弘和

弘和こうわは、日本南北朝時代元号の一つ。南朝方で使用された。天授の後、元中の前。1381年から1384年までの期間を指す。この時代の天皇は、南朝方が長慶天皇後亀山天皇北朝方が後円融天皇後小松天皇室町幕府将軍は足利義満

改元

出典

出典・勘申者ともに不詳。『書経』君牙篇に「敷五典、式民則」とある。

弘和年間の出来事

南朝関係に限る。

元年(1381年)
2年(1382年)
3年(1383年)
4年(1384年)

死去

2年(1382年)
3年(1383年)

西暦との対照表

※は小の月を示す。

弘和元年(辛酉一月二月三月※四月※五月六月※七月※八月九月※十月十一月十二月※
永徳元年
ユリウス暦1381/1/262/253/274/255/246/237/228/209/1910/1811/1712/17
弘和二年(壬戌一月閏一月二月※三月四月※五月六月※七月※八月九月※十月十一月※十二月
永徳二年
ユリウス暦1382/1/152/143/164/145/146/127/128/109/810/811/612/61383/1/4
弘和三年(癸亥一月二月三月※四月五月※六月七月※八月※九月十月※十一月十二月※
永徳三年
ユリウス暦1383/2/33/54/45/36/27/17/318/299/2710/2711/2512/25
弘和四年(甲子一月二月三月※四月五月六月※七月八月※九月閏九月※十月※十一月十二月※
至徳元年
ユリウス暦1384/1/232/223/234/215/216/207/198/189/1610/1611/1412/131385/1/12

脚注

  1. 南朝公卿補任』・『続史愚抄』等によるが、『南朝編年記略』は同年2月14日(西暦3月10日)とする。なお史料上の初出は、『金剛寺文書』『河合寺文書』にある弘和元年6月21日付の長慶天皇綸旨である。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.