徳川禁令考

徳川禁令考(とくがわきんれいこう)は、明治初期に新政府の大木喬任が旧幕臣司法省官吏菊池駿助らに命じて編纂した江戸幕府の法令集である。

概要

武家諸法度」など江戸幕府が出した主要な法令の多くが収録されているが、幕府が出した法令自体の数が余りにも膨大過ぎるためその全ては収録されていない。

また、「公武法制応勅十八箇条」のように今日では幕法であることが疑問視されている法令、「慶安御触書」「禁裏御所御定目」などのように誤伝により幕法とされてきた法令が載せられている。

その一方で、「生類憐れみの令」のように幕府の権威を失墜させた法令は収録されていないとされる。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.