応力緩和

応力緩和(おうりょくかんわ)とは、粘弾性材料が一定の変位のもとで応力を時間とともに変化させる現象[1]

粘弾性のマクスウェルモデル。ばね (E) とダッシュポット (η) を直列に並べたもので、応力緩和を表現する。

脚注

  1. 渋谷陽二 『塑性の物理』 森北出版、2011年、55頁。ISBN 978-4-627-66761-7。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.