工作機械

工作機械(こうさくきかい、: machine tool)は、金属木材石材、樹脂等に切断、穿孔、研削、研磨圧延鍛造、折り曲げ等の加工を施すための機械である[1]。一般に加工対象物または工具の運動(回転または直線移動)によって、加工対象物を削り取り目的の形状に加工する。工作機械を構成する要素は3つあり、加工対象物または工具に運動を与える動力、動力を特定の運動に変える案内機構、加工対象物を削り取る加工工具からなる。 おもな工作機械として、旋盤ボール盤、中ぐり盤、フライス盤、歯切り盤、研削盤などがある。

近年では、数値制御を行うNC加工で、機械加工を自動化した工作機械が主流である。これらの機能を搭載した工作機械は「マシニングセンタ」「ターニングセンタ」などと呼ばれている。

工作機械の種類

参考文献

  • 『JISハンドブック〈13〉工作機械』日本規格協会編、日本規格協会、2001年1月。ISBN 978-4542170131。
  • 福田, 力也『工作機械入門』理工学社〈機械工学入門シリーズ〉、1990年9月。ISBN 978-4844522546。
  • 清水, 伸二『初歩から学ぶ工作機械―共通な基本構造と仕組みがわかる』大河出版、2011年4月、新版。ISBN 978-4886617217。
  • 伊東, 誼、森脇, 俊道『工作機械工学』コロナ社〈機械系大学講義シリーズ〉、2004年4月、改訂版。ISBN 978-4339040685。

出典

  1. 意匠分類定義カード(K7) 特許庁
  2. : lathe
  3. : tool bit
  4. : turret lathe
  5. : milling machine
  6. : milling cutter
  7. : shaping machine
  8. : planer
  9. : drilling machine
  10. : reamer
  11. : boring machine
  12. : electrical discharge machine

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.