文化的景観

文化的景観(ぶんかてきけいかん、Cultural landscape)とは、人間と自然との相互作用によって生み出された景観を言う。景観とは既に現存する自然や人工の要素の集合体ではなく、自然と人為が関係しあっている様子、すなわち文化をも表現するという見方で、歴史的景観と表裏一体となっている。この場合の相互作用には、庭園等の様に人間が自然の中に作り出した景色、あるいは田園や牧場のように産業と深く結びついた景観、さらには自然それ自体にほとんど手を加えていなくとも、人間がそこに文化的な意義を付与したもの(宗教上の聖地とされた山など)が含まれる[1]

文化的景観としての世界遺産第1号となったトンガリロ国立公園

世界遺産

ユネスコ世界遺産委員会は、1992年に「世界遺産条約履行のための作業指針」の中に、文化的景観の概念を盛り込んだ[2]。分類上は文化遺産だが、自然的要素に特筆すべき点がある場合には複合遺産となる。

文化的景観を理由に登録された世界遺産の第1号は、トンガリロ国立公園ニュージーランド)である[1]。この物件は1990年に自然遺産として登録されていたが、マオリの信仰の対象としての文化的側面が評価され、1993年に複合遺産となった。

以降、文化的景観を登録名に関した物件は、「石見銀山遺跡とその文化的景観」(日本)、「スクルの文化的景観」(ナイジェリア)、「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群」(アフガニスタン)、「シントラの文化的景観」(ポルトガル)など枚挙に暇がない。また、登録名に文化的景観と冠していなくとも、「アルト・ドウロ・ワイン生産地域」(ポルトガル)や「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」などの農業景観、巡礼の道として登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」(日本)、国立公園であるにもかかわらず文化遺産として登録されている「シンクヴェトリル国立公園」(アイスランド)や「ホルトバージ国立公園」(ハンガリー)などは、いずれも文化的景観の範疇に属する。

逆に、1992年以前には文化的景観を理由とする登録は存在しなかったが、「ヴェルサイユの宮殿と庭園」(フランス)、「メテオラ」(ギリシャ)など、もしもその概念が存在していたならば、適用されていた可能性がある物件は複数存在している[2]

世界遺産に登録されている文化的景観の一覧

以下では世界遺産センターが公表している文化的景観のリスト[3]を基準にしつつ、世界遺産関連書籍でそのように位置づけられているものも含めている。

  • 特に出典の明記のないものは世界遺産センターのリストに掲載されている物件。
  • 地域区分は世界遺産センターの公式分類に基づく。
  • 登録年は文化的景観として登録された年。拡大登録などによって後から文化的景観と認められたものは、当初の登録年をカッコで示した。

アジア・太平洋

画像登録名保有国登録年分類登録基準
バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群アフガニスタン2003年文化(1), (2), (3), (4), (6)
バムとその文化的景観イラン2004年文化(2), (3), (4), (5)
ペルシア式庭園イラン2011年文化(1), (2), (3), (4), (6)
メイマンドの文化的景観イラン2015年文化(5)
ビームベートカーの岩陰遺跡インド2003年文化(3), (5)
バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナ哲学を表現したスバック・システムインドネシア2012年文化(3), (5), (6)
ウルル=カタ・ジュタ国立公園オーストラリア1994年(1987年)複合(5), (6), (7), (8)
タムガリの考古的景観にある岩絵群カザフスタン2004年文化(3)
聖なる山スライマン=トーキルギス2009年文化(3), (6)
シンガポール植物園シンガポール2015年文化(2), (4)
廬山国立公園中華人民共和国1996年文化(2), (3), (4), (6)
五台山中華人民共和国2009年文化(2), (3), (4), (6)
杭州西湖の文化的景観中華人民共和国2011年文化(2), (3), (6)
紅河ハニ棚田群の文化的景観中華人民共和国2013年文化(3), (5)
左江花山の岩絵の文化的景観中華人民共和国2016年文化(3), (6)
ニサのパルティア時代の城塞群[4]トルクメニスタン2007年文化(2), (3)
紀伊山地の霊場と参詣道日本2004年文化(2), (3), (4), (6)
石見銀山遺跡とその文化的景観日本2007年文化(2), (3), (5)
トンガリロ国立公園ニュージーランド1993年(1990年)複合(6), (7), (8)
ロイ・マタ首長の領地バヌアツ2008年文化(3), (5), (6)
クックの初期農業遺跡パプアニューギニア2008年文化(3), (4)
フィリピン・コルディリェーラの棚田群フィリピン1995年文化(3), (4), (5)
チャンアンの景観関連遺産ベトナム2014年複合(5), (7), (8)
オルホン渓谷の文化的景観モンゴル2004年文化(2), (3), (4)
モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群[5]モンゴル2011年文化(3)
大山ブルカン・カルドゥンとその周辺の神聖な景観[6]モンゴル2015年文化(4), (6)
チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群ラオス2001年文化(3), (4), (6)

