揚子江プレート

揚子江プレートもしくは長江プレート中国語:長江板塊、英語:Yangtze Plate)とは、華南の大部分を含むプレートである。東に背弧海盆である沖縄トラフを挟んで沖縄プレート、南にスンダプレートフィリピン海プレート、北と西にユーラシアプレートが位置している。2008年四川大地震はこのプレートの龍門山断層によって引き起こされた。[1]

揚子江プレート 沈み込み帯
30→ アフリカに対する速度(mm/Y
 Alps  造山帯

揚子江プレートは新原生代の7億5千万年前に超大陸であるロディニア大陸から分離した。三畳紀には北中国プレートと衝突し、四川盆地を形成した。また、新生代にはインドプレートとユーラシアプレートと衝突し、龍門山脈を形成した。[2]

脚注

  1. 四川8.0級地震成因分析 (中国語). 中国地震理事会 (2008年5月30日). 2008年9月7日閲覧。
  2. JIA ChengZao, LI BenLiang, ZHANG XingYang & LI ChuanXin (2007年11月). “中国の海洋と海盆の体系と発展”. 中国科学. http://www.springerlink.com/content/fg141804n5374301/fulltext.pdf 2009年10月4日閲覧。

参考文献

Bird, P. (2003) An updated digital model of plate boundaries, Geochemistry Geophysics Geosystems, 4(3), 1027, doi:10.1029/2001GC000252.

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.