日の丸飛行隊

日の丸飛行隊 (ひのまるひこうたい) とは冬季オリンピックスキージャンプ・ワールドカップなどスキージャンプ競技の国際大会に於ける日本代表選手陣の愛称である。

歴史

きっかけは、1972年札幌オリンピックのスキージャンプ競技の70m級 (現在のノーマルヒル) にて日本のジャンプ陣 (笠谷幸生金野昭次青地清二) がメダルを独占した事に始まる。後に、冬季オリンピックやワールドカップ等で日本のジャンプ陣を日の丸飛行隊と呼ぶようになった。

1998年長野オリンピックシーズンまで

札幌オリンピック後は1970年代後半から80年代前半にかけて八木弘和秋元正博が活躍。その後は低迷が続いたが、1988年カルガリーオリンピック直後からナショナルチーム入りした原田雅彦岡部孝信東輝葛西紀明らの登場で成績が再び上昇し、1992-93シーズンに葛西がW杯で日本人初の総合3位入賞を達成、原田と岡部が世界選手権の個人種目で優勝を達成、1998年長野オリンピックではラージヒル団体で金メダル (岡部、斉藤浩哉、原田、船木和喜)、ラージヒル個人で船木が金メダル、原田が銅メダル、ノーマルヒル個人で船木が銀メダルを獲得する大活躍を演じた。ワールドカップでも1997-98シーズンに船木が日本人最高 (当時) の総合2位に入り、同シーズンのスキージャンプ週間では日本人初優勝を達成した。

2002年ソルトレイクシティオリンピックシーズンまで

翌年の1999年ノルディックスキー世界選手権でも団体で銀メダル、個人ノーマルヒルでは船木、宮平秀治、原田の3人で表彰台を独占、ワールドカップで葛西が総合3位に入るなど強さを見せた。しかし、翌シーズンからは長野五輪後に行われたルール変更への外国勢の対応、さらにその後のルール変更に対する日本の対応のまずさもあって、成績は徐々に下降線を辿るようになる[1]2002年ソルトレークシティオリンピックでは団体5位、個人では船木のラージヒル7位が最高という成績に終わった。

2006年トリノオリンピックシーズンまで

2003年ノルディックスキー世界選手権では葛西の復活があり、3種目でメダルを獲得。

2006年、日本のジャンプについて当時、日本ナショナルチームヘッドコーチだったカリ・ユリアンティラは「フィンランドオーストリアなどのジャンプ強国と比べて踏み切りの技術が未熟でレベルが低い。日本の技術は1990年代後半までは良かったがその後のルール変更による対応が全くできていない。しかも若い選手が全く成長していない上に主力が世界の強豪国と比べてあまりにも高齢だ。私の目標はトリノオリンピックでのメダル獲得ではない。2007年札幌で行われるノルディックスキー世界選手権に向けて有望な若い選手を見つけることだ」と話した。トリノオリンピックでのメダル獲得が困難であることが明白であるにもかかわらず若い選手が育っていないため、岡部・葛西らの出場は早々に内定し、最終的には原田も選考された。そのため、フィンランド、オーストリアなどのジャンプ強国のマスコミの一部からは日の丸飛行隊が「高齢者集団」であることを皮肉って「ロートルジャパン」と呼ばれた。20歳の伊東大貴、16歳の伊藤謙司郎ら若手も代表に選ばれたものの、団体6位、個人では岡部のラージヒル8位入賞が最高で、メダルの獲得はならなかった。

2006年3月、長らく日本のジャンプ界を牽引してきた原田が引退。

2010年バンクーバーオリンピックシーズンまで

2007年世界選手権2009年世界選手権では2大会連続で団体銅メダルを獲得。2007年大会は上位陣の失敗があったが、2009年大会は「今回は実力」と選手が語ったように、ユリアンティラの指導が浸透するとともに技術力の向上が見られ[2][3]、団体ではメダルを狙える位置につけた。しかし、2010年バンクーバーオリンピックでもメダルは獲得できず、日本勢の最高はノーマルヒルで伊東の15位、ラージヒルで葛西の8位、団体は5位に終わった。ユリアンティラは2010年3月31日をもって、日本ナショナルチームのヘッドコーチを辞任した。

