排外主義

排外主義(はいがいしゅぎ)とは、他の集団に対する排斥的、敵対的、攻撃的な態度、行動、イデオロギー、政策のこと[1]

排華移民法に関して19世紀に描かれたアメリカ合衆国の人種差別風刺画

類義語

排外主義に関連する語として、ゼノフォビアxenophobia)、ネイティビズムnativism)、ショーヴィニズムchauvinism)やジンゴイズムjingoism)があり、通常、「排外主義」という場合にはこのゼノフォビアが同義語に充てられる。「ショーヴィニズム」は、愛国主義を排他的に高揚させ、他の国家や民族に対する攻撃的敵対感情に昇華させるもので、「男性至上主義」は、英語では「male chauvinism」と呼ばれる。由来は、石版画戯曲に登場し、ナポレオン・ボナパルトを崇拝したとされるフランス兵のニコラ・ショーヴァンから。「ジンゴイズム」は、排外的愛国主義、盲目的主戦論、対外強硬論を指す言葉である。

歴史

朝鮮半島で行われた華僑排撃を描いたもの(朝鮮排華事件

19世紀から20世紀にかけて成立した国民国家がその成立過程で国内の社会的少数者を国外に追放したり、虐殺したりした事例が多くある。20世紀にはナチス・ドイツユダヤ人ロマスラブ人の追放政策を実行(後にユダヤ人・ロマに関しては追放から絶滅政策に転換)、戦後はドイツ人が東欧諸国の排外主義によるドイツ人追放に遭った。民主国家であるアメリカ合衆国でも清教徒カトリックのメキシコ人を認めず排斥したり、アンドリュー・ジャクソンの「先住民強制移住法」による先住民の強制排除[2]黄禍論が唱えられたり排日移民法が制定されたりした事実がある。日本本土、朝鮮半島では朝鮮排華事件が起きた。山川均は中国政府が抗日教育を普及して抗日感情を煽ったことが、1937年の通州事件における鬼畜以上の残虐性に繋がったとして、人間の一皮下に隠れている鬼畜が排外主義と国民感情で扇動すると鼻孔に針金を通すまでになると扇動を批評している[3]茂木誠によれば、ドナルド・トランプ政権は建国以来の本来の米国の姿に先祖返りしただけであり、ブレクジットは「光栄ある孤立」への回帰かもしれないとされる[4]

排外主義を主張する団体・政党

※現存しないものを含む。

風刺作品

脚注

  1. 排外主義
  2. 茂木誠 (2019年7月1日). アメリカ人がトランプを選んだ納得の理由”. プレジデントオンライン. プレジデント社. p. 1. 2019年12月7日閲覧。
  3. 通州事件について偕行社近現代史研究会報告第10回、平成19年(2007年)10月号。
  4. 茂木誠 (2019年7月1日). アメリカ人がトランプを選んだ納得の理由”. プレジデントオンライン. プレジデント社. p. 2. 2019年12月7日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.