日本の妖怪一覧

日本の妖怪一覧(にっぽんのようかいいちらん)は、日本妖怪の中で、よく知られているものの一覧。妖怪と関係の深い歴史上の人物、神格、概念も含まれる。

フィクション作品に登場する創作妖怪は、Category:フィクションの妖怪、Category:妖怪を題材にした作品を参照。

目次

あ行

名前読み備考
アイヌカイセイ[1]アイヌカイセイ
アイヌソッキ[2]アイヌソッキ
青行燈アオアンドン
青鷺火アオサギノヒ
蒿雀アオジ送り雀
青女房アオニョウボウ
青坊主アオボウズ
赤足アカアシ
赤頭アカアタマ
赤えいアカエイ
アカガンターアカガンター
赤子アカゴ
明石様アカシサマ神奈川県横浜市に伝わる妖怪。
赤舌アカシタ
赤シャグマアカシャグマ
赤手児アカテコ
赤殿中アカデンチュウ
赤テン鳥アカテンドリ秋田県仙北郡角館町―現在の仙北市の愛宕山付近に棲むと伝わる怪鳥。
アカナーアカナー沖縄の妖怪。キジムナーの兄弟で月に住むという。やはり漁が得意で、キジムナーの様に魚の目玉だけを取ったりしないという。
垢嘗アカナメ
赤入道アカニュウドウこたつの中から姿を現す赤い体の入道
あかはだかアカハダカ胴面
赤坊主アカボウズ
赤蜂アカハチ石川県羽咋郡富来町―現在の志賀町に伝わる、怪火を発するという妖怪。
アカマタアカマタ
燈無蕎麦、灯無蕎麦アカリナシソバ本所七不思議の一つ。
アカングワーマジムンアカングワーマジムンマジムン#アカングワーマジムン
あかんべいアカンベイべか太郎
悪四郎妖怪アクシロウヨウカイ山本五郎左衛門#類話
悪女野風アクジョノカゼ全身に99個の口があり、生臭い息を吐く醜悪な妖怪。読本『天縁奇遇』の登場人物・横島軍藤六の妻とされている。
アクドポッカリアクドポッカリ岩手県の、踵に纏わりついてくる妖怪。アクドボッポリ、アドポップリともいう。
悪婆アクババ町中を往来しているが人の目には見えないと言われている。産子を殺して喰らう
灰坊主アクボウズ
阿久良王アクラオウ坂上田村麻呂伝説
悪路王アクロオウ坂上田村麻呂伝説
悪路神の火アクロジンノヒ
麻桶の毛アサオケノケ
浅茅ヶ原の鬼婆アサヂガハラノオニババ
足洗邸アシアライヤシキ本所七不思議の一つ。
足長手長アシナガテナガ
足まがりアシマガリ
小豆洗い、小豆とぎアズキアライ、アズキトギ
小豆はかりアズキハカリ
小豆婆アズキババア
あすこここアスコココ
アゼハシリアゼハシリ佐賀県の怪異。稲荷おろしや死霊の呼び出しをしていると、全く関係のない、位のない狐狸がおりてくることをいう。
遊火アソビビ
安宅丸アタケマル
愛宕山太郎坊アタゴヤマタロウボウ大天狗
アツゥイカクラアツゥイカクラ
アツゥイコロエカシアツゥイコロエカシ
悪鬼アッキ
アッコロカムイアッコロカムイ
後追い小僧アトオイコゾウ
アフィラーマジムンアフィラーマジムンマジムン#アフィラーマジムン
アプトルヤムペウェンユクアプトルヤムペウェンユクアイヌに伝わる、激しい暴風雨を起こす空中の魔物。この害を防ぐために、外に篩を置いておくという。
鐙口アブミクチ
油赤子アブラアカゴ
油返しアブラガエシ
油すましアブラスマシ
油徳利アブラトックリ
油取りアブラトリ
油なせアブラナセ
油坊アブラボウ
安倍晴明アベノセイメイ
雨傘アマガサ
甘酒婆アマザケババ(ア)
アマネサクアマネサク灰坊主#類話
天逆毎アマノザコ
天邪鬼、天の邪鬼アマノジャク
アマビエアマビエ
アマビコアマビコ
あま人アマビト
あまぶらこさぎアマブラコサギ
あまめはぎ、あまみはぎアマメハギ、アマミハギ
あまんじゃくアマンジャク天邪鬼
網切、網剪アミキリ
雨女アメオンナ
雨降小僧アメフリコゾウ
あめますアメマス
天降女子アモロウナグ
アヤカシ、アヤカシの怪火アヤカシ、アヤカシノカイカ
アラサラウスアラサラウス
アリエアリエ
粟搗き音アワツキオト
阿波様アンバサマ船や漁業の守り神で、主に千葉県から東北地方にかけての太平洋沿岸の漁村で信仰されている。
アンモアンモ

名前読み備考
いが坊イガボウ
生霊イキリョウ
伊草の袈裟坊イグサノケサボウ
イクチイクチ
池袋の女イケブクロノオンナ
いげぼイゲボ鬼火
囲碁の精イゴノセイ
石川悪四郎イシカワアクシロウ
イジコイジコ
石投げんじょイシナゲンジョ
イシネカプイシネカプアイヌ語で「それが化けた」の意。動植物が人間に化けたものを指す。
イジャロコロガシイジャロコロガシ
異獣イジュウ
磯女イソオンナ
磯餓鬼イソガキ
いそがしイソガシ
磯天狗イソテング
磯撫でイソナデ
磯姫イソヒメ
板鬼イタオニ
鼬の怪イタチノカイ
生邪魔イチジャマ
一目入道イチモクニュウドウ
一目連イチモクレン
一貫小僧イッカンコゾウ
縊鬼イツキ
イッシャイッシャ
一寸法師イッスンボウシ
一反木綿イッタンモメン
飯綱イヅナ
一本足イッポンアシ
一本だたらイッポンダタラ
以津真天イツマデ(ン)
イデモチイデモチ
糸取り狢イトトリムジナ
井戸の神イドノカミ
糸引き娘イトヒキムスメ
いなだ貸せイナダカセ
犬神イヌガミ
隠神刑部イヌガミギョウブ
犬鳳凰イヌホウオウ波山
遺念火イネンビ
茨木童子イバラキドウジ
イペタムイペタムアイヌ語で「人食い刀」の意。その名の通り血に飢えた妖刀で、一度抜いたら血を見ないと鞘におさまらないという。かつて肝振支庁勇払郡穂別町二風谷付近の村にあったと伝わる。
守宮井守イモリ
いやみ、否哉イヤミ、イヤヤ
イワイセポイワイセポアイヌ民族に伝わる、山にすむ巨大な妖怪。ウサギに似て耳が長く、叫び声は鹿に似ているという。
イワエトゥンナイイワエトゥンナイ日本語の文献ではイワエツゥンナイという表記も見られる。
イワコシンプイワコシンプコシンプ
イワサラウスイワサラウス
岩魚(坊主)イワナ(ボウズ)
イワホイヌイワホイヌアイヌに伝わる、大きな角と歯を持った山イタチの妖怪。
イワポソインカライワポソインカラ
石見の牛鬼イワミノウシオニ牛鬼
イワメテイェプイワメテイェプケナシコルウナルペ
陰火インカ
インネンインネン
犬の亡霊インノモウレイ

