左美濃

左美濃(ひだりみの)は将棋居飛車で用いる囲い戦法の一つ。対振り飛車・矢倉に現れ、美濃囲いや高美濃などを、玉が8筋に来るように左右を入れ替えて作る、居飛車版の美濃囲い。持久戦・急戦共に柔軟に対応できるとされる[1]

左美濃の駒組みの一例

特徴

攻め方・囲い方に幅があり、初心者からプロまで用いる戦法・囲いである。他の振り飛車に対する持久戦法と比較すると、藤井システム石田流などの振り飛車の積極策に対し、極端に不利になることが少なく、プロでは持久戦に自信がない時の控えとして、アマチュアトップクラスでも大会で振り飛車の積極策が流行っているのなら、リスクの少ない戦法として需要がある。

囲い方

8八玉型
角行を7七に上げて、8八の位置に玉を構える。かつてはよく用いられていたが、△6五桂が7七角に当たる、かと言って5九角と引いてしまっては、後手の角に玉将が直接狙われるという弱点がある。後述の米長玉に組み替えることもできるが、序盤から薄い玉頭を直接狙うという構想が広まってくると、下火になっていった。ただし後手が8二玉型であれば、有力な戦法である[2]。現在では居飛車穴熊を断念した場合などでも見られることがある。
△後手 なし
▲先手 なし
最古の棋譜
天守閣美濃
玉が角筋に入るのを避けるため、8六に歩を突き8七の位置に玉を構えるという珍奇な構えだが、右辺からの攻めに対しては玉が遠く[3]、高い勝率を誇った。松浦卓造が、1960年のA級順位戦の加藤博二戦で、はじめて採用した[4]。玉頭が非常に弱いのが欠点。これに対抗する振り飛車側の作戦としては、藤井システムなどが知られる。なお、湯川 (2005) pp.174-175によれば、居飛車側の玉が8七に居るという形自体は1607年(慶長12年)の棋譜ですでにみられている発想(初代大橋宗桂本因坊算砂戦で宗桂が採用)である。右図のとおりで後手の四間飛車に対し、先手の左型木村美濃・ツノ銀雁木のような構えがその陣であった。
四枚美濃
天守閣美濃に加えて右銀を7七の位置まで移動させ4枚で囲う。
左銀冠
四枚美濃から進化した、左美濃の最終形。左銀冠進化前の左美濃に対する四間飛車側の対策については、藤井システムを参照。対振り飛車穴熊によく用いられる。振り飛車穴熊#対銀冠を参照。
米長玉
玉を9八に置く。この形から銀冠にするのも一時よく指された。8八玉型に比べ、角道を避けている意味がある。
端美濃
玉を9八に置く左美濃の一つ。通常より玉の位置が端に来るのでこの名前。串カツ囲いの途中の形。
平美濃
左美濃は一般に角道を開けて角を移動させる必要があるが、これは角道を開けずに組む方式で、こうすることで藤井システム等上部からの攻めを緩和している。飯島流の引き角などがこの戦型であるが、通常の左美濃に比べ、囲いを組んで玉を入場させるのが難しい。
一段玉型
▲8九(△2一)に位置する一段玉ならば米長玉やミレニアム囲いと同様に、角筋に玉が入ってこないメリットがある。
実戦例として、1954年7月 順位戦▲高島一岐代 vs. △大野源一戦がある。先手居飛車側の高島は5七銀右型二枚銀から7八に居た玉を8九に移動し、6七に上がった銀を7八に、5八の金を6七に移動させ、左美濃に組み替えていく。実戦では後手振り飛車側の大野が玉を金銀4枚で囲ったため、先手は薄くなった角頭を狙って▲3五歩と仕掛けて局面をリードしている。また1989年12月 棋聖戦予選▲羽生善治 vs.△剱持松二 戦がある。先手居飛車側の羽生は角を8八に置いたまま▲7八玉~7七桂~8九玉と組んだ後、銀冠に発展させた。