アラブ

画像登録名保有国登録年分類登録基準
アル・アインの文化的遺跡群(ハフィート、ヒリ、ビダ・ビント・サウードとオアシス群)[5]アラブ首長国連邦2011年文化(3), (4), (5)
シリア北部の古代村落群シリア2011年文化(3), (4), (5)
オリーブとワインの地パレスチナ - エルサレム地方南部バティールの文化的景観パレスチナ自治政府2014年文化(4), (5)
ワディ・ラム保護地域[5]ヨルダン2011年文化(3), (5), (7)
カディーシャ渓谷と神の杉の森レバノン1998年文化(3), (4)

アフリカ

画像登録名保有国登録年分類登録基準
コンソの文化的景観エチオピア2011年文化(3), (5)
ロペ=オカンダの生態系と残存する文化的景観ガボン2007年複合(3), (4), (9), (10)
ミジケンダのカヤの聖なる森林群ケニア2008年文化(3), (5), (6)
マトボの丘群ジンバブエ2003年文化(3), (5), (6)
サルーム・デルタセネガル2011年文化(3), (4), (5)
バサリ地方 : バサリ、フラ、ベディクの文化的景観セネガル2012年文化(3), (5), (6)
エネディ山地の自然的・文化的景観チャド2016年複合(3), (7), (9)
バタマリバ人の土地クタマクトーゴ2004年文化(5), (6)
スクルの文化的景観ナイジェリア1999年文化(3), (5), (6)
オシュン=オショグボの聖なる木立ナイジェリア2005年文化(2), (3), (6)
アンブヒマンガの丘の王領地マダガスカル2001年文化(3), (4), (6)
マプングブエの文化的景観南アフリカ共和国2003年文化(2), (3), (4), (5)
リフタスフェルトの文化的・植物的景観南アフリカ共和国2007年文化(4), (5)
コマニの文化的景観南アフリカ共和国2017年文化(3), (4), (5), (6)
ル・モーンの文化的景観モーリシャス2008年文化(3), (6)