名前読み備考
浮き物ウキモノ
ウグメウグメ
兎狸ウサギタヌキ
牛打ち坊ウシウチボウ
牛鬼ウシオニ
牛御前ウシゴゼン
丑の時参りウシノトキマイリ
牛マジムンウシマジムンマジムン#牛マジムン
後神ウシロガミ
後眼ウシロメ
臼負い婆ウスオイババ
打綿狸ウチワタダノキ
空穂ウツボ古空穂
鰻男ウナギオトコ
ウバウバ
宇婆ウバ
姥ヶ火ウバガビ
ウバトウイウバトウイ
うばめ取りウバメトリ
ウブウブ
産女、姑獲鳥、憂婦女鳥ウブメ、ウブメドリ
馬憑きウマツキ
馬の足ウマノアシ
厩神ウマヤガミ
海海女ウミアマ
海和尚ウミオショウ
海女ウミオンナ
海禿ウミカブロ
海蜘蛛ウミグモ筑紫の妖怪。船に糸を吐きかけて引っ張るという。
海御前ウミゴゼン
海小僧ウミコゾウ
海座頭ウミザトウ
海爺ウミジジイ海の怪異。普段は姿が見えず、漁師の獲物を横取りするという。
海鳴り小坊主海鳴子坊主ウミナリコボウズ
海入道ウミニュウドウ海坊主
海女房ウミニョウボウ
海坊主ウミボウズ
有夜宇屋志ウヤウヤシ
温羅ウラ
蟒蛇ウワバミ
うわんウワン
雲外鏡ウンガイキョウ

名前読み備考
絵馬の精エマノセイ日本の妖怪。寺社の絵馬の精霊。幽霊のような老人の姿をしている。浅草の駒形道安という医師が出会い、彼に絵馬に関する秘宝を伝授したという。また、ある商人が御香宮神社で休んでいると美しい女の絵馬の精が現われ、宴に誘ったという伝承もある。
襟立衣エリタテゴロモ
煙々羅エンエンラ
エンコエンコ河童
猿猴エンコウ
槐の邪神エンジュノジャシン山梨県南巨摩郡身延町と早川町の境にある身延山の槐の大木の側に粗末な社があり、そこに邪神が棲みついており、日が暮れてからその前を通るときに金目のものをお供えしなければ、祟られると恐れられていたという。
縁障女エンショウジョ飛縁魔
役小角エンノオズヌ
煙羅煙羅エンラエンラ煙々羅

名前読み備考
おいがかりオイガカリ
笈の化け物オイノバケモノかつて足利直義の館に出没した妖怪。背負い収納の笈の上部から人の顔が覗き、折れた刀を口にくわえた姿をしているという。
置行堀オイテケボリ本所七不思議の一つ。
応声虫オウセイチュウ
苧うにオウニ
大頭小僧オオアタマコゾウ
大禿オオカブロ
大かむろオオカムロ
大蟇オオガマ
大煙管オオキセル
大首オオクビ
大蜘蛛オオグモ
大鯉オオゴイ千曲川の主といわれる巨大な鯉。元はさる温泉旅館で飼われていたが、大きくなりすぎて夜な夜な作り置きの弁当をあさるようになり、持て余して川に放したという。また、比叡山の池に棲む人喰い鯉の話もある。
大座頭オオザトウ
大嶽丸(鈴鹿山)オオタケマル坂上田村麻呂伝説日本三大妖怪
大武丸(霧山)オオタケマル坂上田村麻呂伝説
大鯰オオナマズ
大入道オオニュウドウ
大猫オオネコ
大風呂敷オオフロシキ香川県琴南町―現在のまんのう町で日暮れになると、どこからともなく大きな風呂敷が飛んでくるという。
大坊主オオボウズ
逢魔時オオマガトキ
大百足オオムカデ藤原秀郷
お菊虫オキクムシ
オキナオキナ
お倉坊主オクラボウズ
送り鼬オクリイタチ
送り犬オクリイヌ
送り狼オクリオオカミ
送り雀オクリスズメ
送り提灯オクリチョウチン本所七不思議の一つ。
送り拍子木オクリヒョウシギ本所七不思議の一つ。
オケツオケツ
オゴメオゴメ
長壁姫、小刑部姫オサカベヒメ
オサキ御先狐オサキ
長冠オサコウブリ
筬火オサビ
おさん狐オサンギツネ
和尚魚オショウギョ
オショボオショボ
おしら様オシラサマ
白粉婆オシロイババ(ア)
オッパショ石オッパショイシ
音霊オトダマ
おとぼうなまずオトボウナマズ
おとら狐オトラギツネ
踊り首オドリクビ
おとろしオトロシ
オニ日本三大妖怪
鬼熊オニクマ
鬼婆オニババ鬼女
鬼一口オニヒトクチ
鬼火オニビ
鬼娘オニムスメ黄表紙『古々路の鬼(こころのおに)』、『鬼の趣向草(おにのしこぐさ)』等で描かれる妖怪。
鬼童オニワラベ鬼童丸
お歯黒べったり、鉄漿べったりオハグロベッタリ
オハチスエオハチスエ
おばりよんオバリヨン
オボオボ
オボノヤスオボノヤスオンボノヤス
オボラオボラ
朧車オボログルマ
オマクオマク
おまんの母オマンノハハ
おもいオモイ
親にらみオヤニラミ
負われ坂オワレザカ
おんぶおばけオンブオバケおばりよん
女天狗オンナテング
オンボノヤスオンボノヤス
陰摩羅鬼オンモラキ
温羅オンラ温羅(ウラ)
怨霊オンリョウ

