日本で最も美しい村連合

特定非営利活動法人「日本で最も美しい村」連合(にほんでもっともうつくしいむら れんごう)は、「日本で最も美しい村」(the most beautiful villages in Japan)の名称の使用権を管理し、加盟団体の観光の広報活動などをする特定非営利活動法人。通称「美しい村連合」。

特定非営利活動法人「日本で最も美しい村」連合
The Most Beautiful Villages in Japan
略称 美しい村連合
国籍 日本
格付 特定非営利活動法人
専門分野 地域づくり
設立日 2006年3月13日
代表者 吉本秀樹伊根町長)
活動地域 全国
郵便番号 101-0044
事務所 東京都千代田区鍛冶町1-10-4
主な加盟組織世界で最も美しい村」連合
外部リンク http://utsukushii-mura.jp/

概要

当連合は地方自治体や地域の連合体であり、美しい村づくり、ロゴマークの活用、サポーター会員制度、イベントの開催、広報活動を行っている。

フランスの最も美しい村」の活動を知った松尾雅彦カルビー社長が、カルビー関連会社のあった北海道美瑛町浜田哲町長に提案、2005年平成17年)10月4日浜田町長の呼びかけにより任意団体として設立した[1]。「フランスの最も美しい村」連合に範をとり活動をしており、フランスと同様に加盟した後、加盟自治体が「日本で最も美しい村」として妥当かどうかを定期的(5年毎)に審査、基準を満たさない場合には最終的に資格を剥奪することもありうる。

現在、「日本で最も美しい村連合」、「フランスの最も美しい村」、ベルギーワロン地域の「ワロン地域の最も美しい村」やイタリアの「イタリアの最も美しい村」、カナダケベック州の「ケベックの最も美しい村」による「世界で最も美しい村連合」も設立されている。。

沿革

  • 2005年(平成17年)10月4日 - 北海道美瑛町での総会にて発足。当初の加盟町村は北海道美瑛町・北海道赤井川村山形県大蔵村岐阜県白川村長野県大鹿村徳島県上勝町熊本県南小国町の7つ。[2]
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)10月4日 - 定期総会にて、北海道標津町岐阜県下呂市馬瀬を新たに加え11町村・地域となる。
  • 2008年(平成20年)10月7日 - 定期総会にて北海道鶴居村、北海道京極町山形県飯豊町、長野県中川村、長野県南木曽町京都府伊根町高知県馬路村を新たに加え18町村・地域となる。
  • 2009年(平成21年)10月6日 - 新たに15の町村・地域が加盟。加盟総数が33町村・地域となる。
  • 2010年(平成22年)
  • 2011年(平成23年)10月8日 - 新たに5町村(4町村1地域)が加盟。加盟総数が44町村・地域となる。
  • 2012年(平成24年)10月4日 - 新たに5町村(4町村1地域)が加盟。加盟総数が49町村・地域となる。
  • 2013年(平成25年)10月4日 - 新たに5町村(4町村1地域)が加盟。加盟総数が54町村・地域となる。
  • 2014年(平成26年)
    • 3月31日 - 岐阜県白川村が連合を脱退。加盟総数は53町村・地域となる。なお、退会した自治体・地域はこれが初めて。[5]
    • 10月2日 - 新たに2町村が加盟。加盟総数が55町村・地域となる。
  • 2015年(平成27年)
    • 1月 - 山梨県道志村が連合を脱退。加盟総数は54町村・地域となる。
    • 10月2日 - 新たに6つの町村・地域が加盟。加盟総数が60町村・地域となる。[6]
  • 2016年(平成28年)10月7日 - 新たに4つの町村・地域が加盟。加盟総数が64町村・地域となる。[7]
  • 2017年(平成29年)3月31日 - 長野県池田町が連合を脱退。加盟総数は63町村・地域となる。[8]
  • 2019年(平成31年)3月31日 - 宮崎県綾町が連合を脱退。加盟総数は62町村・地域となる。
  • 2019年(令和元年)6月28日 - 青森県西目屋村が加盟。加盟総数は63町村・地域となる。[9]
  • 2019年(令和元年)10月7日 - 福島県昭和村が加盟。加盟総数は64町村・地域となる。
  • 2020年(令和2年)3月31日 - 北海道滝川市江部乙が連合を脱退。加盟総数は63町村・地域となる。

加盟自治体・地域

2020年4月1日現在で、下記の自治体および自治体内地域が加盟している。連合の設けている地域ブロックごとに記している。

兵庫県香美町小代区

北海道・東北

関東・中部・北陸

近畿・中国・四国

九州・沖縄

退会した自治体・地域

  • 岐阜県白川村 - 2014年3月31日退会
  • 山梨県道志村 - 2015年1月退会
  • 長野県池田町 - 2017年3月31日退会
  • 宮崎県綾町 - 2019年3月31日退会
  • 北海道滝川市江部乙 - 2020年3月31日退会

事務局

参加資格

  1. 直近の国勢調査人口が、概ね1万人以下であること。
  2. 次に定める地域資源が2つ以上あること。
    1. 景観(生活の営みにより作られた景観をいう)
    2. 環境(豊かな自然や自然を活かした町や村の環境をいう)
    3. 文化(昔ながらの祭りや郷土文化、建築物等をいう)
  3. 連合が評価する地域資源を活かす活動があること。
    1. 美しい景観に配慮したまちづくりを行っていること。
    2. 住民による工夫した地域活動を行っていること。
    3. 地域特有の工芸品や生活様式を頑なに守っていること。

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.