ヨーロッパ・北アメリカ

画像登録名保有国登録年分類登録基準
シンクヴェトリル国立公園アイスランド2004年文化(3), (6)
ゴブスタンの岩絵の文化的景観アゼルバイジャン2007年文化(3)
パパハナウモクアケアアメリカ合衆国2010年複合(3), (6), (8), (9), (10)
マドリウ=ペラフィタ=クラロ渓谷アンドラ2004年文化(5)
ブレナヴォン産業用地イギリス2000年文化(3), (4)
キューの王宮植物園群イギリス2003年文化(2), (3), (4)
セント・キルダイギリス2005年(1986年)複合(3), (5), (7), (9), (10)
コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観イギリス2006年文化(2), (3), (4)
イングランドの湖水地方イギリス2017年文化(2), (5), (6)
ネゲヴ砂漠の香の道と都市群イスラエル2005年文化(3), (5)
アマルフィ海岸イタリア1997年文化(2), (4), (5)
ポルトヴェーネレチンクエ・テッレと小島群イタリア1997年文化(2), (4), (5)
パエストゥムヴェーリアの考古遺跡群やパドゥーラのカルトジオ修道院を含むチレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園イタリア1998年文化(3), (4)
ピエモンテ州とロンバルディア州のサクリ・モンティイタリア2003年文化(2), (4)
ヴァル・ドルチャイタリア2004年文化(4), (6)
トスカーナ地方のメディチ家の別荘と庭園群イタリア2013年文化(2), (4), (6)
ピエモンテのブドウ畑の景観:ランゲ=ロエーロとモンフェッラートイタリア2014年文化(3), (5)
レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観[5]イタリア / スイス2008年文化(2), (4)
ケルソネソス・タウリケの古代都市とその農業領域ウクライナ2013年文化(2), (5)
ザルツカンマーグート地方のハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観オーストリア1997年文化(3), (4)
ヴァッハウ渓谷の文化的景観オーストリア2000年文化(2), (4)
フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観オーストリア/ハンガリー2001年文化(5)
グラン=プレの景観カナダ2012年文化(5), (6)
スタリー・グラード平原[5][7]クロアチア2008年文化(2), (3), (5)
ラヴォーのブドウ段々畑スイス2007年文化(3), (4), (5)
エーランド島南部の農業景観スウェーデン2000年文化(4), (5)
アランフエスの文化的景観スペイン2001年文化(2), (4)
トラムンタナ山脈の文化的景観スペイン2011年文化(2), (4), (5)
ピレネー山脈のモン・ペルデュスペイン/フランス1997年複合(3), (4), (5), (7), (8)
レドニツェとヴァルチツェの文化的景観チェコ1996年文化(1), (2), (4)
シェラン島北部のパル・フォルス式狩猟の景観デンマーク2015年文化(2), (4)
南西グリーンランド氷帽周縁部でのノース人イヌイットの営農地域デンマーク2017年文化(5)
デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国ドイツ2000年文化(2), (4)
ライン渓谷中流上部ドイツ2002年文化(2), (4), (5)
ドレスデン・エルベ渓谷
(2009年抹消
ドイツ2004年文化(2), (3), (4), (5)
ベルクパルク・ヴィルヘルムスヘーエドイツ2013年文化(3), (4)
ムスカウ公園ドイツ/ポーランド2004年文化(1), (4)
ペルガモンとその重層的な文化的景観[4]トルコ2014年文化(1), (2), (3), (4), (6)
ディヤルバクル城塞とヘヴセル庭園の文化的景観トルコ2015年文化(4)
ヴェーガ群島ノルウェー2004年文化(5)
プスタのホルトバージ国立公園ハンガリー1999年文化(4), (5)
トカイのワイン産地の歴史的・文化的景観ハンガリー2002年文化(3), (5)
サン=テミリオン地域フランス1999年文化(3), (4)
シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷フランス2000年文化(1), (2), (4)
コースとセヴェンヌの地中海農牧業の文化的景観フランス2011年文化(3), (5)
ノール=パ・ド・カレーの炭田地帯フランス2012年文化(2), (4), (6)
ブルゴーニュのブドウ畑のクリマフランス2015年文化(3), (5)
シャンパーニュの丘陵、メゾンとカーヴフランス2015年文化(3), (4), (6)
タプタプアテアフランス2017年文化(3), (4), (6)
カルヴァリア・ゼブジドフスカ:マニエリスム建築と公園が織りなす景観と巡礼公園ポーランド1999年文化(2), (4)
シントラの文化的景観ポルトガル1995年文化(2), (4), (5)
アルト・ドウロ・ワイン生産地域ポルトガル2001年文化(3), (4), (5)
ピコ島のブドウ畑文化の景観ポルトガル2004年文化(3), (5)
クルシュー砂州リトアニア/ロシア2000年文化(5)
ケルナヴェ考古遺跡(ケルナヴェ文化保護区)リトアニア2004年文化(3), (4)