か行

名前読み備考
海人カイジン
貝児カイチゴ
カイナデカイナデ加牟波理入道
海難法師カイナンホウシ
貝吹坊カイフキボウ
海妖カイヨウ
ガウルガオロガウル、ガオロ河童
案山子神カカシガミ
餓鬼ガキ
隠里カクレザト
隠れ座頭カクレザトウ
隠れ婆カクレババア
影女カゲオンナ
影鰐カゲワニ
元興寺ガゴゼ
傘差し狸カササシタヌキ
傘化けカサバケからかさ小僧
鍛冶媼カジガババ
火車カシャ
がしゃどくろガシャドクロ
カシャ(ン)ボカシャ(ン)ボ
かぜだまカゼダマ
カセドリカセドリ
火前坊カゼンボウ
火象カゾウ沙門地獄の一つ、火象地獄にいるとされる獣。
片脚上臈カタアシジョウロウ
片足ピンザカタアシピンザ沖縄県宮古島に伝わる妖怪。「ピンザ」とは「山羊」の事で、夜間の通行人もしくは車の後を、一本足もしくは三本足の山羊が追いかけてくるといわれている。
がたがた橋ガタガタバシ
片耳豚カタキラウワ
片車輪カタシャリン片輪車
片葉の葦カタバノアシ本所七不思議の一つ。
帷子辻カタビラガツジ
片輪車カタワグルマ
がたろガタロ河童
河童カッパ日本三大妖怪
桂男カツラオトコ
金霊カナダマ
蟹坊主カニボウズ
金玉カネダマ
金槌坊カナヅチボウ
金の神の火カネノカミノヒ
河伯カハク
かぶきり小僧カブキリコゾウ
カブキレワラシカブキレワラシ
かぶそカブソ
蝦蟇ガマ
鎌鼬、窮奇カマイタチ
蟷螂坂かまきりざか鎌鼬#各地の民間伝承
叺親父カマスオヤジ
かまど神カマドガミ
髪鬼カミオニ
髪切り、髪切虫カミキリ、カミキリムシ
紙舞カミマイ
神マヤーカミマヤー比嘉涼子著『沖縄マジムン図鑑』に紹介されている、沖縄県に数百年居続けるという猫の神様。「マヤー」とは「猫」のこと。
ガメガメ
瓶長カメオサ
亀姫カメヒメ
蚊帳吊り狸カヤツリタヌキ
からかさ(小僧)カラカサ(コゾウ)
空木倒しカラキダオシ
烏天狗カラステング
ガラッパガラッパ
仮家カリイエ
画霊ガレイ
川赤子カワアカゴ
川獺カワウソ
河媼カワウバ
カワエロカワエロ
川男カワオトコ
河女カワオナゴ
川熊カワグマ
河虎カワコ河童
川猿カワザル
川女郎カワジョロウ
かわそカワソカワウソ#伝承の中のカワウソ
川太郎、河太郎カワタロウ河童
川天狗カワテング
川者カワノモノ河童
川姫カワヒメ
川螢カワボタル
川ミサキカワミサキ
川者カワモノ河童
岸涯小僧ガンギコゾウ
カンチキカンチキ山梨県の南都留郡のとある大きな淵に住むという、かなり凶暴な水の妖怪。「堅牢な甲羅」と「烏天狗のような凶悪な顔付き」を持つといい、おそらく河童の一種と思われる。
鑵子転ばしカンスコロバシ
カンツメ、カンテメカンツメ、カンテメ
龕の精ガンノセイマジムン#龕のマジムン
元三大師ガンサンダイシ良源
加牟波理入道カンバリニュウドウ

名前読み備考
キーヌシーキーヌシー
祇園鮫ギオンザメ
気狐キコ
岸辺小僧キシベコゾウ
キジムナー、キジムンキジムナー、キジムン
鬼女キジョ
鬼神キシン
木心坊キシンボウ
狐松明キツネタイマツ狐火
狐憑きキツネツキ
狐の嫁入りキツネノヨメイリ
狐火キツネビ
鬼童鬼童丸キドウ、キドウマル
絹狸キヌタヌキ
木の子キノコ
馬魔ギバ
鬼髪キハツ髪鬼
君手摩キミテズリ
木娘キムスメ寺社にある樹木が巨大な女性の姿をとる(ように見えた場合も含む)こと。
キムナイヌキムナイヌ
鬼門キモン
窮鬼キュウキ
牛鬼ギュウキ
旧鼠キュウソ
キュウモウ狸キュウモウタヌキ
狂骨キョウコツ
経蔵坊狐キョウゾウボウギツネ桂蔵坊
刑部狸ギョウブダヌキ隠神刑部
経凛々キョウリンリン
清姫キヨヒメ
桐一兵衛キリイチベイ
ギルマナアギルマナア
金火キンカ
金魚の幽霊キンギョノユウレイ
金長狸キンチョウダヌキ
君真物キンマモン沖縄県に伝わる神様で、琉球神道の最高神でありキンマモンとは「最高の精霊」という意味を持つ。

名前読み備考
空狐クウコ
クサビラクサビラ
グズグズ
葛の葉狐クズノハギツネ
九頭竜クズリュウ
九千坊クセンボウ九州の河童の頭目。九州には九千匹の河童がいるとされることから、この名がある。
管狐クダギツネ
クダベクダベ
クダン
沓頬クツツラ
くねゆすりクネユスリ
首かじりクビカジリ
首切れ馬クビキレウマ
首つり狸クビツリタヌキ
縊鬼クビレオニ縊鬼(イツキ)
狗賓グヒン
蜘蛛火クモビ
海月の火の玉クラゲノヒノタマ
倉婆クラババア
倉坊主クラボウズ
倉ぼっこクラボッコ
鞍馬天狗クラマテング大天狗
鞍馬山僧正坊クラマヤマソウジョウボウ大天狗鞍馬天狗
倉光・ 喰介クラミツ・クラエノスケ田村語り
くらやみ目クラヤミメ
鞍野郎クラヤロウ
黒髪切りクロカミキリ
黒塚クロヅカ
クロッポコ人クロッポコジン
黒手クロテ
黒入道クロニュウドウ海坊主
黒坊クロボウ塗仏
黒坊主クロボウズ
黒仏クロボトケ岩手県のある村で、秘事念仏宗の至尊仏を「黒仏」といった。やさしい顔で現れたり、気に入らないときにはあちこちに飛び回ったという。これがいる家は栄えるという座敷わらし的な一面もある。
元興寺グワゴゼ元興寺(ガゴゼ)
食わず女房クワズニョウボウ

名前読み備考
桂蔵坊ケイゾウボウ
毛いっぱいケイッパイおとろし
毛羽毛現、希有希現ケウケゲン
下国の人ゲコクノヒト五体面
ケサランパサラン、ケセランパセランケサランパサラン、ケセランパサラン
芥子坊主ケシボウズ
毛倡妓ケジョウロウ
けち火ケチビ
血塊ケッカイ
ゲドゲドウゲド、ゲドウ
ゲドガキのバケモンゲドガキノバケモン
ケナシウナラペケナシコルウナルペケナシウナラペ、ケナシコルウナルペ
倩兮女ケラケラオンナ
源五郎狐ゲンゴロウギツネ大和にて人の手助けをしていたという狐。飛脚として文を届けたとき、山中で犬に殺されたとされる。
懸衣翁ケンエオウ、ケンネオウ
ケンムン、ケンモンケンムン、ケンモン

