文字様記号

文字様記号(もじようきごう、英語: Letterlike Symbols)は、Unicodeブロックの一つであり、主として1つまたは複数の字母字体から構成された80のキャラクタが収録されている。

文字様記号
Letterlike Symbols
範囲 U+2100..U+214F
(80 個の符号位置)
基本多言語面
用字 ギリシャ文字(1文字)
ラテン文字(4文字)
Common(75文字)
記号集合 数学
略語
割当済 80 個の符号位置
未使用 0 個の保留
Unicodeのバージョン履歴
1.0.0 57 (+57)
3.0 59 (+2)
3.2 74 (+15)
4.0 75 (+1)
4.1 77 (+2)
5.0 79 (+2)
5.1 80 (+1)
備考: [1][2]
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています。

このブロックの他に、Unicodeには全ての書体の数学用英数字記号が含まれているが、Unicodeではこれらの文字を明示的に「文字様(letterlike)」には分類していない。

文字様記号のうち、U+2126 ohm signU+212A kelvin signU+212B angstrom signについては、正準等価である普通の文字を使用することが推奨されている[3]。また、U+2103 degree celsiusU+2109 degree fahrenheitについては、U+00B0 ° degree sign)と通常の文字(C, F)を組み合わせて使用し、検索の際はこれと一文字の文字様記号と同一視することを推奨している[3]

収録文字

Unicode 文字様記号[4]
キャラクタ 画像 名称 備考[4] Unicode
U+
Account Of a/c 2100
Addressed To The Subject a/s 2101
Double-Struck Capital C 黒板太字の大文字のC。複素数の集合 2102
Degree Celsius セルシウス度 2103
Center line Symbol 中央線記号 2104
Care Of c/o 2105
Cada Una c/u 2106
Euler constant オイラーの定数 2107
Scruple スクループル 2108
Degree Fahrenheit 華氏度 2109
Script Small G 筆記体の小文字のg。実数記号 210A
Script Capital H 筆記体の大文字のH。ハミルトニアン演算子 210B
Black-Letter Capital H ブラックレターの大文字のH。ヒルベルト空間 210C
Double-Struck Capital H 黒板太字の大文字のH 210D
Planck constant プランク定数 210E
Planck Constant Over Two Pi プランク定数/2π。エイチバー。ディラック定数 210F
Script Capital I 筆記体の大文字のI 2110
Black-Letter Capital I ブラックレターの大文字のI。虚数部 2111
Script Capital L 筆記体の大文字のL。ラプラス変換 2112
Script Small L 筆記体の小文字のl(LaTeX: \ell)。リットルの伝統的な記号 2113
L B Bar Symbol LBバー記号。ポンド 2114
Double-Struck Capital N 黒板太字の大文字のN。自然数の集合 2115
Numero sign No. 2116
Sound recording copyright symbol レコード著作権記号 2117
Script Capital P 筆記体の大文字のP[5]ヴァイエルシュトラスの楕円函数ヴァイエルシュトラスのペー 2118
Double-Struck Capital P 黒板太字の大文字のP 2119
Double-Struck Capital Q 黒板太字の大文字のQ。有理数の集合 211A
Script Capital R 筆記体の大文字のR。リーマン積分 211B
Black-Letter Capital R ブラックレターの大文字のR。実数部 211C
Double-Struck Capital R 黒板太字の大文字のR。実数の集合 211D
Prescription Take R/。処方箋 211E
Response R/。答唱句 211F
Service mark SM。サービスマーク役務商標マーク 2120
Telephone Sign TEL。電話 2121
Trademark Sign TM。商標商標マーク 2122
Versicle V/。先唱句 2123
Double-Struck Capital Z 黒板太字の大文字のZ。整数の集合 2124
Ounce Sign オンス記号 2125
Ω Ohm Sign オーム記号 2126
Inverted Ohm Sign 毎オーム(モー)記号 2127
Black-Letter Capital Z ブラックレターの大文字のZ 2128
Turned Greek Small Letter Iota 回転したギリシア文字の小文字のι 2129
K Kelvin Sign ケルビン記号 212A
Å Ångström Sign オングストローム記号 212B
Script Capital B 筆記体の大文字のB。ベルヌーイ多項式 212C
Black-Letter Capital C ブラックレターの大文字のC 212D
Estimated symbol e-マーク 212E
Script Small E 筆記体の小文字のe。誤差ネイピア数 212F
Script Capital E 筆記体の大文字のE。起電力 2130
Script Capital F 筆記体の大文字のF。フーリエ変換 2131
Turned Capital F 逆向きの大文字のF。クラウディウス文字のディガンマ・インウェルスム 2132
Script Capital M 筆記体の大文字のM。M-行列マルクの古い記号 2133
Script Small O 筆記体の小文字のo。ランダウの o-記法 2134
Alef Symbol アレフ数 2135
Bet Symbol ベート数 2136
Gimel Symbol ギメル関数 2137
Dalet Symbol ダレット記号 2138
Information Source 太文字のi。情報源 2139
Rotated Capital Q 回転した大文字のQ。折り記号 213A
Fax Sign FAX。ファクシミリ 213B
Double-Struck Small Pi 黒板太字の小文字のπ 213C
Double-Struck Small Gamma 黒板太字の小文字のγ 213D
Double-Struck Capital Gamma 黒板太字の大文字のΓ 213E
Double-Struck Capital Pi 黒板太字の大文字のΠ 213F
Double–Struck N–Ary Summation 黒板太字の総和記号 2140
Turned Sans-Serif Capital G 回転したサンセリフ体の大文字のG 2141
Turned Sans-Serif Capital L 回転したサンセリフ体の大文字のL 2142
Reversed Sans-Serif Capital L 反転したサンセリフ体の大文字のL 2143
Turned Sans-Serif Capital Y 回転したサンセリフ体の大文字のY 2144
Double-Struck Italic Capital D 黒板太字のイタリック体の大文字のD 2145
Double-Struck Italic Small D 黒板太字のイタリック体の小文字のd 2146
Double-Struck Italic Small E 黒板太字のイタリック体の小文字のe 2147
Double-Struck Italic Small I 黒板太字のイタリック体の小文字のi 2148
Double-Struck Italic Small J 黒板太字のイタリック体の小文字のj 2149
Property line 敷地境界線 214A
Turned Ampersand 回転したアンパサンド線形論理における乗法的論理和。 214B
Per Sign per記号("per"という単語の意味で使う) 214C
Aktieselskab 公開会社 (デンマーク)(デンマークの会社組織の種類、公開型株式会社 214D
Turned Small F 回転した小文字のf 214E
Symbol for Samaritan Source サマリア文字記号(西洋古典学で使用) 214F

