川野里子

川野 里子(かわの さとこ、1959年5月27日 - )は、歌人。本姓・高橋。

経歴

大分県竹田市生まれ。京都女子大学短期大学部卒業、千葉大学大学院文学研究科修士課程修了、東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。山形市カリフォルニアなどを移り住む。23歳で短歌を始め、馬場あき子に師事。歌誌「かりん」編集委員。

讀賣新聞(西部版)選者、日本農業新聞選者、毎日新聞房総文園選者。立正大学放送大学非常勤講師。2008年度、2009年度NHK教育NHK短歌」選者。

賞歴

著書

  • 『五月の王 歌集』雁書館(かりん叢書) 1990
  • 『青鯨の日 歌集』砂子屋書房(かりん叢書) 1997
  • 『太陽の壺 歌集』砂子屋書房 (かりん叢書) 2002
  • 『未知の言葉であるために』砂子屋書房 2002
  • 『幻想の重量 葛原妙子の戦後短歌』本阿弥書店 2009.6
  • 『王者の道 歌集』角川書店(かりん叢書) 2010
  • 『七十年の孤独 戦後短歌からの問い』書肆侃侃房 2015.9
  • 『歌集 硝子の島』短歌研究社 2017
  • 『歓待 川野里子歌集』砂子屋書房 2019.4
  • 葛原妙子 見るために閉ざす目』 コレクション日本歌人選070:笠間書院 2019。編・解説

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.