名前読み備考
小池婆コイケババ
五位の光ゴイノヒカリ青鷺火
虎隠良コインリョウ
幸菴狐コウアンギツネ
小右衛門火コエモンビ
古烏コガラス葬られた人を掘り出して食う千年もの歳の烏
ごぎゃ啼きゴギャナキ
虚空太鼓コクウダイコ
黒人坊コクジンボウカク猿#類話
古庫裏婆コクリババア
コサメ小女郎コサメコジョロウ
小雨坊コサメボウ
越娘コシムスメ
コシュンプコシンプコシュンプ、コシンプ
古戦場の火、古戦場火コセンジョウノヒ、コセンジョウビ
小僧狸コゾウタヌキ
こそこそ岩コソコソイワ
小袖の手コソデノテ
五体面ゴタイメン
木霊、木魅コダマ
小玉鼠コダマネズミ
五徳猫ゴトクネコ
琴古主コトフルヌシ
言霊坊主コトダマボウズ
子とろ子とろコトロコトロ嫉妬深い女が妖怪となり子供を喰らう
子泣き爺、児啼爺コナキジジイ
児啼婆コナキババア
木の葉天狗コノハテング
小坊主コボウズ
牛蒡種ゴボウダネ、ゴンボダネ
コボッチコボッチ
米つきわらしコメツキワラシ座敷童子
米とぎ婆コメトギババ
古籠火コロウビ
コロポックルコロポックル
衣蛸コロモダコ
狐者異コワイ
ゴンゴゴンゴ岡山県真庭郡湯原町――現在の真庭市に伝わる河童で「ゴンゴージ」とも呼ばれる。
権五郎火ゴンゴロウビ
金色姫コンジキヒメ蚕影神社
蒟蒻の幽霊コンニャクノユウレイ
金平鹿コンヘイカ坂上田村麻呂伝説

さ行

名前読み備考
囀り石サエズリイシ
逆柱サカバシラ
さがりサガリ
酒買小僧サケカイコゾウ
鮭の大助サケノオオスケ
栄螺鬼サザエオニ
座敷小僧、座敷坊主ザシキコゾウ、ザシキボウズ
座敷童子ザシキワラシ
座頭頭ザトウガシラ海坊主
サトリ
実盛虫サネモリムシ斎藤実盛#史跡・伝承
皿数えサラカゾエ
猿神サルガミ
さるとらへびサルトラヘビ高賀神社
沢女サワオンナ秩父の山中に現れた妖怪。川を汚す者に祟りを為すという。
早良親王サワラシンノウ
ザンザン
三吉鬼サンキチオニ
山神サンジン
サンジャクゴロシサンジャクゴロシ山梨県北杜市に伝わる蛇の妖怪。南アルプス山中に棲んでいて、緑色をしており、一尺センチ程の大きさで、噛まれると三尺歩くことも出来ぬまま死ぬといわれている。
三味太郎サンミタロウ富山県や石川県に伝わる。火葬場で死体を千体以上焼くと死霊が集まり、人の様な形になるという。それを「三昧太郎」と呼ぶ。
三目八面サンメヤヅラ
山本五郎左衛門、山ン本五郎左衛門サンモトゴロザエモン
山霊サンレイ

名前読み備考
シイシイ青、𤯝(「生」の下に「月」の字、代字として「眚」が用いられることがある)
水虎様シイッコサマ
地黄煎火ジオウセンビ
塩の長司シオノチョウジ
鹿姫シカヒメ
式王子シキオウジ式神
式神、識神シキガミ
敷次郎シキジロウ鉱山等に現れる幽霊のような妖怪。顔が蒼白で言葉は通じないという。なお、『敷』とは坑道を指す“シキ”を意味する。
ジキトリジキトリ
志許売、醜女シコメ神話に出てくる黄泉国の鬼。
静か餅シズカモチ
しだい坂シダイザカ
次第高シダイダカ
舌長婆シタナガババ
シタガラゴンボコシタガラゴンボコ
シチシチ
七人同行シチニンドウギョウ
七人童子シチニンドウジ
七人ミサキシチニンミサキ
七歩蛇シチフジャ、シチホダ
七本鮫シチホンザメ
治鳥ジチョウ
死神シニガミ
篠崎狐シノザキギツネ
信田の狐シノダノキツネ葛の葉狐
芝右衛門狸シバエモンタヌキ
シバカキシバカキ
柴神シバガミトウビョウ 又は、通りがかりに柴を手向ける風習があるという道祖神のこと。
シバテン芝天狗シバテン、シバテング
死人憑シビトツキ
シマーブーシマーブー
杓子岩シャクシイワ
蛇骨婆ジャコツババア
蛇帯ジャタイ
社日様シャニチサマ田の神であり、保食神であるともいわれている。
蛇の目傘のヒヒジャノメガサノヒヒ香川県に伝わる、薄暗い山道に現れるという妖怪。
三味長老シャミチョウロウ
しゃんしゃん火シャンシャンビ天火
邪魅ジャミ
ジャンジャン孕のジャン
じゃんじゃん火ジャンジャンビ
重箱婆ジュウバコババ
数珠掛ジュズカケ青森県三戸郡などで、首の周りに白い毛のある狐を指す。
出世螺シュッセボラ
酒呑童子、酒顛童子シュテンドウジ日本三大妖怪
朱の盆、朱の盤シュノボン、シュノバン
樹木子ジュボッコ
巡礼狼ジュンレイオオカミ
小鬼ショウキ
鍾馗ショウキ
正吉河童ショウキチカッパ
しょうけら、精螻蛄ショウケラ
常元虫浄元虫ジョウゲンムシ
鉦五郎ショウゴロウ
状探しジョウサガシ愛媛県温泉群重信町――現在の東温市に伝わる、小雨の降る晩に出るという怪火。
猩々ショウジョウ
正塚婆ショウヅカノババ奪衣婆
精霊田ショウライダ
精霊風ショウロウカゼ
絡新婦、女郎蜘蛛ジョロウグモ
白小僧シラコゾウ、シロコゾウ古酒屋の南にある竹藪から雨傘を差して現れるという。
白頭シラコビ石川県鹿島郡に伝わる妖怪。正体は不明だが、狐や狸の年老いたものだといわれる。毎晩お宮に出て、生まれたばかりの赤ん坊を串に刺して、囲炉裏であぶる等の悪さをしたという。見回りが打ち負かしてからは出なくなったという。
白醜人シラシュウト
白児シラチゴ
不知火シラヌイ
しらみゆうれんシラミユウレン
尻こぼしシリコボシ
尻の目シリノメ
死霊シリョウ
白い蝶シロイチョウ
白うかりシロウカリ
しろうずまシロウズマ香川県綾歌郡綾上町―現在の綾川町の牛川に伝わる妖怪。白い石の様な姿をしており、畑に積んである藁などを取り除くと、いるという。
白溶裔シロウネリ
白徳利シロトクリ
白坊主シロボウズ
ジロムンジロムン
シン
シングリマクリシングリマクリ
辰狐シンコ
神社姫ジンジャヒメ
神野悪五郎シンノアクゴロウ
ジンベイサマジンベイサマ
人面瘡(疽)ジンメンソウ

