念流

念流(ねんりゅう)は、室町時代念阿弥慈恩(想馬義元)が創めた剣術流派で、日本兵法三大源流の一つにして最も古い流儀(念阿弥慈恩や神道流陰流を参照)。剣術の他、鎖鎌[1]棒術捕縛術などを伝えていたとする[2]。慈恩には弟子が14人いたとされ、堤宝山には刀槍と鎧組(組討・柔術)を教えたとされ、宝山流歌伝には「平(兵)法のみなもとこそは仏法よいずれといはは(いわば)法と答よ」とあり、僧を師としたことがわかり、当流が確認される最古級の柔術という見解がある(『歴史街道 2008 6月』 PHP研究所 p.66)。

流名由来諸説

流名の「」は『撃剣叢談』によると、「一念をもって勝つことを主とする」ところからきており、「右手を斬られれば、左手で詰め、左右の手が無ければ、噛(かぶ)りついても一念を徹(とお)すという伝授である」と記している。また『撃剣叢談』の記述として、稽古時の構えとして、上略・中略・下略の三段があると記し、修行をつんだ者は、「太刀先にをかけ、あるいは梯子をかけて人を登らせることもできる」(60キログラムのものを切っ先につけても構えられる)と記し、そのため、刺突が速かったと記述される。

備考

  • 念流鎖鎌術から派生したとされる一心流(流祖・丹一心)の鎖鎌は、の長さが12(約3.6メートル)、分銅の重さが300(1.1キログラム以上)とかなり大きいものを操っている[3]
  • 『奥山念流系図』には、慈恩は「奥山念僧」と記され、次に分立誥可→有徳清太夫→本木三太夫→竹内甚太夫→金高九左衛門と続き、7代目から9代目の浦辺家(子孫本庄市在住)を経て、児玉郡域および上野国に広まる[4]

脚注

  1. 念流の鎖鎌術から派生したとする流派として、一心流がある。
  2. 監修 加来耕三岸祐二 『図解雑学 剣豪列伝』 ナツメ社 2004年 p.27.
  3. 同『図解雑学 剣豪列伝』 ナツメ社 2004年 p.194.
  4. 『本庄市史 資料編』 p.248.

参考文献

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.