工学気圧

1工学気圧は1重量キログラム毎平方センチメートル (kgf/cm2) に等しい。SIでは98066.5パスカルとなる。標準大気圧の約0.96784 (すなわち0.96784 気圧)に相当し、標準大気圧と値が近いことから、特に工学分野で標準大気圧の代わりに使用されていた。重量キログラムから組み立てられた重量単位系の単位であり、SIには掲載されていない。

工学気圧
(technical atmosphere)
記号 at
メートル法重力単位系
圧力
SI 98066.5 Pa
定義 1 kgf/cm2

工学気圧(こうがくきあつ、記号: at)は、圧力単位である。

関連項目

力学の単位の3つのアプローチ[1][2]
基本単位 力・長さ・時間 重さ・長さ・時間 質量・長さ・時間
(F) F = ma = wa/g F = ma/gc = wa/g F = ma = wa/g
重さ (w) w = mg w = mg/gcm w = mg
単位系 BGGM EEM AECGSMTSSI
加速度 (a) ft/s2m/s2 ft/s2m/s2 ft/s2Galm/s2m/s2
質量 (m) slugslug lbmkg lbgtkg
力 (F) lbkgf lbFkgf pdldynsnN
圧力 (p) lb/in2at PSIatm pdl/ft2BapzPa
圧力の単位
パスカルSI単位)バール工学気圧気圧トルpsi
1 Pa 1 N/m2 = 10−5 bar 10.2×106 at 9.87×106 atm 7.5×103 Torr 145×106 psi
1 bar = 100000 Pa 106 dyn/cm2 1.02 at 0.987 atm 750 Torr 14.504 psi
1 at = 98066.5 Pa = 0.980665 bar 1 kgf/cm2 0.968 atm 736 Torr 14.223 psi
1 atm = 101325 Pa = 1.01325 bar 1.033 at p0 = 760 Torr 14.696 psi
1 Torr 133.322 Pa 1.333×10−3 bar 1.360×10−3 at 1.316×10−3 atm 1 mmHg 19.337×10−3 psi
1 psi 6894.757 Pa 68.948×103 bar 70.307×10−3 at 68.046×10−3 atm 51.7149 Torr 1 lbf/in2
  1. Michael R. Lindeburg (2011). Civil Engineering Reference Manual for the Pe Exam. Professional Publications. ISBN 1591263417
  2. Wurbs, Ralph A, Fort Hood Review Sessions for Professional Engineering Exam, http://engineeringregistration.tamu.edu/tapedreviews/Fluids-PE/PDF/Fluids-PE.pdf 2011年10月26日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.