懿静貴妃

懿静貴妃(いせいきひ、生没年不詳)は、北宋の皇帝神宗の側室。姓は楊氏

経歴

初め、光国公趙仲鍼(後の神宗)の邸に入り、側室となった。産まれた子供で長く生きた者はなかった。没年については記録がない。神宗からの冊封や贈位の記録もない。

崇寧4年(1105年)8月、賢妃の位を追贈された。その後、貴妃を再追贈され、「懿静」とされた。

伝記資料

  • 『宋会要輯稿』
  • 『故賢妃楊氏贈貴妃賜諡懿静制』
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.