学生化学腫瘍学
第26代塩野宏2016年10月 - 2019年10月東京大学行政法
第27代井村裕夫2019年10月 - 現職京都大学内科学

現在の会員

2020年12月14日現在[7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17]
分科
定員
氏名年齢専門分野選出年備考
第1部
人文科学部門
第1分科
文学史学哲学
30名
久保正彰90西洋古典学1992年元院長
中根千枝94文化人類学1995年
原實90インド古典学2000年
田仲一成88中国文学
荒井献90新約聖書学2001年
伊藤貞夫87西洋史学古典古代史2002年
武田恒夫95日本絵画史2003年
斯波義信90中国史第1部部長
久保田淳87日本文学2005年
吉川忠夫84中国史2006年
御牧克己74インド・チベット仏教学
難波精一郎88心理学2007年
玉泉八州男85英文学
青柳正規76美術史学古典考古学
川本皓嗣81比較文学比較文化2009年
佐藤彰一75西洋中世史
塩川徹也75フランス文学
東野治之74日本史2010年
苧阪直行74認知心理学認知科学2012年
間野英二82西南アジア史2014年
田代和生75日本史
興膳宏84中国文学2016年
揖斐高74日本文学2017年
深沢克己71西洋近世史2018年
松浦純71ドイツ文学
伊藤邦武71哲学
高田康成71英文学・古典ラテン文学2020年
金水敏64日本語学
空席
空席
第2分科
法律学政治学
23名
小田滋96国際法1994年
塩野宏89行政法1999年前院長
三宅一郎89政治学政治行動論
樋口陽一86憲法学2000年
三谷太一郎84日本政治外交史2002年
奥田昌道88民法2004年
西尾勝82行政学2007年幹事
龍田節87商法2008年
菅野和夫77労働法
石井紫郎85日本法制史2009年
小山貞夫84西洋法制史2010年
佐々木毅78政治学史政治学2011年
佐藤幸治83憲法学2012年
鈴木茂嗣83刑事法2013年
藤田宙靖80行政法
村松岐夫81政治過程論行政学2014年
江頭憲治郎74商法
渡辺浩74日本政治思想史・アジア政治思想史2017年
瀬川信久73民法
根岸哲77経済法2018年
中山信弘75知的財産法
井上正仁72刑事訴訟法2019年
伊藤眞76民事訴訟法2020年
空席
第3分科
経済学商学
16名
小宮隆太郎92経済学1990年
水田洋101社会思想史1998年
根岸隆87経済理論経済学史
伊藤誠84経済理論現状分析2003年
新開陽一89経済学2008年
石井寛治83日本経済史2009年
藤田昌久77都市・地域経済学空間経済学2010年
竹内啓87統計学経済学2012年
西村和雄74複雑系経済学経済変動理論
斎藤修74比較経済史経済発展論2014年
野中郁次郎85経営学2015年
岩井克人74経済学
大塚啓二郎72開発経済学2018年
空席
空席
空席
第2部
自然科学部門
第4分科
理学
31名
江崎玲於奈95物理学1975年
広中平祐89数学1976年
久城育夫86岩石学1993年
横山泉97火山物理学1995年
上田誠也91地球物理学1996年
近藤淳91物理学1997年
森重文70数学1998年
竹市雅俊77発生生物学細胞生物学2000年
大村智85天然物有機化学2001年
山崎敏光86原子核物理学2005年
松野太郎86気象学地球物理学
柏原正樹74数学2007年
西田篤弘84宇宙空間物理学2008年
深谷賢治61数学2009年
益川敏英81物理学2010年
黒岩常祥79生物科学
小林誠76物理学
長田重一71分子生物学
鈴木章90合成化学2011年
深尾良夫77地震学
佐藤勝彦75宇宙物理学2013年
和田英太郎81同位体生態学2014年
巽和行72無機化学
大隅良典76分子細胞生物学2018年
鈴木啓介66有機合成化学
北川進69錯体化学2019年
梶田隆章61宇宙線天文学
柳田敏雄74生物物理学2020年
家正則71天文学
空席
空席
第5分科
工学
17名
白川英樹84物質科学高分子化学2001年
野依良治82有機化学2002年第2部部長
岩崎俊一94電子通信工学磁気工学2003年
井上明久73金属材料学2006年
田中耕一61質量分析
堀川清司93土木工学海岸工学2007年
霜田光一100物理学2010年
内田祥哉95建築学
飯島澄男81物質科学
堀幸夫93機械工学2011年
赤﨑勇92半導体工学2014年
吉川弘之87機械工学・一般設計学
長尾真84知能情報学
榊裕之76半導体電子工学2019年
金出武雄75情報学2020年
吉野彰73電気化学
空席
第6分科
農学
12名
山田康之89植物分子細胞生物学1995年
入谷明92家畜繁殖学2000年
和田光史92土壌学
四方英四郎94植物病理学ウイルス学2001年
稲上正90分子細胞生理学
別府輝彦86応用微生物学2004年
常脇恒一郎90植物遺伝学2005年
佐々木惠彦85森林資源科学樹木生理学2006年
喜田宏77獣医微生物学2007年
安元健86水産化学2017年
丸山利輔87農業工学2018年
西澤直子75植物栄養学2020年
第7分科
医学薬学歯学
20名
豊島久真男90ウイルス学腫瘍学1993年
井村裕夫90内科学1994年2019年より院長
大塚正徳91薬理学1995年
岸本忠三81免疫学
廣川信隆74分子細胞生物学2004年
関谷剛男81薬学核酸有機化学2005年
本庶佑79医化学分子免疫学
須田立雄85基礎歯科医学2007年
鈴木邦彦88神経化学神経内科遺伝性神経疾患2008年
中西重忠79分子神経科学2009年
山中伸弥58細胞生物学2013年最年少会員
審良静男68免疫学2014年
宮園浩平64病理学腫瘍学2017年
笹月健彦80免疫遺伝学2019年
垣添忠生79泌尿器科学
藤吉好則72構造生理学
大塚榮子85薬化学2020年
宮下保司71生理学
空席
空席

