慢性刺激口腔潰瘍

慢性刺激口腔潰瘍(まんせいしげきこうくうかいよう)とは、口腔内における潰瘍で、持続的な刺激に起因するものである。

持続的な刺激としては、乳歯の萌出、不適切な補綴物や義歯、不正咬合などがあげられる。

種類

一般に、下記のような疾患がある。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.