斎宮

斎宮(さいぐう/さいくう[1]/いつきのみや/いわいのみや)は、古代から南北朝時代にかけて、伊勢神宮に奉仕した斎王御所(現在の斎宮跡)であるが、平安時代以降は賀茂神社の斎王(斎院)と区別するため、斎王のことも指した。後者は伊勢斎王伊勢斎宮とも称する。

斎宮の復元擬態
斎王まつり)三重県明和町

斎宮の起こり

日本書紀崇神天皇紀によれば、崇神天皇が皇女豊鍬入姫命に命じて宮中に祭られていた天照大神大和国笠縫邑に祭らせたとあり[2]、これが斎王(斎宮)の始まりとされる。そして次の垂仁天皇の時代、豊鍬入姫の姪にあたる皇女倭姫命が各地を巡行し伊勢国に辿りつき、そこに天照大神を祭った。この時のことを『日本書紀』垂仁天皇紀は「斎宮いはいのみや五十鈴の川上につ。是を磯宮いそのみやと謂ふ」と記し[3]、これが斎王の忌み籠る宮、即ち後の斎宮御所の原型であったと推測される。また垂仁天皇紀は「天皇、倭姫命を以って御杖みつえとして、天照大神に貢奉たてまつりたまふ」とも述べ[4]、以後斎王は天皇の代替わり毎に置かれて天照大神の「御杖代みつえしろ、神の意を受ける依代」として伊勢神宮に奉仕したといい(ただし史料上は必ず置かれたかどうかは不明で、任期などもそれほど明確ではない)、用明天皇朝を契機に一時途絶えたが、天武天皇の時代に正式に制度として確立し(『扶桑略記』は天武天皇が壬申の乱の戦勝祈願の礼として伊勢神宮に自らの皇女大来皇女を捧げたのが初代とする)、以後は天皇の代替わり毎に必ず新しい斎王が選ばれ、南北朝時代まで続く制度となった。

なお、『扶桑略記』に初めて大来皇女が定められたとあること、同皇女の前任と伝える酢香手姫皇女(用明天皇皇女)との間に約50年の空白期間があること、その以前の稚足姫皇女雄略天皇皇女)、荳角皇女継体天皇皇女)、磐隈皇女欽明天皇皇女)、菟道皇女敏達天皇皇女)、酢香手姫皇女が伊勢に来ていないと考えられること[5]の3点から、酢香手姫以前の斎宮は後世の虚構とする説がある(筑紫申真説)[6]

また福岡県糟屋郡久山町猪野にある天照皇大神宮てんしょうこうたいじんぐうには、仲哀9年(200年)熊襲征伐の途中、「われを祭れば、戦をせずとも財宝の国を得ることができる」という神の託宣があったが、仲哀天皇が疑ったために、その祟りをうけ香椎宮で崩御し、そのことを知った神功皇后が、小山田の村に斎宮を建て、自ら神主となり、天照大神を祀ったという縁起がある。

斎宮の卜定から退下まで

卜定

先代の斎宮が退下すると、未婚の内親王または女王から候補者を選び出し、亀卜(亀の甲を火で焙って出来たひびで判断する卜占)により新たな斎宮を定める(卜定ぼくじょう)。新斎宮が決定すると、邸に勅使が訪れて斎宮卜定を告げ、伊勢神宮にも奉幣使が遣わされて、斎宮はただちに潔斎に入る。

初斎院

宮城内の便所(便宜の場所)が卜定で定められて大内裏の殿舎(時々により異なる)が斎宮の潔斎所となる。これを初斎院しょさいいんと呼ぶが、その場所は雅楽寮宮内省主殿寮、左右近衛府などが記録に残る。斎宮は初斎院で1年間斎戒生活を送るとされているが、もっと短期になる場合も多い。

野宮

野宮神社(黒木鳥居と小柴垣がかつての風情を伝える)京都市
都を出発する斎宮(群行
斎宮歴史博物館 三重県明和町
斎宮の居室(手前は内侍
斎宮歴史博物館

初斎院での潔斎の後、翌年8月上旬に入るのが野宮ののみやである。野宮は京外の清浄な地(平安時代以降は主に嵯峨野)を卜定し、斎宮のために一時的に造営される殿舎で、斎宮一代で取り壊されるならわしだった(野宮神社などがその跡地と言われるが、現在では嵯峨野のどこに野宮が存在したか正確には判っていない)。斎宮は初斎院に引き続き、この野宮で斎戒生活を送りながら翌年9月まで伊勢下向に備えた。なお、野宮は黒木(皮のついたままの木材)で造られ、このため黒木の鳥居が野宮の象徴とされた。『源氏物語』では前東宮と六条御息所の間に生まれた姫宮(後の秋好中宮)が「」帖で斎宮となったため、六条御息所がそれに同道することになり、『賢木巻』でこの野宮が光源氏との別れの舞台となり、後に野宮』の題材にもなった。

