文化語 (朝鮮語)

文化語(ぶんかご、: 문화어 (文化語) , : 북한어 (北韓語) , : North Korean standard language)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の標準語である。

朝鮮語 > 文化語 (朝鮮語)
文化語 (北朝鮮の表記)
各種表記
チョソングル 문화어
漢字 文化語
発音 ムヌァオ (ムンファオ)
日本語読み: ぶんかご
RR式 Munhwaeo
MR式 Munhwaŏ
英語表記: North Korean standard language
北韓語 (韓国の表記)
各種表記
ハングル 북한어
漢字 北韓語
発音 プッカノ
日本語読み: ほっかんご
RR式 Bukhaneo
MR式 Puk'anŏ
英語表記: North Korean standard language

조선말대사전(朝鮮語大辞典)』(2017年)では、「平壌語を基礎として築かれた規範的な言葉。偉大なる首領金日成同志と偉大なる指導者金正日同志、敬愛する最高指導者金正恩同志の革命的文風を手本として民族語のあらゆる優秀な要素を集大成した素晴らしい言葉」とされる。また、『朝鮮語規範集』(2010年)中の「文化語発音法」の総則によれば、「朝鮮語発音法は、革命の首都・平壌を中心地とし、平壌語を土台として成り立った文化語の発音に基づく」とされる。

このように、北朝鮮での定義によれば文化語は、西北方言に属す平壌語を土台としていることになる。しかしながら、査定した朝鮮語標準語集からつながる文化語制定の歴史的経緯や、文化語の態様などを考えれば、文化語は純粋な平壌方言に基づくものではなく、ソウル方言を中心とした中部方言を土台として、それに平壌方言的な要素や語彙整理の成果などを若干加えて形作られたものであると考えられる。

背景

1945年の朝鮮解放後、38度線以北の北朝鮮では民間学術団体の朝鮮語学会(現・ハングル学会)が解放前に制定した「朝鮮語綴字法統一案」(1933年)と「査定した朝鮮語標準語集」(1936年)を引き続き使用した。朝鮮語学会の定めた標準語は「中流社会で用いるソウル語」としていたので、この当時の北朝鮮の標準語もこれに準拠していたと見られる。北朝鮮では「朝鮮語綴字法統一案」に代わる正書法として、1954年に「朝鮮語綴字法」を定めたが、この段階ではまだ旧来の「標準語」という概念を用いていた(第6章は「標準発音法および標準語と関連した綴字法」という見出しである)。その一方で、「朝鮮語綴字法」では「달걀닭알」(鶏卵)、「도둑도적」(泥棒)など、13の標準語の単語について修正を加えており、北朝鮮の言語使用の実情に合わせたと見られる若干の修正も試みられている。

1960年代に入り、いわゆる「主体思想」が台頭するとともに、言語政策においても北朝鮮の独自性を唱えるようになる。そのような中、1966年5月14日に金日成により「朝鮮語の民族的特性を正しく活かしていくことについて(조선어의 민족적특성을 옳게 살려나갈데 대하여)」が発表される。これはロシア語、英語、日本語などから導入された不要な外来語や不要な漢字語を固有語に言い換える国語醇化を推進することを主眼としたものであるが、標準語については以下のような言及がある。

「標準語」という言葉は別の言葉に言い換えねばなりません。「標準語」というと、あたかもソウル語を標準とするかのように誤って理解されるおそれがあるので、そのまま使う必要がありません。社会主義を建設している我々が、革命の首都たる平壌語を基準とし発展させた朝鮮語を、「標準語」と言うより別の名で呼ぶのが正しいです。
「文化語」という言葉もあまりよいものではありませんが、それでもそのように言い換えるのがよいです。

このようにして、ソウル語を基礎とした「標準語」と差別化を図る形で、北朝鮮の「文化語」という概念が形作られた。

特徴

文化語は、「平壌語を基準」とすると定義されているものの[1]、その特徴をみる限り、平壌方言をそのまま導入して作られたものとは言いがたい。上述のような経緯から、朝鮮語学会が定めた(ソウル方言を土台にした)標準語を基に、醇化語を導入したり、いくつかの平壌方言的な要素を取り入れたりして修正した標準語が文化語であるということができる。

語彙

語彙は韓国の標準語との違いが最も大きい部分である。その要因として、(1) 社会制度の差異により諸般の社会的な用語が異なった、(2) 国語醇化により語彙に違いが生じた、という2点が挙げられよう。

方言的な要因による南の標準語との違いを見ると、若干の語彙において平壌方言に由来すると見られる語彙が存在する。

南北で異なる単語の例
日本語 由来 由来
トウモロコシ 옥수수 강냉이
壊す 부수다 마스다, 부시다
安い 싸다 눅다
トイレ 화장실 化粧室 위생실 衛生室
乾杯 건배 乾杯 축배 祝杯