2014年ソチオリンピックシーズンまで

2011年世界選手権では女子選手の参加が初めて実現。2013年世界選手権では男女混合団体で金メダルを獲得した。ワールドカップ女子部門も2011-12シーズンに開始され、同シーズン高梨沙羅が日本勢女子でW杯初勝利をあげ総合3位、翌2012-13シーズンに男女通じて初の個人総合優勝を達成。

男子では2011-12シーズンに伊東大貴がW杯初勝利を含む4勝をあげて、総合4位となり日本勢で久々にトップ10入りした。

2013-14シーズンは葛西がワールドカップで史上最年長優勝を達成、好調のまま2014年ソチオリンピックを迎え、ラージヒルで長野オリンピック以来4大会ぶりとなる銀メダルを獲得。団体でも同じく4大会ぶりとなる銅メダルを獲得した。葛西は同シーズンから3シーズン連続でW杯総合トップ10入りし、自身が保有するW杯最年長表彰台記録を幾度も更新するなど40代にして全盛期に迫るパフォーマンスを見せた。女子はオリンピックではメダルの獲得はならなかったが、高梨がワールドカップで7連勝を含むシーズン15勝、全戦表彰台の記録を作るなど圧倒的な強さで総合2連覇を達成。伊藤有希も総合3位に入った。

2018年平昌オリンピックシーズンまで

2015年世界選手権では女子ノーマルヒル個人で伊藤有希が銀メダル、混合団体で銅メダルを獲得。2017年世界選手権では女子ノーマルヒル個人で伊藤有希が銀メダル、高梨沙羅が銅メダル、混合団体で銅メダルを獲得。W杯では高梨沙羅が2015-16, 2016-17シーズンで総合連覇、伊藤有希が2016-17シーズンで総合2位。2018年平昌オリンピックではノーマルヒル個人で高梨沙羅が銅メダル獲得。男子は小林陵侑のノーマルヒル7位、ラージヒル10位が最高。団体は6位。

2022年北京オリンピックシーズンまで

2018-19年シーズンは小林陵侑がワールドカップ個人開幕戦で自身初の3位表彰台に立つと、翌週の個人戦第2戦第3戦で連勝し、史上3人目のジャンプ週間4戦全勝、史上5人目のスキージャンプワールドカップ6連勝をマークするなど総合優勝争いを独走した。世界選手権での個人メダル獲得こそならなかったものの、2009年大会以来の男子団体銅メダルを獲得した。上記ジャンプ週間、スキーフライング・ワールドカップヴィリンゲンファイブRaw Airプラニツァ7のワールドカップを兼ねた各種タイトル戦をすべて制覇した上で日本人男子初の総合優勝を達成した。小林陵侑以外にもシーズン序盤に調子が上がらない竹内択に代わって海外遠征メンバー入りした佐藤幸椰がワールドカップ個人戦で初表彰台、世界選手権の個人ノーマルヒルで7位に入る健闘をする一方、開幕から海外遠征メンバーに選出された中村直幹はシーズン通してワールドカップを転戦し続け、葛西紀明の成績を上回り、世界選手権の代表に選出されるなど若手の台頭や世代交代の兆しが見えたシーズンとなった。女子はエース高梨が前年度の平昌五輪同様総合3位で世界選手権に臨むも女子ノーマルヒル個人では6位に終わり、同種目で2大会連続で銀メダルを獲得していた伊藤も15位に沈み、今大会から急遽導入された女子団体は6位にとどまり3大会連続で獲得していた女子種目のメダルが途絶えた。高梨は世界選手権後総合順位を1つ下げ4位でシーズンを終えたが、女子ワールドカップが2011-12年シーズンから開始されて以来高梨が総合3位以内に入れなかったのは初であり、前年度総合4位だった伊藤も12位に後退し日本女子にとっては苦しいシーズンとなった。

2019-20シーズンは小林陵侑は3勝をあげてシーズン総合3位に入った。また、前シーズンW杯初表彰台を獲得した佐藤幸椰が初優勝を含む2勝をあげた。一方、女子では高梨が3月にシーズン初優勝 (通算57勝目)をあげて女子では史上初の通算表彰台獲得回数100回を達成したが、総合では2年連続の4位にとどまった。

2019-20シーズンは小林陵侑は序盤不調だったが、世界選手権直前に2勝あげ、葛西紀明がもつワールドカップ優勝回数17を上回り、優勝回数が日本人の最多18勝に達した。一方、女子では高梨が好調で世界選手権前に3勝をあげ、世界選手権ではノーマルヒルで銅メダル、ラージヒルで銀メダルを獲得した。

