平田大比屋

平田大比屋(ひらたうーふやぁ 生没年不詳)は琉球王国第一尚氏王統の頃の人物。

人物

父は初代国王の思紹、兄に二代国王の尚巴志らがいる。

南山との戦いの末戦死したと伝わる。

尚巴志は彼の功績を報いて長男の佐敷王子を平田之子と名乗らせ、彼の養子として継承させたと伝えられる。よって次男の尚忠北山監守から三代国王に即位した。

子孫は孫氏平田家として続いた

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.