川崎堅三

川崎 堅三(かわさき けんぞう、1942年8月[1]-)は日本歯科医師歯学者鶴見大学歯学部解剖学第一講座教授。

川崎堅三
生誕 1942年8月[1]
居住 日本
研究分野 形態系基礎歯科学
研究機関 東京医科歯科大学鶴見大学
出身校 日本歯科大学東京医科歯科大学
プロジェクト:人物伝

経歴

1967年に日本歯科大学、1971年に東京医科歯科大学大学院修了後、東京医科歯科大学助手、ロンドン大学助手を経て、1974年鶴見大学助教授に就任、1981年より現職[1][2]

1971年 東京医科歯科大学 歯学博士、論文の題は「イモリの歯の組織発生学的研究 」[3]

著作

  • 平井五郎、川崎堅三『組織・発生』医歯薬出版〈歯科衛生士教本〉、1984年1月。ASIN B000J7847A
  • 平井五郎、川崎堅三、柿澤佳子『組織・発生』医歯薬出版〈歯科衛生士教本〉、1990年4月、第2版。ISBN 978-4-263-42680-7。
  • 滝口励司、川崎堅三、山本茂久明坂年隆『口腔発生学』学建書院、1991年4月17日。ISBN 978-4762405815。
  • 東昇平、川崎堅三、明坂年隆栁澤孝彰佐々木崇寿山田まりえ鈴木和夫山本茂久田中秀『新口腔組織学図説』東昇平、川崎堅三、わかば出版、1995年11月7日。
  • 『tenCate 口腔組織学』A.R. Ten Cate、川崎堅三 監訳、医歯薬出版、1999年5月、第4版(日本語)。ISBN 978-4263453308。
  • 川崎堅三『解剖学』永末書店〈ファンダメンタル 2〉、2000年11月30日。ISBN 978-4816010972。
  • 『tenCate 口腔組織学』A.R. Ten Cate、川崎堅三 監訳、医歯薬出版、2001年3月20日(原著1998年)、第5版(日本語)。ISBN 4-263-45515-0。
  • 『カラーアトラス口腔組織発生学』川崎堅三、佐々木崇寿栁澤孝わかば出版、2001年9月26日。
  • 『カラーアトラス口腔組織発生学』川崎堅三、佐々木崇寿栁澤孝わかば出版、2004年3月18日、第2版。ISBN 978-4898240229。
  • 『tenCate 口腔組織学』Antonio Nanci、川崎堅三 監訳、医歯薬出版、2006年1月25日、第6版(日本語)。ISBN 978-4263455944。
  • 『カラーアトラス口腔組織発生学』磯川桂太郎、川崎堅三、栁澤孝彰わかば出版、2009年3月24日、第3版。ISBN 978-4898240465。
  • 『脱灰と再石灰化 International Tooth Enamel Symposium』監修 川崎堅三 訳 下田信治わかば出版、2009年8月14日。ISBN 978-4898240441。
  • 『頭蓋』監修 川崎堅三、わかば出版、2010年3月21日。

所属団体

学職
先代:
篠田壽
第47回
2005年
仙台国際センター
歯科基礎医学会学術大会・総会 会頭
第48回
2006年
鶴見大学
次代:
脇田稔
第49回
2007年
北海道大学

脚注

  1. 川崎 堅三 【研究者】”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2003年12月15日). 2010年12月30日閲覧。
  2. 川崎堅三”. 2010年12月30日閲覧。
  3. 博士論文書誌データベース
  4. 第48回歯科基礎医学会学術大会・総会”. 鶴見大学歯学部生化学講座. 2010年12月30日閲覧。
  5. 学会の概要”. 硬組織再生生物学会. 2010年12月30日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.