左美濃(8八玉型)
左美濃(8七玉型)
四枚美濃
左銀冠(四枚)
左銀冠(三枚)
左銀冠(米長玉)
平美濃
端美濃
一段玉型

対振り飛車の攻めのバリエーション

右4六銀と組み合わせ
角道を開けたまま、主に天守閣美濃囲いで振り飛車側と互角の堅さであることを生かし、各種急戦を仕掛ける(第1-1図、第1-2図)。通常の4六銀右・4六銀左や鷺宮定跡などに比べて居飛車も陣形が良いので、同じように舟囲い4六銀右・4六銀左や鷺宮定跡などのときのような手順で進めれば有利となる。
△持ち駒 なし
▲持ち駒 なし
第1-1図 ▲3八飛まで
△持ち駒 なし
▲持ち駒 なし
第1-2図 ▲4六銀まで
引き角と組み合わせての右辺攻撃
主に4枚美濃囲いでの攻め筋である。向かい飛車以外の振り飛車の場合、先手左美濃で▲2四歩△同歩▲同角(後手なら△8六歩▲同歩△同角)という代表的な攻め筋がある。相手が同角と取れば作戦成功。2二飛と回っても3三角成か2五歩とするのが部分的な定跡。向かい飛車の際も振り飛車側の角が5五などに進出した場合に▲2四歩から飛車交換を迫る指し方も生じる。
5筋位取り引き角型との組み合わせ

第2-1図のように振り飛車側が藤井システムの布陣の場合に、後手△4三銀(△6三金は▲3五歩)▲5六銀△6三金▲3七桂(先に▲7九角は△5四歩~△5四銀~△6五銀)以下、第2-2図から第2-3図のように左美濃から5筋位取りの布陣へ組み替える順があり、実際にアマチュア棋戦でも見られた。後手は第2-2図の時点で△5四歩▲同歩△4五歩▲7七桂△5二飛などの反撃に行きたいが、左美濃側も▲7七桂に代えて▲5三歩成△同金▲4五桂もあり、以下△9九角成に▲5三桂成などの指手がある。以下△8八香には▲7七銀。したがって振り飛車側は7九玉型のままで早く△5二飛から△5四歩を間に合わせる必要がある。

△持ち駒 なし
▲持ち駒 なし
第2-1図 ▲5五歩まで
△持ち駒 なし
▲持ち駒 なし
第2-2図 ▲7九角まで
△持ち駒 歩
▲持ち駒 なし
第2-3図 ▲4六角まで
神吉流の例
腰掛け銀・右四間飛車との組み合わせ
右四間飛車#対振り飛車の右四間飛車など参照。
三手角または四手角
早くに角道を閉じる展開になった際に、▲7七角~▲5九角~▲2六角(△3三角~△5一角~△8四角)の三手もしくは▲7九角~▲4六角~3七角~▲2六角(△3一角~△6四角~△7三角~△8四角)の四手で角を▲2六(△8四)にもっていき、4筋(後手6筋)から攻撃する。
銀冠玉頭位取り穴熊に変化しての持久戦
2005年に行われたプロ編入試験の瀬川晶司神吉宏充戦では、神吉が中盤で攻めあぐね、飛車を切って猛攻を仕掛け、瀬川が慎重に受ける展開になった。この型はプロの間ではスタンダードな形であり、今も廃れたわけではない。
なお、左美濃から穴熊に組み替える方式のうち、神吉宏充が編み出した左美濃の骨格は崩さずに穴熊に組む「神吉流」というものがある。これは図のように右銀を▲5九~▲6八~▲7九~▲8八(後手なら△5一~4二~3一~2二)におさめる組み方を戦いのタイミングを計りながらすることで、急な開戦にも対応が可能という組み方。

