底引網

底引網(そこびきあみ、英語:Bottom trawling net)とは、主に引き網漁業に使われる漁網である。別名:底曳網

概要

底引網を使う漁業ではトロール漁業等がある。とても効率的ではあるがこの底引き網を使う漁業では、海中の生物を死滅させ、本来捕ろうとしていた魚以外にも取ってしまうことが多々ある。重い底引網を海底に沈めるため海底の土を舞い上げてその場所に住む海生生物の環境を壊すことが問題視されている[1]

ニュージーランドに近いタスマン海で実施された調査では、通常の海山では岩の部分は5%しかないにも関わらず、底引きトロール漁が頻繁に行なわれた海山の約95%がむき出しの岩であった[2]。またスペイン沖での調査でも、底引き網漁が行われている峡谷の堆積物は、影響を受けていない海底に比べて有機物の含有量が52%少なく、環形動物の生息数や種の多様性に影響があることが示唆された[3]

アメリカ[4]やニュージーランド[5]等、多くの国で規制されている。

歴史

イギリスにおいては、イングランド王エドワード3世治世下の14世紀の頃から環境を破壊するとして、1376年に議会へ禁止の嘆願が出ている[6][7]

1949年、日本は漁区の拡大を連合国軍最高司令官総司令部と協議。司令部からは前提条件の一つとして水産資源を過度に採取しないよう、当時986隻存在した底引き船を2年間で336隻整理(削減)することが求められた[8]

2006年、パラオ大統領トミー・レメンゲサウがリーダシップをとり国連に禁止を呼び掛け、ツバルマーシャル諸島等の支持を得たが、阻止された[9]

関連項目

脚注

  1. トロール漁業:破壊的な漁法で海底が砂漠化 2014年11月28日 Mongabay
  2. 「深海トロール漁業は生態系への脅威」保護団体が運動開始WIRED (雑誌))2018年2月24日閲覧
  3. 深海の底引き網漁で海底に壊滅的影響かナショナルジオグラフィック (雑誌))2018年2月24日閲覧
  4. NOAA Designates Extensive Area off West Coast as Essential Fish Habitat”. Publicaffairs.noaa.gov. 2013年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月9日閲覧。
  5. NZ to close 30pc of waters to trawling - National - NZ Herald News”. Nzherald.co.nz (2006年2月14日). 2013年9月9日閲覧。
  6. March, E. J. (1953). Sailing Trawlers: The Story of Deep-Sea Fishing with Long Line and Trawl. Percival Marshal and Company. Reprinted by Charles & David, 1970, Newton Abbot, UK. ISBN 071534711X, Page 33
  7. Collins, J.W. (1887年). The Beam Trawl Fishery of Great Britain with Notes on Beam-Trawling in Other European Countries”. Bulletin of the United States Fish Commission. p. 292. 2017年3月17日閲覧。 “100 MegaByte PDF”
  8. 「底引船336隻を整理 漁場拡張の準備に措置」『日本経済新聞』昭和24年6月21日1面
  9. “Ban on 'brutal' fishing blocked”. BBC News. (2006年11月24日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/6181396.stm 2013年9月9日閲覧。
  10. Paradis et al. (2017), Bottom-trawling along submarine canyons impacts deep sedimentary regimes, Scientific Reports 7, 43332, doi:10.1038/srep43332
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.