群行

初斎院・野宮を経て3年目の9月、野宮を出ての後、宮中群行の儀に臨み、伊勢へ発向する。但し後述「退下」のように歴代の斎宮すべてが群行を行ったわけではない。

斎宮寮と祭祀

史跡・斎宮跡(斎王の森史跡公園内)三重県明和町
斎宮寮の復元模型
(三重県明和町)

伊勢での斎宮の生活の地は、伊勢神宮から約20キロ離れた斎宮寮(現在の三重県多気郡明和町)であった。普段はここで寮内の斎殿を遥拝しながら潔斎の日々を送り、年に3度、「三時祭」(6月・12月の月次祭と9月の神嘗祭。三節祭とも)に限って神宮へ赴き神事に奉仕した。斎宮寮には寮頭以下総勢500人あまりの人々が仕え、137ヘクタール余りの敷地に碁盤の目状の区画が並ぶ大規模なものだったことが、遺跡の発掘から判明している。特筆すべきは緑(青?)釉陶器の出土であり、色に何か意味があった可能性も考えられる。なお、斎宮跡昭和45年(1970年)の発掘調査でその存在が確認され同54年に国の史跡に指定されたが、その後も発掘中である。

三時祭は外宮では各月の15・16日の、内宮は16・17日の両日に行われるが、斎宮はその2日目に参加し、太玉串を宮司から受取り、瑞垣御門の前の西側に立てる。また、2月祈年祭、11月新嘗祭で多気、度会の両神郡内の115座の神々に幣帛を分配する。

退下

斎宮が任を終えることを、奈良時代から平安時代中期まで(8〜10世紀頃)は退出と称したが、その後は退下たいげまたは下座と言った。

斎宮の退下は通常、天皇の崩御或いは譲位の際とされるが、それ以外にも斎宮の父母や近親の死去による忌喪、潔斎中の密通などの不祥事、また斎宮の薨去による退下もあり、初斎院や野宮での潔斎中に退下した斎宮も多い。なお、伊勢での在任中に薨去した場合は現地に葬られたらしい(伊勢で薨去した斎宮として確実なのは平安時代の隆子女王惇子内親王の2人で、いずれも斎宮跡近くに墓所と伝わる御陵が残る)。退下の後、前斎宮は数ヶ月の間、伊勢で待機し準備が整った後に、奉迎使に伴われて帰京した。

帰京の道程は二通りあり、天皇譲位の時は群行の往路と同じ鈴鹿峠・近江路を辿るが、その他の凶事(天皇崩御、近親者の喪など)の場合には伊賀・大和路(一志、川口、阿保、相楽)を経て帰還するのが通例であった。どちらの行程も最後は船で淀川を下り、難波津で禊の後に河陽宮を経て入京した。

また、酢香手姫皇女以前の斎宮は酢香手姫皇女が任を終えて葛城に移ったと記されるのみで、稚足姫皇女を除くと他の斎宮のその後は不明。単なる記載漏れか、当然帰るべき所(例えば宮廷の周囲)があったので省略されたか、それとも、酢香手姫皇女の移転先である「葛城」の記載が他の斎宮の移転先をも代表しているとみるか、様々に推測できる。

退下後の斎宮

この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

退下後の前斎宮のその後はごく数人を除いてあまり知られていない。律令制では本来内親王の婚姻相手は皇族に限られるため、奈良時代までは退下後の前斎宮が嫁いだのは天皇もしくは皇族のみであり、平安時代以降も内親王で臣下に降嫁したのは雅子内親王藤原師輔室)ただ1人であった(ただし女王ではもう一人、藤原教通室となった嫥子女王がいる)。また藤原道雅と密通した当子内親王は父三条天皇の怒りに触れて仲を裂かれており、結婚は禁忌ではなかったらしいが、多くの前斎宮は生涯独身だったとも思われる。

ちなみに退下後に入内を果たした前斎宮に井上内親王光仁天皇皇后、後廃位)、酒人内親王桓武天皇)、朝原内親王平城天皇妃)、徽子女王村上天皇女御)の4人がいるが、井上・酒人・朝原の3内親王は母娘3代にわたり、斎宮となりかつ入内した(南北朝時代懽子内親王光厳上皇妃であるが、天皇退位後の入内である)。