主な成績

※8位以上を記載

※70m級:現在のノーマルヒル、90m級:現在のラージヒル

※世界選手権は2007年大会、オリンピックは2010年バンクーバーオリンピック以前は男子種目のみのため、男子○○と表記しない

  • 冬季オリンピックメダル:11個 (団体3個、個人8個)
  • ノルディックスキー世界選手権メダル:27個 (団体10個、個人17個)

冬季オリンピック

団体
個人

ノルディックスキー世界選手権

団体
個人

スキージャンプ・ワールドカップ

1979-1980シーズンより開始。2011-2012シーズンより女子部門が開始。

ワールドカップの開催地はヨーロッパが大半を占めるため、試合終了後に帰宅もできる欧州勢とは違い、日本勢はシーズンの大半でホテル暮らしをするというハンデがある。

個人総合トップ10

シーズン 男子 女子 国別
1979-1980 八木弘和 4位
秋元正博 5位
男子 3位
1980-1981 --- ---
1981-1982 --- ---
1983-1984 --- ---
1984-1985 秋元正博 8位 男子 8位
1985-1986 --- ---
1986-1987 --- 男子 8位
1987-1988 --- ---
1988-1989 --- ---
1989-1990 --- ---
1990-1991 --- 男子 10位
1991-1992 葛西紀明 9位 男子 7位
1992-1993 葛西紀明 3位 男子 2位
1993-1994 葛西紀明 6位
岡部孝信 7位
西方仁也 8位
男子 2位
1994-1995 船木和喜 4位
岡部孝信 5位
男子 3位
1995-1996 原田雅彦 5位
斉藤浩哉 8位
男子 2位
1996-1997 船木和喜 3位
岡部孝信 4位
斉藤浩哉 5位
男子 1位
1997-1998 船木和喜 2位
原田雅彦 4位
斉藤浩哉 5位
葛西紀明 10位
男子 1位
1998-1999 葛西紀明 3位
船木和喜 4位
宮平秀治 5位
原田雅彦 9位
男子 1位
1999-2000 宮平秀治 10位 男子 4位
2000-2001 葛西紀明 4位 男子 4位
2001-2002 --- 男子 4位
2002-2003 --- 男子 7位
2003-2004 葛西紀明 8位 男子 5位
2004-2005 --- 男子 5位
2005-2006 --- 男子 6位
2006-2007 --- 男子 10位
2007-2008 --- 男子 8位
2008-2009 --- 男子 7位
2009-2010 --- 男子 8位
2010-2011 --- 男子 6位
2011-2012 伊東大貴 4位 高梨沙羅 3位 男子 5位
女子 3位
2012-2013 --- 高梨沙羅 1位 男子 6位
女子 3位
2013-2014 葛西紀明 5位 高梨沙羅 1位
伊藤有希 3位
男子 6位
女子 1位
2014-2015 葛西紀明 6位 高梨沙羅 2位
伊藤有希 5位
男子 5位
女子 2位
2015-2016 葛西紀明 8位 高梨沙羅 1位
伊藤有希 8位
男子 5位
女子 2位
2016-2017 --- 高梨沙羅 1位
伊藤有希 2位
男子 6位
女子 1位
2017-2018 --- 高梨沙羅 3位
伊藤有希 4位
男子 6位
女子 2位
2018-2019 小林陵侑 1位 高梨沙羅 4位 男子 3位
女子 4位
2019-2020 小林陵侑 3位 高梨沙羅 4位 男子 6位
女子 3位

