授乳危険度分類

授乳危険度分類(じゅにゅうきけんどぶんるい、: breast-feeding categories, breastfeeding reccommendations, lactation risk category)とは、医薬品を母親が用いた場合に、授乳によって乳児へどのくらいの危険性有害性が見込まれるかを示す分類。

日本

日本では授乳危険度分類に相当する基準や指針は定められていない。

非分類情報

分類ではないが授乳危険度に関する情報を提供している資料としては、医薬品の添付文書がある。

米国

Breast-feeding Categories

ジョンズ・ホプキンス病院による分類。 下記のとおり授乳危険度分類を1、2、3、X、?の5つに分類している。[1] [2] [3] [4]

乳児危険度分類
(Breast-feeding Categories)
分類説明(英語)説明
1Compatible
2Use with caution
3Unknown with concerns
XContraindicated
?Safety not established


Hale's Lactation Risk Categories

Thomas W. Hale, Ph.D による分類。 下記のとおり授乳危険度分類を L1、L2、L3、L4、L5の5つに分類している。[5][4][6]

乳児危険度分類
(Lactation risk categories)
分類説明(英語)説明
L1Safest
L2Safer
L3Moderately safe
L4Possibly hazardous
L5Contraindicated


非分類情報

分類ではないが授乳危険度に関する情報を提供しているもの

添付文書

アメリカ食品医薬品局(FDA)の新規PLLR(Pregnancy and Lactating labeling Rule)による添付文書形式を採用している場合、添付文書 8.2 Lactatiion の節に記載される。

LactMed (TOXNET)

アメリカ国立医学図書館による検索サイト[4]


脚注

  1. Johns Hopkins Hospital; Branden Engorn; Jamie Flerlage (1 May 2014). The Harriet Lane Handbook. Elsevier Health Sciences. pp. 648. ISBN 978-0-323-11246-8. http://books.google.com/books?id=6cSLAwAAQBAJ&pg=PA1055
  2. Johns Hopkins Hospital; Jason W. Custer; Rachel E. Rau (1 October 2008). The Harriet Lane Handbook: Mobile Medicine Series - Expert Consult. Elsevier Health Sciences. pp. 1085–. ISBN 0-323-07688-2. http://books.google.com/books?id=7YcB8XZ8f4wC&pg=PT1085
  3. III. Explanation of Breast-feeding Categories
  4. Michael Gabay (10 March 2015). The Clinical Practice of Drug Information. Jones & Bartlett Publishers. pp. 42–49. ISBN 978-1-284-02623-8. http://books.google.com/books?id=ZH6HCgAAQBAJ&pg=PA47
  5. Thomas Wright Hale; Hilary E. Rowe (2014). Medications and Mothers' Milk. Hale Publishing. ISBN 978-1-939847-38-6. http://books.google.com/books?id=pP65oAEACAAJ
  6. Michelle McCarthy; Denise R. Kockler (2 December 2009). Oxford American Handbook of Clinical Pharmacy. Oxford University Press. pp. 200. ISBN 978-0-19-970522-1. http://books.google.com/books?id=yTTRCwAAQBAJ&pg=PA200

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.