その後院政期には、未婚のままで天皇の准母として非妻后の皇后(尊称皇后)、さらに女院となる内親王が現れる。この初例は白河天皇の愛娘媞子内親王(郁芳門院)であり、彼女は斎宮経験者であった。以後これに倣い、斎宮または斎院から准母立后し女院となる例が斎宮及び斎院制度の途絶まで見られた。

斎宮の終焉

平安時代末期になると、治承・寿永の乱(源平合戦)の混乱で斎宮は一時途絶する。その後復活したが(もう一つの斎王であった賀茂斎院は承久の乱を境に廃絶)、鎌倉時代後半には卜定さえ途絶えがちとなり、持明院統の歴代天皇においては置かれる事もなく、南北朝時代の幕開けとなる延元の乱により、時の斎宮祥子内親王後醍醐天皇皇女)が群行せずに野宮から退下したのを最後に途絶した。

斎宮の忌み詞

神に仕える斎宮は穢れを避け、また仏教も禁忌とするため、それらに関連する言葉が忌み詞として禁じられた。『延喜式』の巻第5(斎宮式)の忌詞条に次のとおり記されている。 内七言は仏教用語、外七言は穢れの言葉である。

凡そ忌詞、内七言は、を「中子なかご」と称し、を「染紙そめがみ」と称し、を「阿良良伎あららぎ」と称し、を「瓦葺かわらふき」と称し、を「髪長かみなが」と称し、を「髪長」と称し、いもい(仏僧の食事)を「片膳かたじき」と称せよ。外七言は、死を「奈保留なほる。治る」と称し、病を「夜須美やすみ。休み」と称し、泣くを「塩垂しおたれ」と称し、血を「阿世あせ。汗」と称し、うつを「づ」と称し、しし。肉を「くさひら。野菜や茸」と称し、墓を「つちくれ」と称せ。又別の忌詞は、を「香燃こりたき」と称し、優婆塞うばそくを「角筈つのはず」と称せ。