以上のような朝鮮の固有語だけでなく、漢字語や外来語の表記が南北で異なる場合もある。以下ではその代用的な例をいくつか取り上げる。

南北で漢字語の表記が異なる例
日本語
女性 여성 녀성
朝鮮民主女性同盟 조선민주여성동맹 조선민주녀성동맹
冷麺 냉면 랭면
旅人宿(旅館 여인숙 려인숙
旅券(パスポート) 여권 려권
連結 연결 련결
列車 열차 렬차
連盟 연맹 련맹
朝鮮基督教連盟 조선그리스도교연맹 조선그리스도교련맹
連合 연합 련합
連合国 연합국 련합국
連合国機構 국제 연합 련합국기구
労働者 노동자 로동자
老人 노인 로인
籠球(バスケットボール) 농구 롱구
礼儀 예의 례의
理由 이유 리유
楽園 낙원 락원
理髮所 이발소 리발소
洛東江 낙동강 락동강
南北で人名の表記が異なる例
漢字 備考
李成桂 이성계 리성계 朝鮮初代君主
梁世奉 양세봉 량세봉 日本植民地時代の朝鮮の独立運動家
李承晩 이승만 리승만 第1・2・3代大韓民国大統領
盧泰愚 노태우 로태우 第13代大韓民国大統領
盧武鉉 노무현 로무현 第16代大韓民国大統領
李明博 이명박 리명박 第17代大韓民国大統領
李同国 이동국 리동국 韓国のサッカー選手
南では外来語、北では翻訳語が使われる例
日本語
ハングル 由来 ハングル 備考
クリック 클릭 click 찰칵
サーバ 서버 server 봉사기 直訳: 奉仕器
ジャバスクリプト 자바스크립트 Java script (쟈바)각본 直訳: ジャバ脚本
ダンクシュート 덩크 슛 dunk shoot 꽂아넣기
ヘアドライヤー 헤어드라이어 hair dryer 건발기 直訳: 乾髪機
テレビチャンネル 텔레비전 채널 television channel 텔레비죤 통로 直訳: テレビジョン通路
ソプラノ 소프라노 伊: soprano 녀성고음 直訳: 女性高音
メゾソプラノ 메조소프라노 伊: mezzo-soprano 녀성중음 直訳: 女性中音
アルト 알토 伊: alto 녀성저음 直訳: 女性低音
テノール 테너 tenor 남성고음 直訳: 男性高音
バリトン 바리톤 baritone 남성중음 直訳: 男性中音
バス 베이스 bass 남성저음 直訳: 男性低音
ワンピース 원피스 one-piece dress 외동옷
キャラメル 캐러멜 caramel 기름사탕 直訳: 油砂糖
ヘリコプター 헬리콥터 helicopter 직승기 直訳: 直昇機
ハンドリング 핸들링 handling 손다치기
ビデオテープ 비디오 테이프 레코더 video tape recorder, VTR 록화기 直訳: 録画機
ピタゴラスの定理 피타고라스의 정리 Pythagoras's theorem 세평방 정리 直訳: 3平方定理
フリーキック

