揚州 (古代)

揚州(ようしゅう)は、中国の歴史的なの一つ。

概要

書経』禹貢篇によると、上古の中国の九州のうち、揚州は北は淮水、南は海(南シナ海)にいたる地域とされている。

紀元前106年元封5年)、武帝が全国を13州に分割し、各州に刺史を置くと、揚州刺史部が置かれた。前漢の揚州は廬江九江会稽丹陽豫章六安の6郡国を管轄した[1]

後漢のとき、揚州は九江・丹陽・廬江・会稽・・豫章の6郡92県を管轄した[2]194年興平元年)、孫策が豫章郡を分割して廬陵郡を立てた[3]。さらに孫権208年建安13年)に丹楊郡を分割して新都郡を立て、210年(建安15年)に豫章郡を分割して鄱陽郡を立てた[4]

257年太平2年)、孫亮が豫章郡を分割して臨川郡を立て、会稽郡を分割して臨海郡を立てた。260年永安3年)、孫休が会稽郡を分割して建安郡を立てた。266年宝鼎元年)、孫晧が会稽郡を分割して東陽郡を立て、呉郡を分割して呉興郡を立てた。267年(宝鼎2年)、豫章・廬陵・長沙の3郡を分割して安成郡を立てた[5]。さらに廬陵郡を分割して廬陵南部都尉を立てた。呉の揚州は丹楊・呉・会稽・呉興・新都・東陽・臨海・建安・豫章・鄱陽・臨川・安成・廬陵南部の14郡を管轄した。江北の廬江郡と九江郡の地や合肥から北の寿春までの地は、の揚州に属した。

が呉を平定すると、安成郡を荊州に転属させ、丹楊郡を分割して宣城郡を立て、新都郡を新安郡と改称し、廬陵南部都尉を南康郡と改め、建安郡を分割して晋安郡を立て、丹楊郡を分割して毗陵郡を立てた。晋の揚州は丹楊・宣城・淮南・廬江・毗陵・呉・呉興・会稽・東陽・新安・臨海・建安・晋安・豫章・臨川・鄱陽・廬陵・南康の18郡173県を管轄した[6]

南朝宋のとき、揚州は丹陽・会稽・呉・呉興・淮南・宣城・東陽・臨海・永嘉・新安の10郡80県を管轄した[7]

南朝斉のとき、揚州は丹陽・会稽・呉・呉興・東陽・新安・臨海・永嘉の8郡を管轄した[8]

北魏のとき、揚州は淮南北譙陳留北陳辺城新蔡安豊下蔡潁川の10郡21県を管轄した[9]

589年開皇9年)、により呉州が揚州と改められた。この揚州については、揚州 (江蘇省)の記事を参照されたい。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、揚州が江都郡と改称された[10]

620年武徳3年)、杜伏威を降伏させると、丹陽郡江寧県に揚州が置かれ、江都郡は兗州と改められた。624年(武徳7年)、兗州が邗州と改称された。626年(武徳9年)、江寧県の揚州が廃止され、邗州が揚州と改称された。742年天宝元年)、揚州は広陵郡と改称された。758年乾元元年)、広陵郡は揚州と改称された。唐の揚州は江都江陽六合海陵高郵揚子天長の7県を管轄した[11]

北宋のとき、揚州は淮南東路に属し、江都県1県を管轄した。南宋のとき、揚州は江都・広陵泰興の3県を管轄した[12]

1276年至元13年)、により揚州大都督府が立てられ、江淮等処行中書省が置かれた。1277年(至元14年)、揚州路総管府と改められた。1278年(至元15年)、淮東道宣慰司が置かれた。1282年(至元19年)、宣慰司が廃止され、揚州路総管府は江淮行省に直属した。1284年(至元21年)、杭州行省に移管された。1286年(至元23年)、再び江淮行省に戻された。1291年(至元28年)、河南江北等処行中書省に移管された。揚州路は江都・泰興の2県と真州滁州泰州通州崇明州の5州を管轄した[13]1366年朱元璋により揚州路は揚州府と改められた。

の揚州府は直属の江都・儀真・泰興の3県と高郵州宝応興化の2県と泰州の如皋県と通州の海門県、合わせて3州7県を管轄した[14]

のとき、揚州府は江蘇省に属し、府直属の江都・甘泉・揚子の3県と高郵州の興化・宝応の2県と泰州の東台県、合わせて2州6県を管轄した[15]

脚注

  1. 漢書』地理志上
  2. 後漢書』郡国志四
  3. 三国志』呉書孫破虜討逆伝
  4. 『三国志』呉書呉主伝
  5. 『三国志』呉書三嗣主伝
  6. 晋書』地理志下
  7. 宋書』州郡志一
  8. 南斉書』州郡志上
  9. 魏書』地形志二下
  10. 隋書』地理志下
  11. 旧唐書』地理志三
  12. 宋史』地理志四
  13. 元史』地理志二
  14. 明史』地理志一
  15. 清史稿』地理志五
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.