情報学研究科

情報学研究科(じょうほうがくけんきゅうか、: Graduate School of Informatics)は、情報学専攻的に教育・研究する、大学院研究科である。

似た研究科に、情報科学情報工学情報理工学等の名を冠する情報科学研究科(じょうほうかがくけんきゅうか)、情報科学の実用的な応用を重視する応用情報科学研究科(おうようじょうほうかがくけんきゅうか)、情報学の理工学的な側面を中心に取り扱う情報理工学研究科(じょうほうりこうがくけんきゅうか)や情報理工学系研究科(じょうほうりこうがくけいけんきゅうか)、情報の安全についてを主に取り扱う情報セキュリティ研究科(じょうほうセキュリティけんきゅうか)、情報学に加えて幅広い学問を学際的に教育・研究していく総合情報学研究科(そうごうじょうほうけんきゅうか)や総合情報研究科(そうごうじょうほうけんきゅうか)などがあるが、内容的には、名前の違いによる違いよりも、個々の組織に所属する研究者の個性に依るところが大きく、名前の違いに(文科省へのアピール性などを除けば)意味を見出そうとする意味は無い。

また、研究科以外の大学院組織としては、東京大学情報学環(じょうほうがっかん)・学際情報学府(がくさいじょうほうがくふ)がある。(学環・学府については、「研究科」などの項目を参照のこと。)

概要

情報学そのものについては「情報学」の記事を参照のこと。学際的な領域であるためか、特に国立大学では独立研究科として設けられることも多い。

通例、「修士(情報学)」、「博士(情報学)」などの学位を授与する。専攻分野に「情報学」と付記された学位を授与する研究科等はめずらしく、「学士(情報学)」とともにこれらの学位を授与する大学は数校しかない。なお、学際情報学府では「修士(学際情報学)」あるいは「修士(社会情報学)」、「博士(学際情報学)」あるいは「博士(社会情報学)」という多少異なった名称の学位を授与している。

東京大学大学院情報学環・学際情報学府京都大学大学院情報学研究科などが、日本国内においては、よく知られている。

情報学研究科などを持つ大学

国立大学

私立大学

国立大学

公立大学

私立大学

私立大学

公立大学

私立大学

国立大学

私立大学

国立大学

私立大学

私立大学

私立大学

日本国外の制度に基づく大学

国立大学

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.