恒州 (河北省)

恒州(こうしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から五代十国時代にかけて、現在の河北省石家荘市一帯に設置された。

中国地名の変遷
建置 北周
使用状況 1913年廃止
南北朝恒州
恒州
恒山郡
高陽郡に統合)
恒山郡
恒州
常山郡
平山郡
恒州
鎮州
五代鎮州
真定府
鎮州
恒州
鎮州
真定府
鎮州
北宋/鎮州
真定府
南宋/真定府
真定路
真定府
真定府
正定府
中華民国廃止

魏晋南北朝時代

578年宣政元年)、北周により定州から常山郡が分割され、恒州が置かれた[1]

隋代

初には、恒州は2郡5県を管轄した。583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、恒州の属郡の常山郡と蒲吾郡が廃止された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、恒州は恒山郡と改称され[2]、下部に8県を管轄した[3]613年(大業9年)、恒山郡は廃止され、高陽郡に統合された。617年義寧元年)、再び恒山郡が設置された。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分開皇元年区分大業3年
恒州定州恒山郡
常山郡蒲吾郡鮮虞郡真定県 井陘県 霊寿県
九門県 行唐県 滋陽県
石邑県 房山県
真定県 井陘県霊寿県 蒲吾県
行唐県
新市県

唐代

618年武徳元年)、により恒山郡は恒州と改められた。恒州は真定・石邑・九門・行唐・滋陽の5県を管轄し、その州治は石邑県に置かれた。742年天宝元年)、恒州は常山郡と改称された。756年(天宝15年)、常山郡は平山郡と改称された。758年乾元元年)、平山郡は恒州の称にもどされた。820年元和15年)、穆宗諱を避けるために、恒州は鎮州と改称された。鎮州は河北道に属し、真定・石邑・九門・行唐・霊寿・井陘・獲鹿平山藁城鼓城欒城の11県を管轄した[4]

五代十国時代

923年同光元年)4月、後唐により鎮州に北都が建てられ、鎮州は真定府と改められた[5]。同年11月、真定府は鎮州の称にもどされた。942年天福7年)、後晋により鎮州は恒州と改称された[6]947年(天福12年)、後漢により恒州は鎮州の称にもどされた。948年乾祐元年)、鎮州は真定府と改められた。951年広順元年)、後周により真定府は鎮州の称にもどされた。

宋代以降

1048年慶暦8年)、北宋により鎮州は真定府と改められた。真定府は河北西路に属し、真定・藁城・欒城・元氏・井陘・獲鹿・平山・行唐・霊寿の9県と北寨と天威軍を管轄した[7]

のとき、真定府は河北西路に属し、真定・藁城・欒城・元氏・獲鹿・平山・行唐・霊寿・阜平の9県と嘉祐・行台・慈谷の3鎮を管轄した[8]

モンゴル帝国により真定府は真定路と改められた。のとき、真定路は中書省に属し、録事司と9県と中山府と5州と府領3県と州領18県を管轄した[9]

1368年洪武元年)、により真定路は真定府と改められた。真定府は直隷に属し、5州27県を管轄した[10]

1723年雍正元年)、により雍正帝の諱を避けるために、真定府は正定府と改称された。正定府は直隷に属し、1州13県を管轄した[11]

1913年中華民国により正定府は廃止された。

鎮州・真定府・正定府などの中心が置かれたのは正定県(真定県)であったが、やがて鉄道駅のできた石家荘の町が大きくなり、地域の中心の地位を正定から奪った。

脚注

  1. 周書』武帝紀下
  2. 元和郡県志』では大業9年に恒州が廃止となり高陽郡に統合されたとあるが、これは誤りである。
  3. 隋書』地理志中
  4. 旧唐書』地理志二
  5. 資治通鑑』後唐紀一
  6. 旧五代史』晋書高祖紀
  7. 宋史』地理志二
  8. 金史』地理志中
  9. 元史』地理志一
  10. 明史』地理志一
  11. 清史稿』地理志一
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.