角道クローズ左美濃

角道クローズ左美濃の例

強力な先手中飛車に対し、居飛車も後手ならではの作戦を考えるようになった。それが角道不突き左美濃である。

居飛車が先手の場合、後手の態度を見る前に初手▲7六歩を突いていることが多い。しかしながら後手なら先に相手の態度を見ることができるので、中飛車が確定したら△3四歩と突かずに進める。角道を開けなければ△5四歩の決戦策も効果半減というわけで、図が駒組みの基本図。3四歩はタイミングを見て突く。△1四歩は大事なところで、場合によって△1三角と使う手も狙っている。図では△7二飛と寄って角頭を狙うか、△7三桂と駒を活用していくか、後手は左美濃の堅陣から先攻が可能である。

対左美濃

Uターン飛車

△持駒 歩
▲持駒 歩
図は△8二飛まで
Uターン飛車

天守閣美濃に対しては、藤井システムや先手6筋(後手4筋)位取り型の他に、図のような玉頭攻め、振り飛車側が、一度振った飛車を2筋(後手なら8筋)に振り戻して居飛車にして戦う順があり、これをUターン飛車という[5]

図の△8二飛以下、▲3四步△2二角▲4五桂と飛車の横利きがなくなれば、△8五步▲同步△8六步▲同玉△7五步▲同步△9五步▲同步に△7四銀が成立。これを▲同步とすると、△8五飛。こうした戦術は風車戦法などでの▲5九飛~2九飛(△5一飛~8一飛)や、逆に居飛車側が振り飛車に対して地下鉄飛車を仕掛ける指し方などが知られる。

類似の名称で、袖飛車のうち、一度振った振り飛車から3筋(後手なら7筋)に振りなおす袖飛車#振り飛車としての袖飛車はUターン袖飛車と呼ばれている。対振り飛車特に居飛車舟囲い急戦では振り飛車側からみて3筋(後手なら7筋)に王将を配するため、玉頭攻撃になり、振り飛車側から居飛車よりも相手玉に近い攻撃が可能になる。

相居飛車での左美濃

近年左美濃は矢倉戦で用いられるようになっている。

美濃囲いは矢倉囲いに比べて上部からの攻めに弱いが、横からの攻めには強いので、飛車切りの手順が出てきやすい戦型に於いては用いられ、囲う手数が矢倉より少ないことを活かして、応用させることが出来る。[6]

主に右四間飛車型急戦矢倉左美濃作戦(後手番の戦術の1つ)が用いられている。速攻策は美濃囲い(3一玉型)からの先攻を目指し、飛車切りの強襲に耐えられるよう、飛車打ちに強い美濃囲いに組む。また相矢倉模様では高美濃から、玉の囲いの手数が美濃囲いより少ないことを主張して、先攻するもの。また逆に相手の急戦矢倉の攻めに対しても通常の矢倉囲いに比べて耐久性がある。

△後手 なし
▲先手 なし
図は▲7七玉まで
第1図 左美濃対矢倉

囲う際には角を先手なら▲7七角(△3三角)として玉を入城させる他に、第1-1図のように逆に▲7七玉(△3三玉)として入城する手法もあるが、相手に早く△8五歩-3一角(▲2五歩-7九角)にされないように注意して入城する必要がある。この手順は以前に田中寅彦が後手番で矢倉早囲いとして△7三銀型または△7二銀型棒銀とともに愛用していた。棒銀も攻撃態勢が速く築ける反面、△5三銀型に比べてて中央が薄くなるため、素早く中央に戦局が展開されると矢倉早囲いの組み方、△3二銀から△3三銀~4二玉~3二玉というはこび方であると相手方の矢倉中飛車や右四間飛車、居角急戦などの速攻には耐えられないが、そのまま美濃の陣形ならば弱体せず迎撃が可能であった。

△後手 なし
▲先手 なし
図は▲4六角まで
第2-1図 左美濃対矢倉
△後手 角角歩3
▲先手 金歩
図は▲1三歩まで
第2-2図 左美濃対矢倉
△後手 角角歩4
▲先手 金銀
図は▲1二歩まで
第2-3図 左美濃対矢倉