過去の主な会員

創立会員(21名)

明治期任命

大正期任命

昭和戦前期(1927年 - 1944年)任命

昭和戦後期(1945年 - 1970年)選出

昭和後期(1971年 - 1988年)選出

平成期選出

氏名 所属部 所属分科 専門分野 就任年月日 就任時年齢[18] 退任年月日[19] 退任時年齢 備考
小川環樹 第1部第1分科中国文学1989年12月12日791993年8月31日82
斎藤眞 第1部第2分科アメリカ政治外交史1989年12月12日682008年1月16日86
宇澤弘文 第1部第3分科経済学1989年12月12日612014年9月18日86
西島和彦 第2部第4分科理論物理学1989年12月12日632009年2月15日82
田村三郎 第2部第6分科生物有機化学1989年12月12日722015年12月4日98
沢田敏男 第2部第6分科農業農村工学1989年12月12日702017年10月18日98
團勝磨 第2部第7分科発生生物学1989年12月12日851996年5月18日91
伊藤正男 第2部第7分科生理学・神経科学1989年12月12日612018年12月18日90
芦部信喜 第1部第2分科憲法学1990年12月12日671999年6月12日75
伊藤正己 第1部第2分科英米法・憲法1990年12月12日712010年12月27日91
都留重人 第1部第3分科経済学1990年12月12日782006年2月5日93
富澤純一 第2部第4分科分子生物学1990年12月12日662017年1月26日92
細谷千博 第1部第2分科外交史・国際関係論1991年12月12日712011年9月21日91
三ヶ月章 第1部第2分科民事訴訟法1991年12月12日692010年11月14日89
西塚泰美 第2部第7分科生化学1991年12月12日592004年11月4日72
林屋辰三郎 第1部第1分科日本史1992年12月14日781998年2月11日83
橋本公亘 第1部第2分科憲法・行政法1992年12月14日731998年2月6日78
護雅夫 第1部第1分科トルコ学1992年12月14日711996年12月23日75
加藤一郎 第1部第2分科民法・環境法・医事法1992年12月14日702008年11月11日86
福田歓一 第1部第2分科政治学史1992年12月14日692007年1月7日83
辻村公一 第1部第1分科哲学1993年12月13日712010年5月28日88
平川彰 第1部第1分科仏教学1993年12月13日782002年3月31日87
宮崎義一 第1部第3分科経済学1993年12月13日741998年5月28日78
柴田承二 第2部第7分科天然物化学・生薬学1993年12月13日782016年7月12日100
入矢義高 第1部第1分科中国文学・中国禅学1994年12月12日841998年6月30日87
滋賀秀三 第1部第2分科東洋法制史1994年12月12日732008年2月25日86
織田敏次 第2部第7分科内科学1994年12月12日722012年9月19日90
向山光昭 第2部第4分科有機合成化学1994年12月12日672018年11月17日91
荒松雄 第1部第1分科南アジア史1995年12月12日742008年11月8日87
武内義範 第1部第1分科宗教哲学1995年12月12日822002年4月12日89
築島裕 第1部第1分科国語学1995年12月12日702011年4月11日85
中川久定 第1部第1分科フランス文学1995年12月12日642017年6月18日86
河本一郎 第1部第2分科商法・証券取引法1995年12月12日722017年4月18日94
大澤文夫 第2部第4分科生物物理学1995年12月12日732019年4月18日96
西澤潤一 第2部第5分科電子工学・通信工学1995年12月12日692018年10月21日92
森亘 第2部第7分科病理学1995年12月12日692012年4月1日86
児玉幸多 第1部第1分科日本史1996年12月12日872007年7月4日97
永井博 第1部第1分科科学哲学1996年12月12日752012年11月7日91
星野英一 第1部第2分科民法1996年12月12日702012年9月27日86
井口洋夫 第2部第4分科物理化学1996年12月12日692014年3月20日87
乾崇夫 第2部第5分科造船学(船型学)1996年12月12日762012年9月13日92
鈴木弘 第2部第5分科機械工学1996年12月12日812009年8月14日94
横堀武夫 第2部第5分科材料工学・機械工学1996年12月12日792017年10月9日99
濱清 第2部第7分科解剖学1996年12月12日732019年5月21日96
相良亨 第1部第1分科倫理学1997年12月12日762000年10月14日79
島田虔次 第1部第1分科中国史1997年12月12日802000年3月21日82
京極純一 第1部第2分科政治学・政治過程論1997年12月12日732016年2月1日92
石坂公成 第2部第7分科免疫学1997年12月12日722018年7月6日92
山田晶 第1部第1分科西洋中世哲学1998年12月14日762008年2月29日85
鈴木禄彌 第1部第2分科民法1998年12月14日642006年12月22日75
中野貞一郎 第1部第2分科民事手続法1998年12月14日732017年2月20日91
石川滋 第1部第3分科開発経済論1998年12月14日802014年1月4日95
西田龍雄 第1部第1分科言語学1999年12月13日712012年9月26日83
野崎一 第2部第5分科有機合成化学・有機金属化学1999年12月13日772019年9月25日97
秋山虔 第1部第1分科日本文学2000年12月12日762015年11月18日91
岩﨑英二郎 第1部第1分科ドイツ語学2000年12月12日782017年7月11日95
吉田民人 第1部第1分科社会学2001年12月12日702008年10月27日78
源了圓 第1部第1分科日本思想史2001年12月12日812020年9月10日100
村上淳一 第1部第2分科ドイツ法2001年12月12日682017年10月24日84
速水融 第1部第3分科日本経済史・歴史人口学2001年12月12日722019年12月4日90
金谷治 第1部第1分科中国哲学2002年12月12日822006年5月5日86
尾藤正英 第1部第1分科日本史2002年12月12日792013年5月4日89
石本泰雄 第1部第2分科国際法2002年12月12日782015年12月8日91
小柴昌俊 第2部第4分科素粒子物理学2002年12月12日762020年11月12日94
上田閑照 第1部第1分科哲学・宗教哲学2003年12月12日772019年6月28日93
松尾浩也 第1部第2分科刑事法2005年12月12日772017年12月1日89
岡村總吾 第2部第5分科電子工学・通信工学2005年12月12日872013年10月26日95
貝塚啓明 第1部第3分科財政学・金融論2006年12月12日722016年10月25日82
竹下守夫 第1部第2分科民事訴訟法2008年12月12日762019年10月2日87
外村彰 第2部第4分科物理学2007年12月12日652012年5月2日70
富永健一 第1部第1分科社会学2010年12月12日792019年2月23日87
平井宜雄 第1部第2分科民法2010年12月12日732013年11月26日76
薗田坦 第1部第1分科西洋近世哲学史・宗教哲学2011年12月12日752016年4月22日79
鈴村興太郎 第1部第3分科厚生経済学・社会選択理論2011年12月12日672020年1月15日76
田中靖郎 第2部第4分科天文学2011年12月12日802018年1月18日86
小林道夫 第1部第1分科西洋近世哲学2013年12月12日682015年6月2日69
諸熊奎治 第2部第4分科理論化学2015年12月14日812017年11月27日83
森謙治 第2部第6分科農芸化学2015年12月14日802019年4月16日84

