影舞

影舞(かげまい, Kagemai)はRubyで記述されている、Webベースのオープンソースバグ管理システム[1]である。

影舞 (Kagemai)
開発元 Tomoyuki Fukuoka
最新版
0.8.8 / 2008年3月9日
プログラミング
言語
Ruby
対応OS クロスプラットフォーム
種別 バグ管理システム
ライセンス GNU General Public License v2
公式サイト https://osdn.net/projects/kagemai/

概要

インストール及び運用が簡単に行えることが特徴である。実際、インストールはアーカイブファイルを展開してウェブサーバにコピーするだけでほぼ完了する。その後の詳細な設定は管理画面から行う。

ドキュメント類が日本語で用意されていること、開発者によるサポートが日本語で受けられることなどから、日本国内では比較的広く使用されている

最初の公開は2002年3月9日[2]。2016年に公式サイトが閉鎖され、2021年3月現在の最新のコミットは2010年1月である。

関連項目

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.