応保

応保おうほうおうほ、旧字体應保は、日本元号の一つ。永暦の後、長寛の前。1161年から1163年までの期間を指す。この時代の天皇二条天皇

改元

出典

尚書』の「已女惟小子、乃服惟弘王、応保殷民」から。

応保期におきた出来事

西暦との対照表

※は小の月を示す。

応保元年(辛巳一月二月三月※四月五月※六月七月※八月※九月十月※十一月十二月※
ユリウス暦1161/1/282/273/294/275/276/257/258/239/2110/2111/1912/19
応保二年(壬午一月二月閏二月※三月四月五月※六月七月※八月※九月十月※十一月十二月※
ユリウス暦1162/1/172/163/184/165/166/157/148/139/1110/1011/912/81163/1/7
応保三年(癸未一月二月三月※四月五月※六月七月※八月九月※十月十一月※十二月
ユリウス暦1163/2/53/74/65/56/47/38/28/319/3010/2911/2812/27

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.