脚注

  1. 日本学士院法。
  2. 令和2年度一般会計予算 (PDF) 財務省
  3. 設置目的・沿革・予算”. 日本学士院. 2016年2月12日閲覧。
  4. 「任命拒否」で揺れる「日本学術会議」の存在意義(新潮社 フォーサイト) (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年11月9日閲覧。
  5. 水田洋「学士院会員 水田 洋君の話を聞く」『十二月クラブ通信』第103号 平成11年12月号
  6. 日本学士院ウェブサイト「名誉会員・客員一覧」参照。
  7. 会員一覧(日本学士院、2011年12月13日閲覧)
  8. 新会員の選定について(2011年12月12日)(日本学士院、2011年12月12日閲覧)
  9. 新会員の選定について(2012年12月12日)(日本学士院、2012年12月12日閲覧)
  10. 新会員の選定について(2013年12月12日)(日本学士院、2013年12月12日閲覧)
  11. 新会員の選定について(2014年12月12日)(日本学士院、2014年12月12日閲覧)
  12. 新会員の選定について(2015年12月14日)(日本学士院、2015年12月14日閲覧)
  13. 新会員の選定について(2016年12月12日)(日本学士院、2016年12月12日閲覧)
  14. 新会員の選定について(2017年12月12日)(日本学士院、2017年12月12日閲覧)
  15. 新会員の選定について(2018年12月12日)(日本学士院、2018年12月12日閲覧)
  16. 新会員の選定について(2019年12月12日)(日本学士院、2019年12月12日閲覧)
  17. 新会員の選定について(2020年12月14日)(日本学士院、2020年12月14日閲覧)
  18. 満年齢。
  19. 特記がない場合、逝去年月日。

参照文献

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.