(え、: prajñā)は、仏教用語で下記の2つの意味がある[1]

  1. 心所(心のはたらき)の一つであり、事物や道理を識知・弁別・判断する精神作用[1]。本記事で詳述。
  2. 禅定三昧によって静められた心によって、真実の道理をありのままに見ぬくはたらき[1]。prajñā を音写して般若という[1]とともに三学の一つ[1][注釈 1]般若を参照。

心所としての慧

慧は善・不善・無記の三性(さんしょう)に通じ、善慧は正見や正慧とも称する[1]。悪慧(不善と不覆無記)のうち、特にはたらきの激しいものを悪見と称し、五見とする[1]

宗派ごとの扱い

心所としての慧の位置づけについて、宗派ごとに説がある[1]

倶舎宗

唯識宗

天台宗

般若と音写される慧

脚注

注釈

  1. 五根の一つには慧根があり、五力の一つには慧力がある[1]

出典

  1. 総合仏教大辞典編集委員会(編)『総合仏教大辞典』上巻、法蔵館、1988年1月、99-100頁。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.