歴代斎宮

人物期間続柄その後天皇備考
1豊鍬入姫命崇神天皇皇女崇神天皇
2倭姫命垂仁天皇皇女垂仁天皇
3五百野皇女景行天皇皇女景行天皇
4伊和志真皇女仲哀天皇皇女?仲哀天皇
5栲幡姫皇女?-459?雄略天皇皇女雄略天皇
6荳角皇女507?-?継体天皇皇女継体天皇
7磐隈皇女欽明天皇皇女欽明天皇
8菟道皇女578敏達天皇皇女敏達天皇
9酢香手姫皇女586-622用明天皇皇女用明天皇[7]
崇峻天皇
推古天皇
斎宮制度成立以降
10大来皇女673-686天武天皇皇女天武天皇
11託基皇女698-701天武天皇皇女文武天皇
12泉皇女701-706天智天皇皇女
13田形皇女706-707天武天皇皇女六人部王
14多紀内親王707-?天武天皇皇女志貴皇子再任。
15智努女王不詳長皇子女?元明天皇
16円方女王不詳天武天皇曾孫、長屋王
17久勢女王715-721元正天皇
18井上内親王721-744聖武天皇皇女光仁天皇皇后聖武天皇
19県女王744-749高丘王女?
20小宅女王749-752天武天皇曾孫、三原王[8]孝謙天皇
21安倍内親王758-764淳仁天皇皇女礒部王淳仁天皇
22酒人内親王772-775光仁天皇皇女桓武天皇光仁天皇
23浄庭女王775-781光仁天皇皇孫、神王
24朝原内親王782-796桓武天皇皇女平城天皇桓武天皇
25布勢内親王797-806桓武天皇皇女
26大原内親王806-809平城天皇皇女平城天皇
27仁子内親王809-823嵯峨天皇皇女嵯峨天皇
28氏子内親王823-827淳和天皇皇女淳和天皇
29宜子女王828-833桓武天皇皇孫、仲野親王
30久子内親王833-850仁明天皇皇女仁明天皇
31晏子内親王850-858文徳天皇皇女文徳天皇
32恬子内親王859-876文徳天皇皇女清和天皇
33識子内親王877-880清和天皇皇女陽成天皇
34掲子内親王882-884文徳天皇皇女群行せず。
35繁子内親王884-887光孝天皇皇女光孝天皇
36元子女王889-897仁明天皇皇孫、本康親王宇多天皇
37柔子内親王897-930宇多天皇皇女醍醐天皇
38雅子内親王931-936醍醐天皇皇女藤原師輔朱雀天皇
39斉子内親王936-936醍醐天皇皇女群行せず。
40徽子女王(斎宮女御)936-945醍醐天皇皇孫、重明親王村上天皇女御
41英子内親王946-946醍醐天皇皇女村上天皇群行せず。
42悦子女王947-954醍醐天皇皇孫、重明親王女
43楽子内親王955-967村上天皇皇女
44輔子内親王968-969村上天皇皇女 冷泉天皇群行せず。
45隆子女王969-974醍醐天皇皇孫、章明親王円融天皇
46規子内親王975-984村上天皇皇女
47済子女王984-986醍醐天皇皇孫、章明親王女花山天皇群行せず。
48恭子女王986-1010村上天皇皇孫、為平親王一条天皇
49当子内親王1012-1016三条天皇皇女三条天皇
50嫥子女王1016-1036村上天皇皇孫、具平親王藤原教通後一条天皇
51良子内親王1036-1045後朱雀天皇皇女後朱雀天皇
52嘉子内親王1046-1051三条天皇皇孫、敦明親王後冷泉天皇
53敬子女王1051-1068三条天皇皇孫、敦平親王女
54俊子内親王1069-1072後三条天皇皇女後三条天皇
55淳子女王1073-1077三条天皇皇孫、敦賢親王女白河天皇
56媞子内親王(郁芳門院)1078-1084白河天皇皇女
57善子内親王1087-1107白河天皇皇女堀河天皇
58恂子内親王1108-1123白河天皇皇女鳥羽天皇
59守子女王1123-1141後三条天皇皇孫、輔仁親王崇徳天皇
60妍子内親王1142-1150鳥羽天皇皇女近衛天皇
61喜子内親王1151-1155堀河天皇皇女
62亮子内親王(殷富門院)1156-1158後白河天皇皇女後白河天皇群行せず。
63好子内親王1158-1165後白河天皇皇女二条天皇
64休子内親王1166-1168後白河天皇皇女六条天皇群行せず。
65惇子内親王1168-1172後白河天皇皇女高倉天皇
66功子内親王1177-1179高倉天皇皇女群行せず。
67潔子内親王1185-1198高倉天皇皇女後鳥羽天皇
68粛子内親王1199-1210後鳥羽天皇皇女土御門天皇
69凞子内親王1215-1221後鳥羽天皇皇女順徳天皇
70利子内親王(式乾門院)1226-1232高倉天皇皇孫、守貞親王後堀河天皇
71昱子内親王1237-1242後堀河天皇皇女四条天皇
72曦子内親王(仙華門院)1244-1246土御門天皇皇女後嵯峨天皇群行せず。
73愷子内親王1262-1272後嵯峨天皇皇女亀山天皇
74弉子内親王(達智門院)1306-1308後宇多天皇皇女後醍醐天皇皇后後二条天皇群行せず。
75懽子内親王(宣政門院)1330-1331後醍醐天皇皇女光厳天皇中宮後醍醐天皇群行せず。
76祥子内親王1333-1334後醍醐天皇皇女後醍醐天皇群行せず。

脚注

  1. 「さいくう」と濁らずに読むのが故実。現在も三重県多気郡明和町の地名は「さいくう」。
  2. 崇神天皇紀6年条。
  3. 垂仁天皇紀25年3月丙申(10日)条。
  4. 垂仁天皇紀25年3月丙申(10日)条「一云」。
  5. 筑紫『アマテラスの誕生』p116,磐隈皇女・菟道皇女はどちらも皇族男性との姦通により解任されたことが日本書紀で書かれるが、宮廷から遠く離れた伊勢に居住していれば考えにくいこと、酢香手姫皇女の退隠の記述に「自ら葛城に退きて」とあって、遠い伊勢から大和に帰るという過程を経て葛城に隠棲するのではなく、斎宮を退出してそのまま葛城に隠棲したと思われることなどから。
  6. 『アマテラスの誕生』(角川新書,1962年)
  7. 『日本書紀』用明天皇紀に、「推古天皇の代まで斎宮をつとめ、後に葛城(母の里)に帰り亡くなったとの記述が推古天皇紀にある」との注がある。しかし推古天皇紀にその記述はない。
  8. 『斎宮記』には孝謙皇女小家内親王とあるが、孝謙天皇は独身の女帝なので誤りか。

参考文献

  • 榎村寛之『伊勢斎宮と斎王 祈りをささげた皇女たち』(塙書房、2004年)ISBN 4-8273-3101-4
  • 山中智恵子『斎宮志 伝承の斎王から伊勢物語の斎宮まで』(大和書房、1986年)ISBN 4-479-83010-3
  • 山中智恵子『続斎宮志』(砂子屋書房、1992年)ISBN 4-7904-9221-4
  • 服藤早苗 編著『歴史のなかの皇女たち』(小学館、2002年)ISBN 4-09-626128-9

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.