文字コード表

文字様記号(Letterlike Symbols)[1]
Official Unicode Consortium code chart (PDF)
 0123456789ABCDEF
U+210x
U+211x
U+212x
U+213x
U+214x
備考
1.^Unicode バージョン 9.0 現在

絵文字

文字様記号ブロックには2つの絵文字 U+2122 と U+2139 が収録されている[6][7]

この2文字に対し2種類の異体字セレクタ、絵文字表示(U+FE0F VS16)かテキスト表示(U+FE0E VS15)が適用できる。どちらもデフォルトはテキスト表示である[8]

絵文字の異体字シーケンス
U+21222139
base code point
base+VS15 (text)™︎ℹ︎
base+VS16 (emoji)™️ℹ️

履歴

以下の表に挙げられているUnicode関連のドキュメントには、このブロックの特定の文字を定義する目的とプロセスが記録されている。

バージョンコードポイント[lower-alpha 1]文字数L2 IDWG2 IDドキュメント
1.0.0U+2100..213857(to be determined)
L2/15-050R[lower-alpha 2][lower-alpha 3]Davis, Mark (2015-01-29), Additional variation selectors for emoji
3.0U+2139..213A2(to be determined)
L2/11-438[lower-alpha 4][lower-alpha 3]N4182Edberg, Peter (2011-12-22), Emoji Variation Sequences (Revision of L2/11-429)
3.2U+213D..2149, 214B14L2/00-119[lower-alpha 5]N2191RWhistler, Ken; Freytag, Asmus (2000-04-19), Encoding Additional Mathematical Symbols in Unicode
U+214A1L2/98-374N1887RFreytag, Asmus (1998-09-24), Three symbols
L2/00-091N2184Freytag, Asmus (2000-03-14), Additional information on the proposal to add three symbols
4.0U+213B1L2/99-353N2056 Amendment of the part concerning the Korean characters in ISO/IEC 10646-1:1998 amendment 5, (1999-07-29)
L2/99-380 Proposal for a New Work item (NP) to amend the Korean part in ISO/IEC 10646-1:1993, (1999-12-07)
L2/99-380.1 Cover page and Outline of the proposal, (1999-12-07)
L2/99-380.3 Annex B, Special characters compatible with KPS 9566-97 (To be extended), (1999-12-07)
L2/00-084N2182 Amendment of the part concerning the Korean characters in ISO/IEC 10646-1:1998 amendment 5, (1999-12-07)
L2/99-382Whistler, Ken (1999-12-09), Comments to accompany a U.S. NO vote on JTC1 N5999, SC2 N3393, New Work item proposal (NP) for an amendment of the Korean part of ISO/IEC 10646-1:1993
L2/00-066N2170 The technical justification of the proposal to amend the Korean character part of ISO/IEC 10646-1 (proposed addition of 79 symbolic characters), (2000-02-10)
L2/00-073N2167Karlsson, Kent (2000-03-02), Comments on DPRK New Work Item proposal on Korean characters
L2/00-285N2244 Proposal for the Addition of 82 Symbols to ISO/IEC 10646-1:2000, (2000-08-10)
L2/00-291Everson, Michael (2000-08-30), Comments to Korean proposals (L2/00-284 - 289)
N2282 Report of the meeting of the Korean script ad hoc group, (2000-09-21)
L2/01-349N2374 Proposal to add of 70 symbols to ISO/IEC 10646-1:2000, (2001-09-03)