名前読み備考
水虎スイコ
吸いかずらスイカズラ
水釈様スイシャクサマ帝釈天の使いとされる蛇の神(霊)。住処と身重の妻を奪われた蛇の生き霊が道行く人々を大きく光る目玉で睨みつけ「作物が育たなくなる」等の祟りが明治期まで続いたため、『水釈様』として祀ったところ、祟りは無くなったという。
水精の翁スイセイノオキナ
スウリカンコスウリカンコ
菅原道真スガワラノミチザネ日本三大怨霊
朱雀門の鬼スザクモンノオニ
鈴鹿御前スズカゴゼン坂上田村麻呂伝説
煤け提灯ススケチョウチン
鈴彦姫スズヒコヒメ
雀送りスズメオクリ送り雀
硯の精硯の魂スズリノセイ、スズリノタマシイ
魑魅スダマ
すっぽんの幽霊スッポンノユウレイ
崇道天皇スドウテンノウ早良親王
崇徳上皇ストクジョウコウ日本三大怨霊
砂かけ婆スナカケババア
砂ふらしスナフラシ砂かけ婆
砂撒き狸スナマキダヌキ砂かけ婆
スネカスネカ
すねこすりスネコスリ
ずんべら坊ズンベラボウのっぺらぼう

名前読み備考
精魔セイマキジムナー
瀬女セオンナ瀬坊主
石妖セキヨウ
セコセコ
殺生石セッショウセキ
瀬戸大将セトタイショウ
銭貸しゼニカシ徳島県三好市山城町に伝わる妖怪。節分の夜になると、柿野山神籠岩(ひもろぎいわ)の奥にある四つ辻に現れるという。銭の入った袋を担ぎ、銭を貸してくれるが、次の節分の夜に返さなければ、恐ろしい事になるといわれている。
銭神ゼニガミ
瀬坊主セボウズ
前鬼・後鬼ゼンキ・ゴキ
洗濯狐センタクキツネ
禅釜尚ゼンフショウ
センポクカンポクセンポクカンポク

名前読み備考
叢原火ソウゲンビ
宗固狸ソウコタヌキ
宗旦狐ソウタンギツネ
そうはちぼんソウハチボン
袖引小僧ソデヒキコゾウ
袖もぎさん、袖もぎ様ソデモギサン、ソデモギサマ
空神ソラガミ→天狗
空木返しソラキガエシ天狗倒し
算盤坊主ソロバンボウズ
ソンツルソンツル

た行

名前読み備考
大光寺の怪異ダイコウジノカイイある公家の祈祷所であった大光寺という寺に現われた。眠る人間の入る蚊帳をするすると持ち上げ、僧の姿をした何者かがぬっと顔を覗き込んでくるが、これはいくら切っても突いても、また祈祷などをしても全く効果がなかったという。
大太郎坊ダイタラボウダイダラボッチ
だいだらぼうし、だいだら法師ダイダラボウシダイダラボッチ
ダイダラボッチダイダラボッチ
大天狗ダイテング
大天婆ダイテンババア
大ふきダイフキ
頽馬タイバ
松明丸タイマツマル天狗火
平将門タイラノマサカド日本三大怨霊
高女タカオンナ
高入道タカニュウドウ
高坊主タカボウズ
高丸タカマル
多娥丸タガマル金平鹿
田がらしタガラシ
ダキダキ
滝霊王タキレイオウ
たきわろタキワロ岸涯小僧
たくろう火タクロウビ
竹伐狸タケキリダヌキ
たこタコ
畳叩きタタミタタキ
たたりもっけタタリモッケ
奪衣婆ダツエバ
タツクチナワタツクチナワ
立烏帽子 (鬼)タテエボシ鈴鹿御前
立て烏帽子タテエボシ佐渡島では海上の妖怪を指し、得体の知れぬ高いものが数十間も立ち上がり、船に向かって倒れかかってくるという。
タテクリカエシタテクリカエシ
棚婆タナババ
狸憑きタヌキツキ
狸囃子タヌキバヤシ本所七不思議の一つ。
狸火タヌキビ
田の神タノカミ
旅の人タビノヒト河童
タマガイタマガイ
タマセタマセ
玉藻前タマモノマエ日本三大妖怪
袂雀タモトスズメ夜雀
ダラシダラシヒダル神
ダリダリヒダル神
俵藤太タワラノトウダ
タンコロリンタンコロリンタンタンコロリン
団三郎狸ダンザブロウダヌキ
タンタンコロリンタンタンコロリン
だんだん法師ダンダンホウシダイダラボッチ

名前読み備考
ちいちい袴チイチイバカマ
乳の親チーノウヤ
力持ち幽霊チカラモチユウレイ
千々古チヂコ宙を飛ぶ黒い球体のような妖怪。捕まえてみると、ただの鈴の入った鞠だったという話もある。
乳っこかつぎチチッコカツギ東京都三宅島に伝わる、山中に現れる妖怪。肩に乳房を掛けた女性の姿をしており、男性を化かすといわれている
魑魅チミ
茶釜下ろしチャガマオロシ
茶袋チャブクロ
宙狐、中狐チュウコ
蝶化身チョウケシン
提灯お岩チョウチンオイワ
提灯お化けチョウチンオバケ
提灯小僧チョウチンコゾウ
提灯火チョウチンビ
長面妖女チョウメンヨウジョ
猪口暮露チョクボロン
チョマトーチョマトー
塵塚怪王チリヅカカイオウ
チロンノップカムイチロンノプッカムイアイヌ語で「チロンノップ」は「狐」、「カムイ」は「神」を意味する。
ちんちろりチンチロリ京都の道祖峠に現れた妖怪。夜道で人の後をつけ、「○○殿はちんちろり」と言ってからかう。
ちんちん小袴チンチンコバカマちいちい袴

名前読み備考
ついたか見てくろツイタカミテクロ岐阜県揖斐郡谷汲村―現在の揖斐川町に伝わるお歯黒の妖怪。
衝立狸ツイタテダヌキ
杖突きツエツキ
月の兎ツキノウサギ
付喪神ツクモガミ
付紐小僧ツケヒモコゾウ
辻神ツジガミ
土蜘蛛ツチグモ
土転び槌転ツチコロビ
槌の子ツチノコ
恙虫ツツガムシ
苞蛇ツトヘビ槌の子
常元虫ツネモトムシ常元虫(ジョウゲンムシ)
角盥漱ツノハンゾウ
角椀漱ツノワンセキ
面女ツラオンナ
つらら女ツララオンナ
釣瓶落としツルベオトシ
釣瓶火ツルベビ
ツンツン様ツンツンザマ

