日本ウイルス学会

日本ウイルス学会(にほんウイルスがっかい)は、日本における微生物、特にウイルスにおける研究・調査に関わる学術機関であり、日本医学会加盟学術団体。 多くが、分子生物学者や生化学者などが参加しているが、ICD制度協議会加盟団体の為、医師歯科医師などの臨床系分野の研究者も数多く参加している。

にほんういるすがくかい
日本ウイルス学会
英語名称 The Japanese Society for Virology
略称 JSV
法人格 任意団体
専門分野 医学
設立 1953年
事務局 日本
会員数 約3000名
刊行物 『ウイルス』
ウェブサイト jsv.umin.jp

英語名は The Japanese Society for Virology である。1953年設立。

概要

  • ウイルスの病原性、遺伝解析、治療方法(ワクチンに関しては、日本ワクチン学会がある)など幅広い活動を行っている。
  • 学会員数:約3000名

総会

  • 年1回

学会誌

  • 日本ウイルス学会賞(杉浦奨励賞)

専門医認定

入会

  • 正会員:年額10000円
  • 学生会員:年額4000円
  • 賛助会員:一口50000円(一口以上)
    • 入会時に入会金1000円が必要である(賛助会員を除く)。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.