数式エディタ

数式エディタ(すうしきエディタ)は、コンピュータ上で数式を組版して表示するためのソフトである。

概要

数式を含んだ専門的な内容の文章を、印刷用の組版がなされたファイルとして保存したり、Webへのアップロードやプレゼンテーション等に使えるラスター形式で出力したりするためのワープロソフトとして機能する。通常のエディタやワープロソフトで数式を入力することは困難が伴うが、数式エディタを使うと数式を直感的に作成・編集できるので (WYSIWYG)、文章のチェックが簡単かつ詳細にできる。また、組版された状態のファイルとして保存されるので、そのまま印刷に回されるファイルの組版を本人がチェックできるという利点がある。

TeXMathML などのように、マークアップ言語を介して数式の表示方法を記述する組版ソフトが古くから知られるが、マウスなどを用いて数式を挿入でき、また編集結果を WYSIWIG で逐一チェックできるような、GUI に対応した数式エディタが現在の主流である。LyX を初めとして、GUI に対応した TeX や MathML のフロントエンドが多数公開されている。また、Microsoft Office に付属の数式エディタなど、オフィススイートの一部として既存のワープロソフトと組み合わせて使われるものも多い。高度なものになると、Mathematica のようにシンボリック計算の結果がグラフとして生成されるソフトもあるが、これらは通常数式処理システムと呼ばれ、編集・表示および組版に重きを置いた数式エディタとは区別される。

主な数式エディタ

キーボード入力 GUI 入力 TeX 形式のサポート MathML 形式のサポート ラスター形式のサポート 自動レイアウト機能 数式処理のサポート OLEサーバー機能 (Windows) 備考
Apache OpenOffice Math YesYesYesNoYesNoYes Apache OpenOffice に付属の数式エディタ。旧OpenOffice.org Math
AxMath YesYesYesNoYesYesYesYes インタラクティブなWYSIWYG式エディタ。
カルキング YesYesexport onlyYesYesYesYes 日本産の数式処理システム。
JS数式作成ツール YesYesNoNoNoNoNoYes 一太郎 に付属の数式エディタ。バージョン3.0が最新版。
KFormula Yes Calligra Suite (旧KOffice) に付属の数式エディタ。
LibreOffice Math YesYesYesNoYesNoYes OpenOffice.org から派生した LibreOffice に付属の数式エディタ。
LyX YesYesYesNoNo TeX / LaTeX のフロントエンド。
Maple YesYesexport onlyexport onlyYesYesYes 数式処理システム。
MathCast YesNoNoYesYesYes オープンソース。
Mathematica YesYesYesYesYesYesYes 最も高度な数値演算とグラフをサポートする数式処理システム。
MathMagic YesYesYesYesYesYesNo Mac OS X と Windows に対応。
MathNote YesYesexport onlyexport onlyYesYesNoNo 日本産の数式ワープロソフト。LaTeX変換機能、作図機能あり。カルキングのエディタ機能部分のみを取り出し、強化したもの。
MathType YesYesYesexport onlyYesNoNoYes 「Microsoft 数式エディタ」の上位互換製品。試用版もある。
Microsoft 数式エディタ YesYesNoNoNoNoNoYes Microsoft Word に付属の数式エディタ。バージョン3.0が最新版。MathType の機能を限定した OEM 版。2018年1月にOffice製品から機能削除された。
Microsoft Office 数式エディタ YesYes部分的に対応YesYesYesNoNo Word 2007 以降に付属の高度な数式エディタ。マイクロソフト製。Office 2003以前のファイル形式で保存する場合は使用できない。Office Math Markup Language (OMML) に対応。
式楽 (SikiRaku) YesNoYesYesNoNo 仮想キーボード型の数式エディタ。式をWordに貼り付けて利用する。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.