名前読み備考
手洗鬼テアライオニ
手負蛇テオイヘビ
手形傘テガタガサ
鉄鼠テッソ
テッチテッチ
手長足長テナガアシナガ
手長婆テナガババア
手の目テノメ
寺つつきテラツツキ
テン
天火テンカ
天狗テング日本三大妖怪
天狗隠し天狗攫いテングカクシ、テングサライ
天狗太鼓テングダイコ
天狗倒しテングダオシ
天狗礫テングツブテ
天狗のみあかしテングノミアカシ老人火
天狗囃子テングバヤシ
天狗火テングビ
天狗笑いテングワライ
天狐テンコ
テンコロバシテンコロバシ
テンサラバサラテンサラバサラケサランパサラン
天一様テンイチサマ行き逢い神の類。
テンジテンジ
天井の足テンジョウノアシ『新怪談集 実話編』にある、小説家「山中峯太郎」が九つの時の体験談にある怪異。
天井下り天井下がりテンジョウクダリ、テンジョウサガリ
天井嘗テンジョウナメ
天吊しテンヅルシ
天火テンビ
テンマルテンマル

名前読み備考
トイポクンオヤシトイポクンオヤシ
トイレの花子さんトイレノハナコサン都市伝説
とうせん坊トウセンボウ岩手県に伝わる怪異で、福井県の東尋坊伝説の一つ。
道成寺の鐘ドウジョウジノカネ安珍・清姫伝説
灯台鬼トウダイキ
道通さまドウツウサマトウビョウ
藤内狐トウナイギツネ鳥取県米子市の戸上山に棲んでいた化け狐
胴面ドウノツラ
トウビョウトウビョウ
豆腐小僧トウフコゾウ
どうもこうもドウモコウモ
トゥレンペトゥレンペ
通り悪魔通り者トオリアクマ、トオリモノ
髑髏の怪ドクロノカイ目競
トシドントシドン
刀自待火トジマチャービー
ドチドチ
徳利回しトックリマワシ
百々目鬼トドメキ、ドドメキ
飛銚子トビチョウシ
共潜、伴かづぎトモカヅキ、トモカヅギ
トラサンペトラサンペアイヌ語で「湖の化物」「湖の苔の心臓」という意味を持ついわゆるマリモのこと。
トリケトリケ変死した者の魂は「トリケ」となり、その場に留まり続けるという。
トリダシトリダシ
土用坊主ドヨウボウズ
鳥山石燕トリヤマセキエン
泥田坊ドロタボウ
トンカラトントンカラトン都市伝説
トンボ神トンボガミトウビョウ

な行

名前読み備考
ナエガツクナエガツク
長井戸の怪ナガイドノカイ
仲西へーいナカニシヘーイ沖縄県那覇市に伝わる妖怪。潮渡橋で「仲西ヘーイ」と呼びかけると現れるといわれている。「ヘーイ」は「やーい」という意味の呼び掛けの言葉。
流れ行燈ナガレアンドン
泣塔ナキトウ
泣き婆ナキババア夜泣き婆
撫で座頭ナデザトウ
七つ目女ナナツメオンナ人の物を盗むといわれている
七尋蛙ナナヒロガエル
七尋女房ナナヒロニョウボウ
ナベソコナベソコ
鯰神ナマズガミ
鯰狐ナマズギツネ
生団子ナマダンゴ
ナマトヌカナシナマトヌカナシ鹿児島県で、2月の壬の日に催される「迎え祭り」と4月の壬の日に催される「お送り祭り」のときに現われる農耕の神。足、尾、角がそれぞれ8本ずつある大きな牛の姿をしているという。
生剥ナマハゲ
浪小僧ナミコゾウ
嘗女ナメオンナ
なめくじらナメクジラ滝沢馬琴著『鯨魚品尺革羽織』にある、なめくじと鯨を融合したような妖怪。
鳴釜ナリカマ、ナリガマ、ナルカマ
縄筋ナワスジ
納戸婆ナンドババ

名前読み備考
仁王さんニオウサン道祖神
にがわらいニガワライ
肉吸いニクスイ
二恨坊の火ニコンボウノヒ
偽汽車ニセキシャ
ニタッウナラベニタッウナラベケナシコルウナルペ
ニタッラサンペニタッラサンペ
二反生えニタンバエ鹿児島県志布志町中川内―現在の志布志市に伝わる、二反もの反物が地面から生えてくるという怪異。
入道坊主ニュウドウボウズ
入内雀ニュウナイスズメ
乳鉢坊ニュウバチボウ
如意自在ニョイジザイ
人魚ニンギョ
人形の霊ニンギョウノレイ
人面樹ニンメンジュ

名前読み備考
ヌエ
抜け首ヌケクビろくろ首
ぬっぺふほふ、ぬっぺらぼうヌッペフホフ、ヌッペラボウ
布がらみヌノガラミ
ヌプリケスングルヌプリケスングルアイヌに伝わる熊の姿をしているといわれ人を獲って喰らうといわれている
沼御前ヌマゴゼン
ぬらりひょんヌラリヒョン
塗壁ヌリカベ
塗坊ヌリボウ
塗仏ヌリボトケ
ぬるぬる坊主ヌルヌルボウズ
濡女子ヌレオナゴ濡女とは別の妖怪
濡女ヌレオンナ濡女子とは別の妖怪

名前読み備考
猫南瓜ネコカボチャ
猫神ネコガミ、ネコガメ猫の憑き物で使役する家もあったといわれる。大分では犬神よりも危険とされる。
猫檀家ネコダンカ
猫憑きネコツキ
猫又、猫股ネコマタ
猫股の火ネコマタノヒ
猫娘ネコムスメ
禰々子ネネコ
寝惚堕ネブオリ寝肥
ネブッチョウネブッチョウ
寝肥ネブトリ

名前読み備考
のうまノウマ
野鎌ノガマ
野宿火ノジュクビ
のた坊主ノタボウズ
ノツゴノツゴ
野槌ノヅチ
のっぺらぼうノッペラボウ
野鉄砲ノテッポウ
野寺坊ノデラボウ
野火ノビ
伸上り伸上り入道ノビアガリ、ノビアガリニュウドウ
野衾ノブスマ
野守虫ノモリムシ
乗越入道ノリコシニュウドウ
糊付けノリツケすれ違った人に糊をつけて身動きを取れなくし、その隙に食べてしまう。

