文暦

文暦ぶんりゃく旧字体文曆は、日本元号の一つ。天福の後、嘉禎の前。1234年から1235年までの期間を指す。この時代の天皇四条天皇鎌倉幕府将軍は藤原頼経執権北条泰時

改元

出典

文選卷四十六・顔延年三月三日曲水詩序』の「皇上以叡文歴()、景屬宸居。」などから。

文暦期におきた出来事

西暦との対照表

※は小の月を示す。

文暦元年(甲午一月二月※三月四月五月※六月七月※八月九月※十月十一月※十二月
ユリウス暦1234/1/313/23/314/305/306/287/288/269/2510/2411/2312/22
文暦二年(乙未一月※二月三月※四月五月※六月閏六月七月※八月九月※十月十一月※十二月
ユリウス暦1235/1/212/193/214/195/196/177/178/169/1410/1411/1212/121236/1/10

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.