新鰭類

新鰭類(しんきるい、Neopterygii)は、条鰭類に属する魚類の下位分類群の一つ。最初の新鰭類は初期の条鰭類からほとんど変化しないまま、恐竜の出現に先駆けてペルム紀後期に現れた。以降、その進化の過程において骨格の軽量化を果たすとともに、力強く効率的に運動を行えるを獲得した。敏捷な運動性と高い摂食能力を備えた新鰭類の仲間は、白亜紀以降急激に勢力を伸ばし、現代では世界の海洋および淡水域で最も繁栄したグループとなっている[1]

新鰭類
スポッテッドガー Lepisosteus oculatus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata
: 硬骨魚綱Osteichthyes
亜綱 : 条鰭亜綱 Actinopterygii
階級なし : 新鰭類 Neopterygii
下位分類
本文を参照

概要

条鰭類は腕鰭類・新鰭類の2つで構成される。前二者にはポリプテルス類というごく限られた魚類のみが所属するのに対し、新鰭類には残るすべての硬骨魚類(2万6千種以上)が含まれる。新鰭類の形態学的な特徴としては、背鰭・臀鰭の鰭条数がその支持構造の数と等しいこと、接続骨が基舌軟骨の外側に形成されることなどがある。

分類(2006年現在)

新鰭類そのものの単系統性は広く認められているが、内部の系統関係については2006年現在なお議論が多い。本稿ではNelson(2006)によりまとめられた分類体系を示すが[2]、詳細に関しては研究者間での異同が大きい。従来の体系ではガー目アミア目を一つの単系統群とみなし全骨類(全骨下綱、Holostei)と呼んでいたが、2005年現在では両者は新鰭類に含まれ[1]、Nelsonはアミア目および関連する絶滅目を真骨類姉妹群として扱っている[2]

Macrosemiiformes 目の一種(Histionotus oberndorferi)。本目魚類の化石はヨーロッパ・メキシコから出土している
Dapediidae 科の一種(Dapedium caclatus)。体高が高く、背鰭・臀鰭の基底は長い
Pycnodontiformes 目の化石種(Gyrodus hexagonus)。本目の化石はイタリアやドイツから多数産出している
Aspidorhynchiformes 目の化石種(Aspidorhynchus acustirostris)。細長い体と突き出したが特徴で、現生のダツ目と類似する
Pachycormiformes 目に所属する Protosphyraena perniciosa (上)および P. nitida (下)の想像図。腹鰭を欠く種類が多い

出典・脚注

  1. 『魚学入門』 p.5
  2. Nelson JS (2006). Fishes of the world (4th edn). New York: John Wiley and Sons

参考文献

  • Joseph S. Nelson 『Fishes of the world 4th edition』 Wiley & Sons, Inc. 2006年 ISBN 0-471-25031-7
  • 岩井保 『魚学入門』 恒星社厚生閣 2005年 ISBN 978-4-7699-1012-1
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.