慈延

慈延(じえん、寛延元年(1748年)- 文化2年7月8日1805年8月2日))は、江戸時代中期から後期にかけての天台宗歌人。父は儒医兼漢学者塚田旭嶺尾張藩明倫堂の督学を務めた儒学者塚田大峯の弟。字は大愚。号は吐屑庵。

信濃国善光寺町生まれ。比叡山出家して天台教学を学び、円教院に住した。歌学冷泉為村冷泉為恭に学び、小沢蘆庵澄月伴蒿蹊とともに平安和歌四天王の一人に数えられた。編著に『慈延和歌聞書』、『廿一代集概覧』、『堀川院初度百首抄』などがある。

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.