市井三郎

市井 三郎(いちい さぶろう、1922年大正11年)6月18日 - 1989年平成元年)6月28日)は、日本哲学者。 専攻は分析哲学社会思想

来歴

大阪府出身。大阪大学理学部卒業後、マンチェスター大学を経てロンドン大学大学院哲学科修了。1954年(昭和29年)に愛知教育大学助教授を経て、1961年(昭和36年)以後は成蹊大学教授。

戦後、鶴見俊輔らが主催する思想の科学研究会に加わり、『思想の科学』を編集し、執筆を連載する。1970年代に鶴見和子山田慶児桜井徳太郎らと「思想の冒険」グループに参加した。雑誌『思想の科学』編集長もつとめた[1]。 1980年代には山口一郎加々美光行・山本恒人[2]らと文化大革命の研究グループも組織した。

人物

歴史必然論的な進歩史観を批判し、転換期に決定的な役割を果たす『キー・パースン(key-person)』を重視する歴史観を提唱した[3]

バートランド・ラッセル研究者でもあり、数々の訳書を残した。

著作

  • ホワイトヘッドの哲学』弘文堂・アテネ新書、1956年
  • 『哲学的分析:社会・歴史・論理についての基礎的試論』岩波書店、1963年
  • 『「明治維新」の哲学』講談社現代新書、1967年、ISBN 978-4061155213
    • 『思想からみた明治維新:「明治維新」の哲学』講談社学術文庫、2004年。ISBN 978-4061596375
  • 『歴史の進歩とはなにか』岩波新書、1971年、ISBN 978-4004130024
  • 『近代への哲学的考察』れんが書房、1972年
  • 『歴史を創るもの』第三文明社・レグルス文庫、1978年、ISBN 978-4476010923
  • 『近世革新思想の系譜』新NHK市民大学叢書、1980年、ISBN 978-4140120415
  • 『人類の知的遺産 ラッセル』講談社、1980、ISBN 978-4061453661

共編著

訳書

  • ガモフ(伏見康治共訳)『原子探検のトムキンス』[5]白揚社、1950年、のち『ガモフ全集』第4巻、1951年
  • アインシュタイン(中村誠太郎南部陽一郎共訳)『アインシュタイン晩年に想う』日本評論社、1950年
  • レオポルト・インフェルト『神々の愛でし人 世紀の数学者エヴァリスト・ガロアの生涯』[6]日本評論社、1950年
  • レオポルト・インフェルト『真実の探求-科学者の生長』[7]日本評論社、1950年
  • H・G・タウンセント『アメリカ哲学史』[8]岩波書店、1951年
  • ジョン・サマヴィル[9]『ソヴェートの哲学 その理論と現実』[10]理想社、1951年
  • ガモフ『生命の国のトムキンス』[11](『ガモフ全集』第8巻)白揚社、1953年
  • ガモフ『月』[12](ガモフ全集 第9巻)、白揚社、1954年
  • ハンス・ライヘンバッハ『科学哲学の形成』[13]みすず書房、1954年
  • バートランド・ラッセル『西洋哲学史』[14]みすず書房、1954‐56年
  • ジョン・サマヴィル『科学入門-科学の方法と歴史』[15]白揚社、1955年
  • ホワイトヘッド『象徴作用』[16](世界大思想全集 17)河出書房、1955年
  • A.J.エイヤー『コミュニケーションとは何か』「コミュニケーション」[17]みすず書房)、1957年
  • E・ブローダ(英語版)『ボルツマン-現代科学のパイオニア』[18]みすず書房、1957年
  • B・ラッセル(山田英世共訳)『人類の将来-反俗評論集』[19]理想社、1958年
  • ジョン・サマヴィル(久野収共訳)『試練の現代文明』[20]みすず書房、1958年
  • カール・R・ポパー(久野収共訳)『歴史主義の貧困-社会科学の方法と実践』[21]中央公論社、1961年、ISBN 978-4120004759
  • J・L・シング[22]『百万人の科学概論』(世界教養全集 29)平凡社、1961年
  • ラッセル『科学と人間社会』[23](世界思想教養全集 16)河出書房、1964年
  • ガモフ(白井俊明共訳)『太陽と月と地球と』(ガモフコレクション 2)白揚社、1991年、ISBN 978-4826910521、『月』(1954)他を白揚社が編集したもの

脚注

  1. 『「思想の科学」五十年 源流から未来へ』(思想の科学社)P.56
  2. 1943年 北京にて出生、大阪経済大学経済学部特任教授。
  3. 『歴史の進歩とは何か』(岩波新書、1971年)
  4. 1863年~1911年、久留米出身、越後顕聖寺の僧侶、日韓併合に尽力。
  5. "Mr. Tompkins Explores the Atom", 1945
  6. "Whom the Gods Love: The Story of Evariste Gaolois", 1948
  7. "Quest: The Evolution of a Scientist", 1942
  8. "Philosophical ideas in the United States", Harvey Gates Townsend, 1934
  9. John Somerville(1905 - 1994)
  10. "Soviet philosophy : a study of theory and practice", John Somerville, 1946
  11. "Mr Tompkins learns the facts of life", George Gamow, 1953
  12. "The Moon", George Gamow, 1953
  13. "The rise of scientific philosophy", 1951
  14. "A History of Western Philosophy and Its Connection with Political and Social Circumstances from the Earliest Times to the Present Day", 1945
  15. "The way of science : its growth and method", 1953
  16. "Symbolism: Its Meaning and Effect", 1927
  17. "Studies in Communication: Contributed to the Communication Research Centre, University College, London", 1955
  18. "Ludwig Boltzmann. Mensch, Physiker, Philosoph", 1957
  19. "Unpopular Essays", 1950
  20. "The Communist Trials and the American Tradition: Expert Testimony on Force and Violence, and Democracy", 1956
  21. "The Poverty of Historicism(英語版)", 1957
  22. John Lighton Synge(英語版)(1897 - 1995)
  23. "The Impact of Science on Society", 1952

関連書籍

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.