は行

名前読み備考
灰ばばあハイババア
パウチカムイパウチカムイ
ハカゼハカゼ
馬鹿囃子バカバヤシ狸囃子
バク
白蔵主ハクゾウス
白沢ハクタク
白面金毛九尾の狐ハクメンコンモウキュウビノキツネ
化け銀杏の精、化け銀杏の霊バケイチヨウノセイ、バケイチョウノレイ
化け蟹バケガニ蟹坊主
化鯨バケクジラ
化け草履バケゾウリ
化け狸バケダヌキ
化灯籠バケドウロウ
化け猫バケネコ
化け火バケビ
化け古下駄バケフルゲタ
狸伝膏バケモノコウ河童の妙薬#類例
化物婆バケモノババ
馬骨バコツ土佐お化け草紙に描かれている。火事で焼け死んだ馬の妖怪。
婆娑婆娑波山バサバサ、バサン
はじかきハジカキ
橋姫ハシヒメ
芭蕉精バショウノセイ
畑怨霊ハタオンリョウ
バタバタパタパタパタパタ畳叩き
機尋ハタヒロ
ハツレンハツレン愛知県刈谷恩田町の松雲院境内の洞穴に棲むといわれる人語を解する白狐
バチヘビバチヘビ槌の子
髪魚ハツギョ
八百八狸ハッピャクヤタヌキ隠神刑部
箒神ハハキガミ箒神(ホウキガミ)
ハニマノカブルハニマノカブル鹿児島県沖永良部島に伝わる妖怪
脛巾脱ぎハバキヌギ
蛤女房ハマグリニョウボウ
浜姫ハマヒメ
パヨカカムイパヨカカムイ
はらだしハラダシ
孕のジャンハラミノジャン
針女ハリオナゴ
バロウ狐バロウギツネ
ハンザキハンザキ
反魂香、返魂香ハンゴンコウ
般若ハンニャ

名前読み備考
比叡山法性坊ヒエイザンホウショウボウ大天狗
ヒカギリヒカギリ徳島県三好市に伝わる妖怪。山神や水神が蛇に変化した姿だといわれ、首に輪を持つという。
火消婆ヒケシババ
ヒザマヒザマ
びしゃがつく、ぴしゃがつくビシャガツク
ビジンサマビジンサマ
火魂ヒダマ
ヒダル神ヒダルガミ
一声呼び一声叫びヒトコエヨビ、ヒトコエサケビ
人魂ヒトダマ
一つ車ヒトツグルマ
一つだたらヒトツダタラ一本だたら
一つ目小僧ヒトツメコゾウ
一つ目入道ヒトツメニュウドウ
一目坊ヒトツメボウ
一目連ヒトツメノムラジ
一つ家の鬼婆ヒトツヤノオニババ浅茅ヶ原の鬼婆
火取り魔ヒトリマ
飛縁魔ヒノエンマ
火の車ヒノクルマ
ヒバカリヒバカリ赤い色をした小さい蛇で、噛まれれば、朝なら晩に、晩なら朝には死ぬといわれている。
狒々ヒヒ
火間虫入道ヒマムシニュウドウ
百目ヒャクメ
百鬼夜行ヒャッキヤギョウ、ヒャッキヤコウ
ひょうすえ、ひょうすべ、ヒョウズンボヒョウスエ、ヒョウスベ、ヒョウズンボ
瓢箪小僧ヒョウタンコゾウ
ひょうとくヒョウトク
屏風のぞきビョウブノゾキ
日和坊ヒヨリボウ
比良山次郎坊ヒラヤマジロウボウ大天狗
蛭子様ヒルコサマ
蛭持ちヒルモチ島根県に伝わる憑き物の一種。蛭の外道を持つ憑き筋(家系)で「蛭の外道持ち」あるいは「蛭持ち」と呼ばれ、家庭が裕福になる。こういった蛭の外道を分けてくれる神社が兵庫県にあったという。
びろーんビローン
琵琶牧々ビワボクボク
火をかせヒヲカセ
人形神ヒンナガミ
貧乏神ビンボウガミ
ヒーヒ猿ヒーヒーザル病人に憑き、無神経にしてしまうといわれている。

名前読み備考
風神フウジン
風狸フウリ
ぶかっこうブカッコウ
吹き消し婆フキケシババア火消婆
文車妖妃フグルマヨウビ
袋担ぎフクロカツギ
袋下げフクロサゲ
袋狢フクロムジナ
藤原千方の四鬼フジワラノチカタノヨンキ
藤原秀郷フジワラノヒデノサト
藤原義孝フジワラノヨシタカ
フスマ
二口女フタクチオンナ
札返しフダカエシ
淵猿フチザル
経立フッタチ
布団かぶせフトンカブセ
ブナガヤブナガヤ
フナシドキフナシドキ船の中に入り、人を食べる怪魚。
船幽霊(舟幽霊)フナユウレイ
船入道フナニュウドウ海坊主
不落不落ブラブラ
ふらり火フラリビ
フリ、フリカムイフリ、フリカムイ日本語の文献ではフリーカムイという表記も見られる。
古空穂フルウツボ
古杣フルソマ
古椿の霊、古山茶の霊フルツバキノレイ
震々ブルブル
ぶんぶん岩ブンブンイワ岩の近くで殺された19歳の娘がその恨みで怪異を起こしたとされる岩。

名前読み備考
平四郎虫ヘイシロウムシ
幣六ヘイロク
べか太郎ベカタロウペロリ太郎
べとべとさんベトベトサン
蛇神ヘビガミ
蛇蛸ヘビダコ北九州等の海岸に住む人々が目撃するという、蛇が蛸に変化するという怪異。
蛇蠱ヘビミコ
ペロリ太郎ペロリタロウ
弁慶堀の河太郎ベンケイボリノカワタロウ
ペンタチコロオヤシペンタチコロオヤシ

名前読み備考
ほいほい火ホイホイビ
箒神ホウキガミ
彭侯ホウコウ
坊主狸ボウズダヌキ
ほうそう魚ホウソウギョ
方相氏ホウソウシ
疱瘡神ホウソウシン
疱瘡婆ホウソウババア
頬撫でホオナデ
ボゼボゼ
細手ホソデ
払子守ホッスモリ
ほっちょ婆ホッチョバア
骨女ホネオンナ
骨傘ホネカラカサ
骨鯨ホネクジラ化鯨
ホヤウ、ホヤウカムイホヤウ、ホヤウカムイ
暮露暮露団ボロボロトン
ポンエカシポンエカシアイヌ語で小さい老翁。

ま行

名前読み備考
舞首マイクビ
魔王尊マオウソン
枕返し、反枕マクラガエシ
マジムンマジムン
マドマド
魔法様マホウサマ
豆狸マメダヌキ
麻桶毛マユゲ麻桶の毛
迷い家マヨイガ
迷い船マヨイブネ
迷わし神マヨワシガミ巡り神ともいい、年や日によって居る方角を異にすることで人を迷わせるという。
饅頭喰わせマンジュウクワセ尾張国の犬山に出たという妖怪。明和年間、毒饅頭を子供に喰わせる「饅頭喰わせ」が出たという。

名前読み備考
見上入道ミアゲニュウドウ
箕借り婆ミカリババ
見越入道ミコシニュウドウ
ミサキミサキ
飯笥ミシゲー
水くしミズクシ石川県鳳至郡能都町―現在の鳳珠郡能登町に伝わる海の妖怪。
水乞幽霊ミズコイユウレイ
、蜃ミズチ
溝出ミゾイダシ
ミソカヨーミソカヨー
道塞ぎミチフサギ
三つ目小僧ミツメコゾウ
三つ目入道ミツメニュウドウ
三目八面ミツメハチメン三目八面(サンメヤヅラ)
身の毛立ミノケダチ
蓑火ミノビ
蓑草鞋ミノワラジ
妙多羅天ミョウタラテン
耳無豚ミンキラウワ片耳豚
ミムトゥチ、ミントゥチ、ミントチミムトゥチ、ミントゥチ、ミントチ日本語の文献ではミンツチと表記されることも多い

