懐州

懐州(かいしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代からモンゴル帝国時代にかけて、現在の河南省焦作市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代

467年天安2年)、北魏により懐州が設置された。494年太和18年)に廃止されたが、東魏天平初年に再び設置された。東魏の懐州は河内郡武徳郡の2郡8県を管轄した[1]

隋代

初には、懐州は2郡4県を管轄した。596年開皇16年)に獲嘉修武武陟の3県を分割して殷州が設置されたが、605年大業元年)に廃止となり、再び懐州に統合されている。607年(大業3年)、郡制施行に伴い、懐州は河内郡と改称され、下部に10県を管轄した[2]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分開皇元年区分大業3年
懐州邵州衛州河内郡
河内郡武徳郡王屋郡修武郡河内県 安昌県 王屋県
獲嘉県 修武県 新郷県
共城県 温県 済源県
河陽県
野王県 軹県州県 懐県王屋県獲嘉県 修武県

唐代

619年武徳2年)、により河内郡済源県西南の柏崖城に懐州が置かれた。621年(武徳4年)、野王城に州治が移された。742年天宝元年)、懐州は河内郡と改称された。758年乾元元年)、河内郡は懐州と改称された。懐州は河北道に属し、河内・武徳・武陟・修武・獲嘉の5県を管轄した[3]

宋代以降

北宋のとき、懐州は河北西路に属し、河内・修武・武陟の3県を管轄した[4]

1126年天会4年)、宗望率いる軍が懐州を攻め落とした[5]。懐州は河東南路に属し、河内・修武・山陽・武陟の4県と武徳・柏郷・万善・清化・承恩・宋郭の6鎮を管轄した[6]

1257年、モンゴル帝国により懐州は懐孟路と改められた[7]

脚注

  1. 魏書』地形志二上
  2. 隋書』地理志中
  3. 旧唐書』地理志二
  4. 宋史』地理志二
  5. 金史』太宗紀
  6. 『金史』地理志下
  7. 元史』地理志一
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.