L2/01-387N2390Kim, Kyongsok (2001-10-13), ROK's Comments about DPRK's proposal, WG2 N 2374, to add 70 symbols to ISO/IEC 10646-1:2000
L2/01-388N2392Kim, Kyongsok (2001-10-16), A Report of Korean Script ad hoc group meeting on Oct. 15, 2001
L2/01-458N2407Umamaheswaran, V. S. (2001-11-16), Request to Korean ad hoc group to generate mapping tables between ROK and DPRK national standards
L2/02-372N2453Umamaheswaran, V. S. (2002-10-30), Unconfirmed minutes of WG 2 meeting 42
4.1U+213C, 214C2L2/03-194N2590Freytag, Asmus (2003-06-09), Additional Mathematical and Letterlike Characters
L2/04-406Freytag, Asmus; Sargent, Murray; Beeton, Barbara; Carlisle, David (2004-11-15), Progress report on Mathematical Symbols
5.0U+214D1L2/04-394N2887, N2889Stötzner, Andreas (2004-11-09), Aktieselskab: Proposal to the Unicode Consortium
U+214E1L2/05-183N2957Everson, Michael; Haugen, Odd Einar; Emiliano, António; Pedro, Susana; Grammel, Florian; Baker, Peter; Stötzner, Andreas; Dohnicht, Marcus et al. (2005-08-02), Preliminary proposal to add medievalist characters to the UCS
L2/05-191Whistler, Ken (2005-08-02), Proposal for dealing with lowercase Claudian letters
L2/05-193R2N2960REverson, Michael (2005-08-12), Proposal to add Claudian Latin letters to the UCS
N2942Freytag, Asmus; Whistler, Ken (2005-08-12), Proposal to add nine lowercase characters
5.1U+214F1L2/06-245N3217Hudson, John (2006-07-27), Proposal to encode Samaritan Text symbol
  1. 提案されたコードポイントと文字の名前は、最終決定と異なる場合がある。
  2. L2/13-207, L2/14-054, L2/14-063, L2/15-051.html, L2/15-051.txtも参照。
  3. 絵文字関連の追加の文書については、その他の記号及び絵記号履歴節を参照。
  4. L2/10-458, L2/11-414, L2/11-415, L2/11-429も参照。
  5. 数学関連の追加の文書については、その他の数学記号B履歴節を参照。

関連項目

出典

  1. Unicode character database”. The Unicode Standard. 2016年7月9日閲覧。
  2. Enumerated Versions of The Unicode Standard”. The Unicode Standard. 2016年7月9日閲覧。
  3. The Unicode Standard, Version 8.0. Mountain View, CA, USA: The Unicode Consortium. (August 2015). ISBN 978-1-936213-10-8. http://www.unicode.org/versions/Unicode8.0.0/ch22.pdf 2015年9月6日閲覧。
  4. Letterlike Symbols ”. Unicode 9.0 Character Code Charts. Mountain View, CA, USA: The Unicode Consortium (2016年6月18日). 2016年11月23日閲覧。
  5. 名前は「大文字(Capital)」となっているが、実際は小文字である。
  6. UTR #51: Unicode Emoji”. Unicode Consortium (2016年6月3日). 2016年11月23日閲覧。
  7. UCD: Emoji Data for UTR #51”. Unicode Consortium (2016年6月2日). 2016年11月23日閲覧。
  8. Unicode Character Database: Standardized Variation Sequences”. The Unicode Consortium. 2016年11月23日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.