第2-2図のような局面では特に△6九角が利かず、△4九角も今一つ厳しい手にならない。図より後手△2二玉ならば▲6四角△同銀▲4六銀とし、△9四歩ならば▲3五歩△同歩▲4一角△6二飛▲3五銀△3一玉▲3二角成△同玉▲1四歩△同歩▲1三歩(第2-2図)がある。以下△1三同香ならば▲2四歩△同歩▲同銀△同銀▲同飛△2三歩▲2八飛△2四銀▲1二歩(第2-3図)などの順が展開される。

居角左美濃急戦

矢倉は長らく居飛車の王道戦法として、タイトル戦含め多くの対局で指されていたが、2015年ごろからコンピュータ将棋を利用した研究により、先手矢倉には後手が速攻で対応することで先手番での勝率が下がりはじめ、しばらくはあまり指されなくなっていく。その原因として挙げられるものに、左美濃に組み居角で急戦をはじめとする急戦矢倉の発展がみられた。特に右四間飛車との組み合わせはアマチュア間では人気の急戦矢倉となっていて非常に攻撃力が高く、愛好者も多くなっていた。

居角で矢倉陣を攻める指し方は、以前から先手▲6六歩(後手△4四歩)を早く突く矢倉の組み方に対して居角・腰掛け銀・右四間飛車・▲2五歩保留型というような構えで第3-2図のようなケースや第3-3図のように矢倉中飛車から先手4筋(後手なら6筋)に飛車を振って指す手法があった。

右四間飛車#対矢倉の右四間飛車も参考。

△後手 なし
▲先手 なし
図は△5二金まで
第3-1図 居角左美濃急戦
△後手 なし
▲先手 なし
図は▲6八銀まで
第3-2図 居角矢倉崩し蟹囲い型
△後手 歩2
▲先手 歩
図は▲4九飛まで
第3-3図 矢倉中飛車からの変化

対矢倉の居角左美濃は玉を△3一の位置、升田美濃と呼ばれる左美濃に収め、主には腰掛け銀と右四間飛車の形から速攻を仕掛けるのが狙いであるが、場合によっては飛車は居飛車の位置で4筋(後手なら6筋)からまず仕掛け、タイミングを見て飛車先の歩を突く指し方もある。居角の左美濃は矢倉を組むのに比べてスムーズかつ升田美濃(▲7九玉や△3一玉の位置)であっても5筋を突かないので9七角や1三角の筋のラインから反撃されることも防がれているなどが特徴となっており、特に先手矢倉戦に対しての有力手段の一つとなっていく。

脚注

  1. 『日本将棋用語事典』(2004) pp.166-167
  2. 『消えた戦法の謎』p.62-p.68、『将棋基本戦法 振り飛車編』p.9、p.50-p.53
  3. 詰まされにくいということ。6九の金を取られてもまだ、詰めろ、すなわち、こちらの玉が次で詰むという場面に至らない場合が比較的多いとされる。
  4. 天狗太郎『将棋金言集』(時事通信社)P.44
  5. 『将棋世界Special 将棋戦法事典100+ 王道 流行 珍戦法 完全網羅!』(マイナビ出版)
  6. 中田宏樹『対矢倉左美濃作戦』(この節全体について)

関連項目

参考文献

  • 勝又清和2003年5月14日、『消えた戦法の謎』文庫版、毎日コミュニケーションズ ISBN 4-8399-1091-X
  • 中田宏樹2012年、『対矢倉左美濃作戦』、マイナビ
  • 原田泰夫 (監修)、荒木一郎 (プロデュース)、森内俊之ら(編)、2004、『日本将棋用語事典』、東京堂出版 ISBN 4-490-10660-2
  • 森下卓1997年7月25日、『将棋基本戦法 振り飛車編』、日本将棋連盟 ISBN 4-8197-0334-X
  • 湯川博士、2005、『振り飛車党列伝』、毎日コミュニケーションズ ISBN 4-8399-1888-0

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.