文部大臣

文部大臣(もんぶだいじん)および前身の文部卿(もんぶきょう)は、教育行政を担う日本の行政機関として設置されていた文部省明治4年7月18日1871年9月2日〉から2001年〈平成13年〉1月5日まで)の長である。略称は文相(ぶんしょう)。大臣の職掌、文部省については、文部省の記事を参照のこと。

日本
文部卿/文部大臣
もんぶきょう/もんぶだいじん
担当官庁 文部省
初代 文部卿:大木喬任
文部大臣:森有礼
創設 明治4年7月18日
1871年9月2日
廃止 2001年〈平成13年〉1月5日
初代文部卿、大木喬任
初代文部大臣、森有礼

なお、2001年〈平成13年〉1月6日に文部省と科学技術庁を統合して設置された文部科学省の長である歴代の文部科学大臣については、同項目を参照のこと。

一覧表の凡例は、脚注[1][2][3]を参照のこと。

歴代文部卿

代数 氏名 在任期間 出身母体等
1 大木喬任1871年9月12日明治4年7月28日
- 1873年(明治6年)4月19日
肥前藩
2 木戸孝允1874年(明治7年)1月25日
- 1874年(明治7年)5月13日
長州藩
木戸の辞任から西郷の着任まで、文部大輔田中不二麿尾張藩出身)が文部卿の職務を代行[4]
3 西郷従道1878年(明治11年)5月24日
- 1878年(明治11年)12月24日
薩摩藩
4 寺島宗則1879年(明治12年)9月10日
- 1880年(明治13年)2月28日
薩摩藩
5 河野敏鎌1880年(明治13年)2月28日
- 1881年(明治14年)4月7日
土佐藩
6 福岡孝弟1881年(明治14年)4月7日
- 1883年(明治16年)12月12日
土佐藩
7 大木喬任1883年(明治16年)12月12日
- 1885年(明治18年)12月22日
肥前藩

