延享

延享えんきょう日本元号の一つ。寛保の後、寛延の前。1744年から1748年までの期間を指す。この時代の天皇桜町天皇桃園天皇江戸幕府将軍は徳川吉宗徳川家重

改元

今回は改元の予定は決まっていたものの、候補が絞り切れず、幕府には7つの案を出してそのうち「天明」「延享」「宝暦」を推挙する形を取った。これに対して幕府は「延享」を推して「宝暦」を次点としたため、その意向に従って改元を行った[1]

出典

芸文類聚』の「聖主寿祚元吉」から。

延享年間の出来事

誕生

死去

西暦との対照表

※は小の月を示す。

延享元年(甲子一月※二月三月※四月五月※六月※七月八月※九月※十月十一月十二月※
グレゴリオ暦1744/2/143/144/135/126/117/108/89/710/611/412/41745/1/3
ユリウス暦1744/2/33/34/25/15/316/297/288/279/2510/2411/2312/23
延享二年(乙丑一月二月三月四月※五月六月※七月※八月九月※十月※十一月十二月閏十二月※
グレゴリオ暦1745/2/13/34/25/25/316/307/298/279/2610/2511/2312/231746/1/22
ユリウス暦1745/1/212/203/224/215/206/197/188/169/1510/1411/1212/121746/1/11
延享三年(丙寅一月二月三月※四月五月※六月七月※八月九月※十月※十一月十二月
グレゴリオ暦1746/2/203/224/215/206/197/188/179/1510/1511/1312/121747/1/11
ユリウス暦1746/2/93/114/105/96/87/78/69/410/411/212/112/31
延享四年(丁卯一月※二月三月※四月五月六月※七月八月※九月十月※十一月十二月※
グレゴリオ暦1747/2/103/114/105/96/87/88/69/510/411/312/21748/1/1
ユリウス暦1747/1/302/283/304/285/286/277/268/259/2310/2311/2112/21
延享五年(戊辰一月※二月三月四月※五月六月※七月八月九月※十月閏十月※十一月十二月※
グレゴリオ暦1748/1/302/283/294/285/276/267/258/249/2310/2211/2112/201749/1/19
ユリウス暦1748/1/192/173/184/175/166/157/148/139/1210/1111/1012/91749/1/8

脚注

  1. 久保貴子「改元にみる朝幕関係」『近世の朝廷運営-朝幕関係の展開-』(岩田書院、1998年) ISBN 4-87294-115-2 P249-251
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.