ペナルティーキック

프리킥,

페널티킥

free kick,

penalty kick

벌차기 直訳: 蹴り
ポールダンス 폴댄스 pole dance 기둥춤 直訳: 柱踊り
アイスクリーム 아이스크림 ice cream 에스키모,

얼음과자,

얼음보숭이

直訳: エスキモー

直訳: 氷菓子

ハンバーガー 햄버거 hamburger 고기 겹빵 直訳: 肉の八重パン
ゴールキーパー 골키퍼 goal keeper 문지기 直訳: 門守り
ストッキング 스타킹 stocking 하루살이 양말 直訳: カゲロウ靴下
パンティーストッキング 팬티스타킹 pantyhose 양말바지 直訳: 靴下ズボン
南北で外来語の表記が異なる例
日本語
ハングル 由来 ハングル 由来
エネルギー 에너지 英: energy 에네르기 和: エネルギー
キャンペーン 캠페인 英: campaign 깜빠니아 露: кампания
キロ 킬로 英: kilo 키로 和: キロ
コップ 英: cup 고뿌 和: コップ
コンピューター 컴퓨터 英: computer 콤퓨터 英: computer
テレビ 텔레비전 英: television 텔레비죤 英: television
トラクター 트랙터 英: tractor 뜨락또르 露: трактор
ビデオ 비디오 英: video 비데오 和: ビデオ
ページ 페이지 英: page 페지 和: ページ
ラジオ 라디오 英: radio 라지오 和: ラジオ
レール 레일 英: rail 레루 和: レール
南北で国名の表記が異なる例
日本語
ハングル 由来
アラブ首長国連邦 아랍에미리트 아랍추장국 아랍酋長國
アンギラ 앵귈라 앵귈러 英: Anguilla
イタリア 이탈리아 이딸리아 露: Италия
ウズベキスタン 우즈베키스탄 우즈베끼스딴 露: Узбекистан
エジプト 이집트 애급 または 에짚트 埃及、露: Египет
オーストラリア 오스트레일리아 오스트랄리아 露: Австралия
オランダ 네덜란드 네데를란드 または 화란 蘭: Nederland
カタール 카타르 까타르 露: катар
カナダ 캐나다 카나다 露: Канада,  仏: Canada
韓国 대한민국 남조선 南朝鮮
カンボジア 캄보디아 캄보쟈 露: Камбоджа
キューバ 쿠바 꾸바 露: Куба
サモア 사모아 서부사모아 英: Westen Samoa
シリア 시리아 수리아 亜: سوريا
スペイン 스페인 에스빠냐 西: España
セルビア 세르비아 쓰르비아, 쎄르비아 露: Сербия,  セルビア語: Србија
ソビエト連邦(ソ連) 소비에트 연방, 소련 쏘베트사회주의공화국련맹, 쏘련 露: Советский Союз
タイ 태국 타이 タイ語: ประเทศไทย
チェコスロバキア 체코슬로바키아 체스꼬슬로벤스꼬 チェコ語: Československo
チュニジア 튀니지 뜌니지 露: Тунис
トーゴ 토고 또고 露: Того
トルコ 터키 뛰르끼예 トルコ語: Türkiye
ハイチ 아이티 아이띠 仏: Haïti
パレスチナ 팔레스타인 팔레스티나 亜: جمهورية فلسطين
ハンガリー 헝가리 마쟈르 または 웽그리아 ハンガリー語: Magyarország,  露: Венгрия
バングラデシュ 방글라데시 방글라데슈 露: Бангладеш
ブルガリア 불가리아 벌가리아 露: Болгария
ベトナム 베트남 윁남 露: Вьетнам
ベラルーシ 벨라루스 벨라루씨 露: Беларусь
ペルー 페루 뻬루 露: Перу
ポーランド 폴란드 뽈스까 ポーランド語: Polska
ポルトガル 포르투갈 뽀르뚜갈 葡: Portugal
メキシコ 멕시코 메히꼬 西: México
ルーマニア 루마니아 로므니아 ルーマニア語: România
ロシア 러시아 로씨야 露: Россия
南北で都市名の表記が異なる例
日本語
ハングル 由来
ウラジオストク 블라디보스토크 울라지보스또끄 露: Владивосток
バレー 더밸리 밸리 英: Valley
東京 도쿄 도꾜 和: 東京
プラハ 프라하 쁘라하 チェコ語: Praha
ブリュッセル 브뤼셀 브류쎌 蘭: Brussel
ワルシャワ 바르샤바 와르샤와 ポーランド語: Warszawa

音韻

平壌を含む旧平安道一帯で使用されている西北方言(平安道方言)の特徴として、口蓋音化が起きていないことが挙げられる。朝鮮半島中南部の方言では、近世朝鮮語期において /i/ あるいは半母音 /y/ に先行する // が口蓋化し // に変化した。例えば、中期朝鮮語の「둏다(よい)」はソウル方言ではが口蓋音化して「좋다」となるが、平壌方言では「돟다」のようにが保たれる。また、平壌方言では母音 /i/ あるいは半母音 /y/ に先行する語頭の子音 // が脱落しない。例えば、「歯」の意の単語は、ソウル方言「」に対して平壌方言「」である。しかしながら、文化語はこのような平壌方言の典型的な音的特徴を反映しておらず、原則的に朝鮮語学会が定めた標準語と同様の音的特徴、すなわちソウル方言的な特徴をよく反映している。

なお、「로동(労働)」など語頭の /r/ 音を維持する発音規則は、1954年の「朝鮮語綴字法」においてすでに規定されている。

文法

文法項目を見ても、平壌方言的な特徴は文化語にほとんど見られない。例えば、「바다이(海が)」における母音語幹の体言に付く主格「-」、「(見たの?)」における下称の疑問形「-/-」など、平壌方言に見られるさまざまな文法的な形態の多くは、文化語に採用されていない。平壌方言に由来する文法形式で文化語に採用されたものとしては、過去継続を表す「-더랬-」などがある。

  • 학창시절에 권투를 하더랬다. 「学生時代にボクシングをしていた。」

文化語には、中部方言に由来すると推測される形式であっても、大韓民国(以下、「韓国」)の標準語と微妙に形式の異なるものがいくつかある。例えば韓国の標準語形「-고자 하다」(…しようとする)に対して、文化語形は「-고저 하다」である。「-고저 하다」という形式は韓国の話し言葉においても現れる形式であり、そのような形式を文化語で採用したものと考えられる。

脚注

出典

  1. リ・ギマン「朝鮮語の基準は平壌語」(『文化語学習』2003年第4号)では、「平壌語は、(中略)共和国北半部は勿論、ソウル語を始めとし南朝鮮各地で伝統的に用いてきた良い言語要素も吸収し発展させたものとして全体朝鮮人民が基準とし、発展させていかなければならない規範化された言語である。」とする。

参考文献

  • 김일성(1966) “조선어의 민족적특성을 옳게 살려나갈데 대하여
  • 김일성종합대학 조선어학강좌 (1968) ‘혁명의 붉은 수도 평양에서 이루어진 우리의 문화어’,“문화어학습창간호사회과학원출판사

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.