歴代文部大臣

大日本帝国憲法時代

代数 氏名 内閣 就任年月日 出身母体等
1 森有礼第1次伊藤内閣
黒田内閣
1885年(明治18年)12月22日薩摩藩
- 大山巌
(臨時兼任)
黒田内閣1889年(明治22年)2月16日[5]薩摩藩
2 榎本武揚黒田内閣
第1次山縣内閣
1889年(明治22年)3月22日幕臣
3 芳川顕正第1次山縣内閣
第1次松方内閣
1890年(明治23年)5月17日 
4 大木喬任第1次松方内閣1891年(明治24年)6月1日
5 河野敏鎌第2次伊藤内閣1892年(明治25年)8月8日
6 井上毅第2次伊藤内閣1893年(明治26年)3月7日
- 芳川顕正
(臨時兼任)
第2次伊藤内閣1894年(明治27年)8月29日
7 西園寺公望第2次伊藤内閣
第2次松方内閣
1894年(明治27年)10月3日
8 蜂須賀茂韶第2次松方内閣1896年(明治29年)9月28日
9 浜尾新第2次松方内閣1897年(明治30年)11月6日
10 西園寺公望第3次伊藤内閣1898年(明治31年)1月12日
11 外山正一第3次伊藤内閣1898年(明治31年)4月30日
12 尾崎行雄第1次大隈内閣1898年(明治31年)6月30日憲政党
13 犬養毅第1次大隈内閣1898年(明治31年)10月27日
14 樺山資紀第2次山縣内閣1898年(明治31年)11月8日海軍
15 松田正久第4次伊藤内閣1900年(明治33年)10月19日立憲政友会
16 菊池大麓第1次桂内閣1901年(明治34年)6月2日貴族院
17 児玉源太郎
(兼任)
第1次桂内閣1903年(明治36年)7月17日陸軍
18 久保田譲第1次桂内閣1903年(明治36年)9月22日
19 桂太郎
(兼任)
第1次桂内閣1905年(明治38年)12月14日陸軍
- 西園寺公望
(臨時兼任)
第1次西園寺内閣1906年(明治39年)1月7日立憲政友会
20 牧野伸顕第1次西園寺内閣1906年(明治39年)3月27日
21 小松原英太郎第2次桂内閣1908年(明治41年)7月14日
22 長谷場純孝第2次西園寺内閣1911年(明治44年)8月30日立憲政友会
- 牧野伸顕
(臨時兼任)
第2次西園寺内閣1912年(大正元年)11月9日
23 柴田家門第3次桂内閣1912年(大正元年)12月21日
24 奥田義人第1次山本内閣1913年(大正2年)2月20日立憲政友会
25 大岡育造第1次山本内閣1914年(大正3年)3月6日貴族院
26 一木喜徳郎第2次大隈内閣1914年(大正3年)4月16日
27 高田早苗第2次大隈内閣1915年(大正4年)8月10日貴族院
28 岡田良平寺内内閣1916年(大正5年)10月9日貴族院
29 中橋徳五郎原内閣
高橋内閣
1918年(大正7年)9月29日立憲政友会
30 鎌田栄吉加藤友三郎内閣1922年(大正11年)6月12日
31 犬養毅
(兼任)
第2次山本内閣1923年(大正12年)9月2日
32 岡野敬次郎第2次山本内閣1923年(大正12年)9月6日
33 江木千之清浦内閣1924年(大正13年)1月7日
34 岡田良平加藤高明内閣
第1次若槻内閣
1924年(大正13年)6月11日
35 三土忠造田中義一内閣1927年(昭和2年)4月20日立憲政友会
36 水野錬太郎田中義一内閣1927年(昭和2年)6月2日立憲政友会
37 勝田主計田中義一内閣1928年(昭和3年)5月25日貴族院
38 小橋一太濱口内閣1929年(昭和4年)7月2日立憲民政党
39 田中隆三濱口内閣
第2次若槻内閣
1929年(昭和4年)11月29日立憲民政党
40 鳩山一郎犬養内閣
齋藤内閣
1931年(昭和6年)12月13日立憲政友会
41 斎藤実
(兼任)
齋藤内閣1933年(昭和8年)3月3日海軍
42 松田源治岡田内閣1934年(昭和9年)7月8日立憲民政党
43 川崎卓吉岡田内閣1936年(昭和11年)2月2日立憲民政党
44 潮恵之輔
(兼任)
廣田内閣1936年(昭和11年)3月9日
45 平生釟三郎廣田内閣1936年(昭和11年)3月25日貴族院
46 林銑十郎
(兼任)
林内閣1937年(昭和12年)2月2日陸軍
47 安井英二第1次近衛内閣1937年(昭和12年)6月4日内務官僚
48 木戸幸一第1次近衛内閣1937年(昭和12年)10月22日
49 荒木貞夫第1次近衛内閣
平沼内閣
1938年(昭和13年)5月26日陸軍
50 河原田稼吉阿部内閣1939年(昭和14年)8月30日
51 松浦鎮次郎米内内閣1940年(昭和15年)1月16日文部官僚
52 橋田邦彦第2次近衛内閣
第3次近衛内閣
東條内閣
1940年(昭和15年)7月22日東大教授
53 東條英機
(兼任)
東條内閣1943年(昭和18年)4月20日陸軍
54 岡部長景東條内閣1943年(昭和18年)4月23日
55 二宮治重小磯内閣1944年(昭和19年)7月22日陸軍
56 児玉秀雄小磯内閣1945年(昭和20年)2月10日
57 太田耕造鈴木貫太郎内閣1945年(昭和20年)4月7日
58 松村謙三
(兼任)
東久邇宮内閣1945年(昭和20年)8月17日大日本政治会
59 前田多門東久邇宮内閣
幣原内閣
1945年(昭和20年)8月18日貴族院
60 安倍能成幣原内閣1946年(昭和21年)1月13日貴族院
61 田中耕太郎第1次吉田内閣1946年(昭和21年)5月22日民間人

