敷津西

日本 > 大阪府 > 大阪市 > 浪速区 > 敷津西
敷津西
敷津西
敷津西の位置
敷津西
敷津西の位置
北緯34度39分26.93秒 東経135度29分42.45秒
日本
都道府県 大阪府
市町村 大阪市
浪速区
面積
  合計 0.152342009km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
  合計 4,434人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
556-0015[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ

敷津西(しきつにし)は、大阪府大阪市浪速区町名。現行行政地名は敷津西一丁目及び敷津西二丁目。

地理

大阪市浪速区の中央部に位置。東は国道25号を挟んで敷津東、南は大国、北は元町、西はJR西日本関西本線を挟んで塩草にそれぞれ接する。

地内にある敷津松之宮摂社の大国主神社がよく知られており、南に隣接する大国との間には大国町駅がある。

歴史

もとは西成郡木津村の一部。

町名としては、大阪市編入から3年後の1900年明治33年)に木津敷津町として誕生し、1925年大正14年)に「木津」の冠称を廃した。

現行行政地名は1980年昭和55年)実施で、旧・敷津町の西部、大国町の北部、鴎町の北部、勘助町の北部、三島町の東部におおむね該当する。

地名の由来

海浜地帯の総称とされる敷津に由来する。

世帯数と人口

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目世帯数人口
敷津西一丁目 1,763世帯 2,252人
敷津西二丁目 1,712世帯 2,182人
3,475世帯 4,434人

人口の変遷

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 2,894人[5]
2000年(平成12年) 2,749人[6]
2005年(平成17年) 3,441人[7]
2010年(平成22年) 4,109人[8]
2015年(平成27年) 4,845人[9]

世帯数の変遷

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 1,578世帯[5]
2000年(平成12年) 1,673世帯[6]
2005年(平成17年) 2,467世帯[7]
2010年(平成22年) 3,226世帯[8]
2015年(平成27年) 3,699世帯[9]

事業所

2016年(平成28年)現在の経済センサス調査による事業所数と従業員数は以下の通りである[10]

丁目事業所数従業員数
敷津西一丁目 73事業所 621人
敷津西二丁目 120事業所 843人
193事業所 1,464人

施設

公共施設

公園

  • 鴎町公園 - 公園内に「折口信夫生誕の地」の碑がある[11]

社寺

交通

大国町駅

鉄道

道路

国道

その他

日本郵便

出身・ゆかりのある人物

脚注

  1. 大阪府大阪市浪速区の町丁・字一覧 (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月20日閲覧。
  2. 住民基本台帳人口・外国人人口 (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. 敷津西の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  6. 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  7. 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  8. 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  9. 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  10. 平成28年経済センサス-活動調査 / 事業所に関する集計 産業横断的集計 都道府県別結果 (日本語). 総務省統計局 (2018年6月28日). 2019年10月23日閲覧。
  11. 「折口信夫生誕の地」の碑と文学碑浪速区公式サイト。2020年12月12日閲覧。
  12. 郵便番号簿 2018年度版 (PDF) (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.