常州

常州(じょうしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から初にかけて、現在の江蘇省常州市一帯に設置された。

隋代

589年開皇9年)、隋が南朝陳を滅ぼすと、晋陵郡が廃止されて、常州が立てられた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、常州は毗陵郡と改称され、下部に4県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分開皇元年区分大業3年
南豫州毗陵郡
晋陵郡江陰郡義興郡晋陵県 無錫県
江陰県 義興県
晋陵県 無錫県
曁陽県
江陰県 利城県
梁豊県
陽羡県 臨津県
義郷県 国山県

唐代

620年武徳3年)、杜伏威を降伏させると、毗陵郡は常州と改められた。742年天宝元年)、常州は晋陵郡と改称された。758年乾元元年)、晋陵郡は常州の称にもどされた。常州は江南東道に属し、晋陵・武進・江陰・義興・無錫の5県を管轄した[2]

宋代

のとき、常州は両浙路に属し、晋陵・武進・宜興・無錫の4県を管轄した[3]

元代

1277年至元14年)、により常州は常州路総管府と改められた。常州路は江浙等処行中書省に属し、録事司と晋陵・武進の2県と宜興州無錫州の2州を管轄した[4]1357年朱元璋により常州路は長春府と改められ、まもなく常州府と改称された。

明代以降

のとき、常州府は南直隷に属し、武進・無錫・宜興・江陰・靖江の5県を管轄した[5]

のとき、常州府は江蘇省に属し、武進・陽湖・無錫・金匱・江陰・宜興・荊渓・靖江の8県を管轄した[6]

1913年中華民国により常州府は廃止された。

脚注

  1. 隋書』地理志下
  2. 旧唐書』地理志三
  3. 宋史』地理志四
  4. 元史』地理志五
  5. 明史』地理志一
  6. 清史稿』地理志五

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.