表彰台登壇回数

  • 2019-20シーズン終了時点。太字の選手は現役

団体表彰台一覧

男子団体
シーズン 開催日 開催地 K点
HS
成績 メンバー
1992/93 1月24日 プレダッツォ K120 3位 葦本祐二 東輝 原田雅彦 葛西紀明
3月27日 プラニツァ K120 優勝(1) 岡部孝信 安崎直幹 原田雅彦 葛西紀明
1993/94 3月5日 ラハティ K114 準優勝 西方仁也 須田健仁 岡部孝信 葛西紀明
1994/95 1月28日 ラハティ K114 3位 安崎直幹 西方仁也 船木和喜 岡部孝信
1995/96 12月9日 プラニツァ K120 準優勝 西方仁也 須田健仁 斉藤浩哉 原田雅彦
2月23日 トロンハイム K120 準優勝 岡部孝信 渋谷潤 原田雅彦 斉藤浩哉
3月2日 ラハティ K114 優勝(2) 岡部孝信 西方仁也 原田雅彦 斉藤浩哉
1998/99 3月2日 ヴィリンゲン K120 優勝(3) 船木和喜 葛西紀明 宮平秀治 吉岡和也
1999/2000 3月18日 プラニツァ K185 3位 岡部孝信 船木和喜 宮平秀治 葛西紀明
2000/01 1月19日 パークシティ K120 優勝(4) 船木和喜 吉岡和也 原田雅彦 葛西紀明
2月2日 ヴィリンゲン K120 3位 船木和喜 吉岡和也 宮平秀治 葛西紀明
3月17日 プラニツァ K185 3位 宮平秀治 吉岡和也 原田雅彦 葛西紀明
2001/02 12月9日 フィラッハ K90 準優勝 吉岡和也 宮平秀治 葛西紀明 船木和喜
1月27日 札幌 K120 準優勝 宮平秀治 山田大起 葛西紀明 船木和喜
2003/04 3月6日 ラハティ K116 3位 東輝 伊東大貴 宮平秀治 葛西紀明
2010/11 11月27日 クーサモ HS142 3位 栃本翔平 葛西紀明 竹内択 伊東大貴
2011/12 11月27日 クーサモ HS142 準優勝 小林潤志郎 栃本翔平 竹内択 伊東大貴
2013/14 11月23日 クリンゲンタール HS140 3位 伊東大貴 清水礼留飛 竹内択 葛西紀明
2014/15 11月22日 クリンゲンタール HS140 準優勝 清水礼留飛 伊東大貴 葛西紀明 竹内択
3月6日 ラハティ HS130 3位 栃本翔平 竹内択 伊東大貴 葛西紀明
2015/16 2月6日 オスロ HS134 3位 竹内択 作山憲斗 伊東大貴 葛西紀明
2月22日 クオピオ HS127 3位 竹内択 作山憲斗 伊東大貴 葛西紀明
2017/18 11月25日 ルカ HS140 3位 竹内択 小林陵侑 葛西紀明 小林潤志郎
2018/19 2月9日 ラハティ HS130 3位 佐藤幸椰 伊東大貴 小林潤志郎 小林陵侑
3月9日 オスロ HS134 準優勝 佐藤幸椰 葛西紀明 小林潤志郎 小林陵侑
2019/20 12月14日 クリンゲンタール HS140 3位 佐藤幸椰 伊東大貴 小林潤志郎 小林陵侑
女子団体
シーズン 開催日 開催地 HS 成績 メンバー
2017/18 12月16日 ヒンターツァルテン 108 優勝(1) 伊藤有希 岩渕香里 勢藤優花 髙梨沙羅
1月20日 蔵王 102 優勝(2) 岩渕香里 勢藤優花 伊藤有希 髙梨沙羅
2018/19 1月19日 蔵王 102 3位 伊藤有希 勢藤優花 岩渕香里 髙梨沙羅
2019/20 1月18日 蔵王 102 3位 伊藤有希 丸山希 髙梨沙羅 勢藤優花
混合団体
シーズン 開催日 開催地 HS 成績 メンバー
2012/13 11月23日 リレハンメル 100 準優勝 伊藤有希 渡瀬雄太 髙梨沙羅 竹内択
2013/14 12月6日 リレハンメル 100 優勝 伊藤有希 伊東大貴 髙梨沙羅 竹内択

スキージャンプ週間

※総合3位以内を記述

※1971-72シーズンでは笠谷幸生が最初の3戦で優勝したが、オリンピック選考会のために最終戦を欠場し、総合優勝を逃した。

  • 1992-93シーズン - 葛西紀明 総合2位
  • 1994-95シーズン - 船木和喜 総合2位
  • 1997-98シーズン - 船木和喜 総合優勝
  • 1998-99シーズン - 葛西紀明 総合2位
  • 2018-19シーズン - 小林陵侑 総合優勝 (史上3人目の全勝優勝)

スキーフライング世界選手権

※3位以内を記述

脚注

外部サイト

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.