名前読み備考
ムィティチゴロムィティチゴロ
迎え犬ムカエイヌ
百足(神)ムカデ(ガミ)
無眼ムガン撫で座頭
無垢行騰ムクムカバキ
むさ火ムサビじゃんじゃん火
ムジナ
ムチ
馬鹿ムマシカ
ムラサムラサ

名前読み備考
目競メクラベ
飯食い幽霊メシクイユウレイ
メドチメドチ
目玉しゃぶりメダマシャブリ
目一つ坊メヒトツボウ一つ目小僧
めろり観音メロリカンノン秋田県秋田市牛島に伝わる。ここの里に災いがある時に、この観音が女に化けて夜な夜な泣き歩くのだという。
面霊気メンレイキ

名前読み備考
魍魎モウリョウ
木魚達磨モクギョダルマ
目目連モクモクレン
モクリコクリモクリコクリ
亡者火モジャビモンジャ
モシリシンナイサ、モシリシンナイサムモシリシンナイサ、モシリシンナイサム
物岩モノイワ
物の怪モノノケ
紅葉モミジ
木綿ひき婆モメンヒキババ
百々爺モモンジイ
茂林寺釜モリンジノカマ
亡霊火モレビモンジャ
モンジャモンジャ

や行

名前読み備考
ヤウシケプヤウシケプアッコロカムイ
野干ヤカン
薬缶吊るヤカンヅル
夜行さんヤギョウサン
疫病神ヤクビョウガミ
野狐ヤコ
屋島の禿ヤシマノカムロ太三郎狸
八咫烏ヤタガラス
夜道怪ヤドウカイ
宿守ヤドモリ土佐お化け草紙に描かれている殺された宿守の妖怪
ヤナヤナ
柳女ヤナギオンナ
柳の精ヤナギノセイ飛騨に伝わる『十六人谷』の伝説に現れる怪。峠の柳の雄株を伐り倒した十六人の木樵を雌株の精が取り殺し、うち一人は五十年も経ってから復讐を遂げたという。
柳婆ヤナギババア
家鳴、鳴屋ヤナリ
山赤子ヤマアカゴ
山荒ヤマアラシ
病田ヤマイダ病田(ヤミダ)
山犬ヤマイヌ送り犬
山男ヤマオトコ
山おらびヤマオラビ
山颪ヤマオロシ
山女ヤマオンナ山姫
山神楽ヤマカグラ
ヤマガロヤマガロ
山くじらヤマクジラ滝沢馬琴著『鯨魚品尺革羽織』にある、猪と鯨を合成したようなモノ。
やまこヤマコ
山爺ヤマジジイ
八岐大蛇、八俣遠呂智ヤマタノオロチ
山地乳ヤマチチ
山父ヤマチチ
山天狗ヤマテング
山のアラシヤマノアラシ
山の神ヤマノカミ
山囃子ヤマバヤシ
山彦、幽谷響ヤマビコ
山姫ヤマヒメ
山ミサキヤマミサキ
山童ヤマワラワ、ヤマワロ
山操ヤマワロ
山姥ヤマンバ、ヤマウバ
ヤマンボヤマンボ
病田ヤミダ
槍毛長ヤリケチョウ
ヤロカ水ヤロカミズ
ヤンボシヤンボシ

名前読み備考
ユーリーユーリー
幽霊傘ユウレイガサ
幽霊機関車ユウレイキカンシャ偽汽車
幽霊狸ユウレイダヌキ
幽霊憑ユウレイツキ
幽霊船ユウレイブネ
行逢神ユキアイガミ
雪女ユキオンナ
雪爺ユキジジイ
雪女郎ユキジョロウ雪女
雪入道ユキニュウドウ
雪童子ユキワラシ
雪ん子ユキンコ雪女#逸話も参照。
雪婆ユキンバ
雪坊ユキンボ

名前読み備考
妖怪蛇の目傘ヨウカイジャノメガサ
妖怪万年竹ヨウカイマンネンダケ
妖狐ヨウコ
夜釜焚ヨガマタキ夜、道の真ん中で足を組んでいる人型妖怪。組んだ足の間から青白い火が上がっているという。
横川覚海坊ヨコカワカクカイボウ大天狗
夜雀ヨスズメ
夜泣石ヨナキイシ
夜泣き婆ヨナキババア泣き婆
夜走りヨバシリ
呼子ヨブコ、ヨビコ山彦
夜船主ヨフネヌシリチャード・ゴードン・スミス著『日本の昔話と伝説』に紹介されている、隠岐に現れた竜。
夜の楽屋ヨルノガクヤ

ら行

名前読み備考
頼豪ライゴウ鉄鼠
雷獣ライジュウ
羅城門の鬼ラジョウモンノオニ
ラプシヌプルクルラプシヌプルクルホヤウカムイ

名前読み備考
竜宮童子龍宮童子リュウグウドウジ
龍燈リュウトウ
リョウゲリョウゲ
良源リョウゲン元三大師
両面宿儺リョウメンスクナ

名前読み備考
ルルコシンプルルコシンプコシンプ

名前読み備考
レブンエカシレブンエカシ

名前読み備考
老人火ロウジンビ
六右衛門狸ロクエモンダヌキ
六首沢ロククビサワ神奈川県津久井郡内郷村―現在の相模原市緑区に伝わる怪異。「六首沢」と呼ばれる場所に大きなケヤキの木があり、そこを通ると六つの首が下がってくるといわれている。
六三ロクサン体の中に棲むといわれる神様で、病を起こすといわれている。
六人搗きロクニンヅキ
六条御息所ロクジョウノミヤスンドコロ
ろくろ首、轆轤首ロクロクビ

わ行

名前読み備考
わいらワイラ
わうわうワウワウ苧うに
ワクド憑きワクドツキ
分部火ワケベノヒ『諸国里人談』にある怪火。
ワザワイ『鶴草子』などに登場する獣。
渡柄杓ワタリビシャク
輪入道ワニュウドウ
笑い男ワライオトコ笑い女
笑い女子ワライオナゴ針女
笑い女ワライオンナ
笑い地蔵ワライジゾウ
笑般若ワライハンニャ
ワロドンワロドン

※本所七不思議は、文献により記載されている項目が異っているため、七項目以上ある。

脚注

  1. 村上健司編著 『日本妖怪大事典』 角川書店、2005年、4頁。ISBN 978-4-04-883926-6。
  2. 『妖怪事典』、2頁。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.