日本国憲法施行以降

代数 氏名 内閣 就任年月日 出身母体等
62 高橋誠一郎第1次吉田内閣1947年(昭和22年)1月31日民間人
- 片山哲
(臨時代理)
片山内閣1947年(昭和22年)5月24日日本社会党
63 森戸辰男片山内閣1947年(昭和22年)6月1日日本社会党
64 芦田内閣1948年(昭和23年)3月10日
- 吉田茂
(臨時代理)
第2次吉田内閣1948年(昭和23年)10月15日
65 下条康麿第2次吉田内閣1948年(昭和23年)10月19日参議院緑風会
66 高瀬荘太郎第3次吉田内閣1949年(昭和24年)2月16日参議院緑風会
67 天野貞祐第3次吉田内閣
第3次吉田内閣第1次改造内閣
第3次吉田内閣第2次改造内閣
第3次吉田内閣第3次改造内閣
1950年(昭和25年)5月6日民間
68 岡野清豪第3次吉田内閣第3次改造内閣1952年(昭和27年)8月12日自由党
69 第4次吉田内閣1952年(昭和27年)10月30日自由党
70 大達茂雄第5次吉田内閣1953年(昭和28年)5月21日参議院自由党
71 安藤正純第1次鳩山内閣1954年(昭和29年)12月10日日本民主党
72 松村謙三第2次鳩山内閣1955年(昭和30年)3月19日日本民主党
73 清瀬一郎第3次鳩山内閣1955年(昭和30年)11月22日自由民主党
- 石橋湛山
(臨時代理)
石橋内閣1956年(昭和31年)12月23日
74 灘尾弘吉石橋内閣1956年(昭和31年)12月23日自由民主党
75 第1次岸内閣1957年(昭和32年)2月25日自由民主党
76 松永東第1次岸内閣改造内閣1957年(昭和32年)7月10日自由民主党
77 灘尾弘吉第2次岸内閣1958年(昭和33年)6月12日自由民主党
78 橋本龍伍第2次岸内閣1958年(昭和33年)12月31日自由民主党
79 松田竹千代第2次岸内閣改造内閣1959年(昭和34年)6月18日自由民主党
80 荒木萬壽夫第1次池田内閣1960年(昭和35年)7月19日自由民主党
81 第2次池田内閣
第2次池田内閣第1次改造内閣
第2次池田内閣第2次改造内閣
1960年(昭和35年)12月8日自由民主党
82 灘尾弘吉第2次池田内閣第3次改造内閣1963年(昭和38年)7月18日自由民主党
83 第3次池田内閣1963年(昭和38年)12月9日自由民主党
84 愛知揆一第3次池田内閣改造内閣1964年(昭和39年)7月18日自由民主党
85 第1次佐藤内閣1964年(昭和39年)11月9日自由民主党
86 中村梅吉第1次佐藤内閣第1次改造内閣1965年(昭和40年)6月3日自由民主党
87 有田喜一第1次佐藤内閣第2次改造内閣1966年(昭和41年)8月1日自由民主党
88 剱木亨弘第1次佐藤内閣第3次改造内閣1966年(昭和41年)12月3日参議院自由民主党
89 第2次佐藤内閣1967年(昭和42年)2月17日参議院自由民主党
90 灘尾弘吉第2次佐藤内閣第1次改造内閣1967年(昭和42年)11月25日自由民主党
91 坂田道太第2次佐藤内閣第2次改造内閣1968年(昭和43年)11月30日自由民主党
92 第3次佐藤内閣1970年(昭和45年)1月14日自由民主党
93 高見三郎第3次佐藤内閣改造内閣1971年(昭和46年)7月5日自由民主党
94 稲葉修第1次田中角榮内閣1972年(昭和47年)7月7日自由民主党
95 奥野誠亮第2次田中角榮内閣
第2次田中角榮内閣第1次改造内閣
1972年(昭和47年)12月22日自由民主党
96 三原朝雄第2次田中角榮内閣第2次改造内閣1974年(昭和49年)11月11日自由民主党
97 永井道雄三木内閣
三木内閣改造内閣
1974年(昭和49年)12月9日民間人
