教育航空集団

教育航空集団(きょういくこうくうしゅうだん、英称:Air Training Command)とは、主に海上自衛隊が運用する航空機の操縦士や戦術航空士を含む航空士を養成する組織である。司令部は千葉県柏市下総航空基地におかれている。教育航空集団司令官は海将をもって充てられており[1]、防衛大臣から直接指揮監督を受ける[2]。なお航空自衛隊航空教育集団も英訳は同じAir Training Commandであるが、こちらは飛行要員以外の教育も任務としており、教育航空集団と深い関係は無い。

教育航空集団
Air Training Command
創設 1961年9月1日
所属政体 日本
所属組織 海上自衛隊
兵種/任務/特性 教育航空部隊
所在地 司令部:下総航空基地
上級単位 防衛大臣直轄

航空機整備員や航空基地要員の教育訓練は海上自衛隊第3術科学校で行われる。

沿革

  • 1958年(昭和33年)
    • 2月1日:岩国航空教育隊が新編。
    • 12月16日鹿屋航空隊教育部が鹿屋教育航空隊として独立、岩国航空教育隊が岩国教育航空隊に改称。
  • 1961年(昭和36年)9月1日:「教育航空集団」が新編。
※ 岩国教育航空隊が岩国教育航空群に、鹿屋教育航空隊が鹿屋教育航空群に、徳島航空隊第14飛行隊が第204教育航空隊に、館山航空隊第151飛行隊が第211教育航空隊に、館山航空隊教育部が第221教育航空隊にそれぞれ改編し、隷下に編入。
※ 新編時の教育航空集団の編成
  • 司令部:岩国航空基地
  • 鹿屋教育航空群(司令部・第201教育航空隊(SNJP2V-7)・第203教育航空隊(PV-2R4D)・第205教育航空隊・第201支援整備隊)
  • 岩国教育航空群(司令部・第202教育航空隊(SNBB-65P)・第202支援整備隊・岩国航空基地隊)
  • 第204教育航空隊(S2F-1:徳島)・第211教育航空隊(BellS-55:館山)・第221教育航空隊(館山)
  1. 下総教育航空群を新編。
  2. 鹿屋教育航空群が廃止、同群隷下の第203教育航空隊を教育航空集団直轄に編成替え。
  3. 第211教育航空隊が館山航空基地から鹿屋航空基地へ移転。
  • 5月16日:鹿屋教育航空群(司令部・第203教育航空隊・第211教育航空隊・第204支援整備隊)を再編。
  1. 鹿屋教育航空群が廃止。同群隷下の第211教育航空隊は教育航空集団直轄に編成替え、第203教育航空隊は廃止。
  2. 下総教育航空群隷下にP-3C教育航空隊として第206教育航空隊が新編。
  1. 下総教育航空群隷下の第206教育航空隊を「第203教育航空隊」に、第201支援整備隊を「第203支援整備隊」に改称。
  2. 小月教育航空群隷下の第221教育航空隊を「小月教育航空隊」に、第203支援整備隊を「第201支援整備隊」に改称。
  • 1998年(平成10年)12月8日:補給整備部門の組織改編により、各航空群隷下の支援整備隊と航空基地隊補給隊を統合し、整備補給隊に改編。
  • 2011年(平成23年)6月1日YS-11T-Aが全機除籍となり、下総教育航空群隷下の第205教育航空隊が廃止。
  • 2016年(平成28年)3月31日:第211教育航空隊所属のOH-6DAが全機除籍。
  • 2018年(平成30年)3月23日:第211教育航空隊を「第211教育航空隊」(回転翼基礎課程及び計器飛行課程担任)と「第212教育航空隊」(実用機課程担任)に分離改編[4][5]