ラテンアメリカ・カリブ海

画像登録名保有国登録年分類登録基準
ケブラーダ・デ・ウマワーカアルゼンチン2003年文化(2), (4), (5)
フライ・ベントスの産業景観[8]ウルグアイ2015年文化(2),(4)
ビニャーレス渓谷キューバ1999年文化(4)
キューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観キューバ2000年文化(3), (4)
コロンビアのコーヒー産地の文化的景観コロンビア2011年文化(5), (6)
スウェルの鉱山都市[5][7]チリ2006年文化(2)
リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群ブラジル2012年文化(5), (6)
パンプーリャの近代建築群ブラジル2016年文化(1), (2), (4)
テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観メキシコ2006年文化(2), (4), (5), (6)
オアハカ中央盆地にあるヤグルとミトラの先史時代の洞窟群メキシコ2010年文化(3)

日本

日本では、2005年4月1日に施行された改正文化財保護法第2条第1項第5号によって、文化的景観に関する規定が新たに盛り込まれ、文化庁内に設置された文化的景観の保存・整備・活用に関する検討委員会は「風土に根差し営まれてきた生活や生業を表す景勝地」との観点から、一次調査で農林水産業に関する候補地2311ヶ所を選出し、二次調査で502、最終調査で180に絞り込んだ後、66件を重要地域とし、その中から重要文化的景観を選定している[9]。現在は一次産業が主体であるが、将来的には例えば工業地帯ニュータウン商店街のような分野への応用も視野に入れている[10]

脚注

  1. 世界遺産検定事務局 2013, p. 33
  2. Nora Mitchell, Mechtild Rössler & Pierre-Marie Tricaud 2015, p. 27
  3. Cultural Landscapes(2017年9月23日閲覧)
  4. 世界遺産検定事務局 2016a, p. 268で文化的景観として挙げられている。
  5. World Heritage Cultural Landscapes 2011(ICOMOS)
  6. 世界遺産検定事務局 2016a, p. 272で文化的景観とされている。
  7. 世界遺産アカデミー & 世界遺産検定事務局 2009(p.15) ではリストに含まれている。出典はICOMOS Documentation Centre.
  8. 世界遺産検定事務局 2016b, p. 377で文化的景観とされている。
  9. 『日本の文化的景観 農林水産業に関連する文化的景観の保護に関する調査研究報告書』文化庁文化財部記念物課監修 同成社 2005年 ISBN 4-88621-334-0
  10. 採掘・製造、流通・往来及び居住に関連する文化的景観の保護に関する調査研究(報告) 採掘・製造、流通・往来及び居住に関連する文化的景観の保護に関する調査研究会編(文化庁)-(PDF)

関連項目

参考文献

  • Nora Mitchell; Mechtild Rössler; Pierre-Marie Tricaud 『世界遺産の文化的景観 保全・管理のためのガイドブック』 奈良文化財研究所、2015年。ISBN 9784905338475。
  • 国立文化財機構奈良文化財研究所文化遺産部景観研究室編 『文化的景観保存計画の概要 3』 国立文化財機構奈良文化財研究所。ISBN 9784905338536。
  • 世界遺産アカデミー; 世界遺産検定事務局 『世界遺産検定公式テキスト1』 毎日コミュニケーションズ、2009年。
  • 世界遺産検定事務局 『すべてがわかる世界遺産大事典〈上〉』 マイナビ出版、2016年。(世界遺産アカデミー 監修)
  • 世界遺産検定事務局 『すべてがわかる世界遺産大事典〈下〉』 マイナビ出版、2016年。(世界遺産アカデミー 監修)
  • 世界遺産検定事務局 『くわしく学ぶ世界遺産300』 マイナビ、2013年。(世界遺産アカデミー 監修)
  • 『日本の文化的景観 農林水産業に関連する文化的景観の保護に関する調査研究報告書』 文化庁文化財部記念物課、同成社 (2005/09) ISBN 978-4-88621-334-1
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.