98 海部俊樹福田赳夫内閣1976年(昭和51年)12月24日自由民主党
99 砂田重民福田赳夫内閣改造内閣1977年(昭和52年)11月28日自由民主党
100 内藤誉三郎第1次大平内閣1978年(昭和53年)12月7日参議院自由民主党
- 大平正芳
(臨時代理)
第2次大平内閣1979年(昭和54年)11月9日自由民主党
101 谷垣専一第2次大平内閣1979年(昭和54年)11月20日自由民主党
102 田中龍夫鈴木善幸内閣1980年(昭和55年)7月17日自由民主党
103 小川平二鈴木善幸内閣改造内閣1981年(昭和56年)11月30日自由民主党
104 瀬戸山三男第1次中曽根内閣1982年(昭和57年)11月27日自由民主党
105 森喜朗第2次中曽根内閣1983年(昭和58年)12月27日自由民主党
106 松永光第2次中曽根内閣第1次改造内閣1984年(昭和59年)11月1日自由民主党
107 海部俊樹第2次中曽根内閣第2次改造内閣1985年(昭和60年)12月28日自由民主党
108 藤尾正行第3次中曽根内閣1986年(昭和61年)7月22日自由民主党
109 塩川正十郎第3次中曽根内閣1986年(昭和61年)9月9日自由民主党
110 中島源太郎竹下内閣1987年(昭和62年)11月6日自由民主党
111 西岡武夫竹下内閣改造内閣1988年(昭和63年)12月27日自由民主党
112 宇野内閣1989年(平成元年)6月3日自由民主党
113 石橋一弥第1次海部内閣1989年(平成元年)8月10日自由民主党
114 保利耕輔第2次海部内閣1990年(平成2年)2月28日自由民主党
115 井上裕第2次海部内閣改造内閣1990年(平成2年)12月29日参議院自由民主党
116 鳩山邦夫宮澤内閣1991年(平成3年)11月5日自由民主党
117 森山真弓宮澤内閣改造内閣1992年(平成4年)12月12日自由民主党
118 赤松良子細川内閣1993年(平成5年)8月9日民間人
- 羽田孜
(臨時代理)
羽田内閣1994年(平成6年)4月28日新生党
119 赤松良子羽田内閣1994年(平成6年)4月28日民間人
120 与謝野馨村山内閣1994年(平成6年)6月30日自由民主党
121 島村宣伸村山内閣改造内閣1995年(平成7年)8月8日自由民主党
122 奥田幹生第1次橋本内閣1996年(平成8年)1月11日自由民主党
123 小杉隆第2次橋本内閣1996年(平成8年)11月7日自由民主党
124 町村信孝第2次橋本内閣改造内閣1997年(平成9年)9月11日自由民主党
125 有馬朗人小渕内閣
小渕内閣第1次改造内閣
1998年(平成10年)7月30日参議院自由民主党
126 中曽根弘文小渕内閣第2次改造内閣1999年(平成11年)10月5日参議院自由民主党
127 第1次森内閣2000年(平成12年)4月5日参議院自由民主党
128 大島理森第2次森内閣2000年(平成12年)7月4日自由民主党
129 町村信孝第2次森内閣改造内閣2000年(平成12年)12月5日自由民主党

太文字は内閣総理大臣経験者

脚注

  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。日本国憲法施行前は任命によって1代と数え、施行後は組閣ごとに1代と数える。ただし、内閣改造を経て留任する場合は1代と数えない。なお、文部科学省のサイトとは数え方が異なる。
  4. 田中の文部大輔在任期間は、1874年9月27日 - 1880年3月15日。
  5. 『官報』第1688号、明治22年2月18日。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.