部隊編成

主要幹部

官職名階級氏名補職発令日前職
教育航空集団司令官海将森田義和2020年08月25日呉地方総監部幕僚長
幕僚長1等海佐石川一郎2019年04月01日航空集団司令部訓練主任幕僚
教育主任幕僚1等海佐田畠直人2020年08月03日統合幕僚学校教育課教務班長
歴代の教育航空集団司令官
(海将・指定職2号)
氏名在職期間出身校・期前職後職備考
教育航空集団司令(海将補/1967年3月1日以降海将)
1大野義高1961年9月1日
1963年4月30日
海兵59期海上幕僚監部経理補給部副部長
→1961年7月15日
海上幕僚監部付
航空集団司令官兼 岩国教育航空群司令
2岡本晴年1963年5月1日
1964年12月15日
海兵60期第1航空群司令海上自衛隊幹部候補生学校長1963年5月1日 - 9月1日
兼 岩国教育航空群司令
3武田春雄1964年12月16日
1965年12月15日
第2航空群司令海上幕僚監部付
→1966年1月1日 退職
4高橋定1965年12月16日
1967年1月15日
海兵61期第3航空群司令海上自衛隊第1術科学校長1966年7月1日 海将昇任
5伊吹正一1967年1月16日
1967年7月27日
海兵62期第2航空群司令教育航空集団司令官海将
教育航空集団司令官(海将
1伊吹正一1967年7月28日
1967年12月31日
海兵62期教育航空集団司令航空集団司令官
2内田 泰1968年1月1日
1968年12月15日
海兵64期海上幕僚監部防衛部副部長航空集団司令部付
→1969年1月1日
航空集団司令官
海将補
3安藤信雄1968年12月16日
1971年1月15日
海兵65期航空集団司令官就任時海将補
1970年1月1日 海将昇任
4鮫島博一1971年1月16日
1972年12月15日
海兵66期海上幕僚監部防衛部長航空集団司令官
5肥田真幸1972年12月16日
1973年11月30日
海兵67期第1航空群司令航空集団司令官海将補
6植草重信1973年12月1日
1975年3月16日
海兵69期統合幕僚会議事務局
第3幕僚室長
大湊地方総監就任時海将補
1974年12月5日 海将昇任
7青木国雄1975年3月17日
1976年6月30日
海兵70期横須賀地方総監部幕僚長舞鶴地方総監就任時海将補
1976年3月16日 海将昇任
8宮澤正介1976年7月1日
1977年6月30日
海兵71期第2航空群司令航空集団司令官就任時海将補
1977年2月1日 海将昇任
9岸本一郎1977年7月1日
1979年1月31日
海兵72期海上幕僚監部監察官退職
10杉浦喜義1979年2月1日
1980年2月14日
海兵73期海上幕僚監部調査部長佐世保地方総監
11土橋琢治1980年2月15日
1980年7月31日
海兵74期第1航空群司令海上幕僚監部付
→1980年10月18日 死去
12小崎啓介1980年8月1日
1981年6月30日
海上幕僚監部付
→1981年7月7日 停年退官
海将補
13重野正夫1981年7月1日
1983年2月15日
海兵75期第4航空群司令自衛艦隊司令部付
→1983年3月16日
航空集団司令官
就任時海将補
1983年1月1日 海将昇任
14古閑健一郎1983年2月16日
1984年1月16日
熊本大
3期幹候
第4航空群司令
→1983年1月20日
航空集団司令部付
航空集団司令官就任時海将補
1983年8月1日 海将昇任
15坂入和郎1984年1月17日
1985年6月30日
青学大
3期幹候
自衛艦隊司令部幕僚長統合幕僚学校長
16寺井愛宕1985年7月1日
1986年6月16日
海保大2期・
6期幹候
第4航空群司令航空集団司令官
17富田成昭1986年6月17日
1987年7月6日
鹿児島大
6期幹候
海上自衛隊幹部学校長大湊地方総監
18岡部文雄1987年7月7日
1988年7月6日
防大2期海上幕僚監部防衛部長舞鶴地方総監
19原田政昭1988年7月7日
1989年8月30日
防大3期海上幕僚監部総務部長海上幕僚副長
20齊藤又三郎1989年8月31日
1991年3月15日
防大2期統合幕僚会議事務局第2幕僚室長航空集団司令官
21林 赳夫1991年3月16日
1992年6月15日
自衛艦隊司令部幕僚長退職
22夏川和也1992年6月16日
1993年6月30日
防大6期海上幕僚監部人事教育部長海上幕僚副長
23佐伯聖二1993年7月1日
1994年6月30日
防大7期海上幕僚監部防衛部長
24杉山靖樹1994年7月1日
1995年6月29日
防大8期統合幕僚会議事務局第3幕僚室長航空集団司令官
25藤田幸生1995年6月30日
1996年6月30日
防大9期海上幕僚監部防衛部長航空集団司令官
26仲摩徹彌1996年7月1日
1997年6月30日
防大10期阪神基地隊司令
27石川 亨1997年7月1日
1999年7月8日
防大11期海上幕僚監部防衛部長佐世保地方総監
28角田陽三1999年7月9日
2000年3月29日
自衛艦隊司令部幕僚長航空集団司令官
29小串 茂2000年3月30日
2002年3月21日
防大13期佐世保地方総監部幕僚長
30中島榮一2002年3月22日
2003年3月26日
防大15期自衛艦隊司令部幕僚長海上自衛隊幹部学校長
31荒川堯一2003年3月27日
2004年8月29日
防大16期海上幕僚副長
32半田謙次郎2004年8月30日
2006年3月26日
防大17期海上幕僚監部人事教育部長呉地方総監
33宮本治幸2006年3月27日
2007年7月3日
防大16期大湊地方総監退職
34倉本憲一2007年7月4日
2009年3月23日
防大19期海上自衛隊幹部学校長航空集団司令官
35方志春亀2009年3月24日
2011年8月4日
防大20期舞鶴地方総監退職
36鮒田英一2011年8月5日
2012年7月25日
東京大
31期幹候
海上幕僚監部人事教育部長海上幕僚副長
37小野原正信2012年7月26日
2013年8月21日
防大22期海上自衛隊補給本部長退職
38坂田竜三2013年8月22日
2014年12月14日
防大26期横須賀地方総監部幕僚長大湊地方総監
39池 太郎2014年12月15日
2016年6月30日
防大27期海上自衛隊幹部候補生学校長呉地方総監
40渡邊剛次郎2016年7月1日
2018年3月26日
防大29期海上幕僚監部防衛部長横須賀地方総監
41西成人2018年3月27日
2020年8月24日
防大30期横須賀地方総監部幕僚長海上幕僚副長
42森田義和2020年8月25日防大30期呉地方総監部幕僚長

脚注

  1. 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)第22条の3”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2019年12月23日閲覧。
  2. 自衛隊法(昭和29年6月9日法律第165号)第17条の2”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2019年12月30日閲覧。
  3. 防衛庁設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律(昭和42年7月28日法律第89号)
  4. 鹿屋航空基地ホームページ>部隊紹介
  5. 2018年3月23日付防衛省発令(1佐職人事)

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.